Pocket

きさらぎ賞2018の無料予想&出走予定馬分析を中心とした記事です。

京都競馬場 芝1800m(右・外)で開催されます きさらぎ賞

スタート直後の直線が長く、

ペースも掴みにくいせいか

実際の距離よりもスタミナを必要とし

さらには上がり3ハロンのスピードも要求される

なかなか難解なコースで2000m以上でも差せるタイプが

有利だとされています。

また、このきさらぎ賞は過去データが顕著にあらわれており

血統キャリア人気 の各データを

しっかり分析することで2018年のきさらぎ賞の

勝者を予想→的中へと導いていきたいと思います!

みなさま。お疲れさまです!あぶみです。

相変わらず寒い日が続いておりますね…

今週また雪マークも出ていたりするんですが

明日明後日とあぶみは

横浜・横須賀へ~ 遊びに行ってきます!!

 

私はただの同行人なんですが 汗

せっかくなので小・中学校からの友人を訪ねて

図々しくも泊まらせて頂くことになりました!w

 

横浜での結婚式にも参加した友達で

せっかくなので東京に住む友達にも声かけたら

ちょうど明日姪っ子が受験で泊まりにくるって…

なんというタイミング汗

まぁこればっかりは仕方ない。(姪っ子がんばれ!)

 

どうやらおうちも新築されたようで

(猫ちゃんを飼いたいという理由で建てたらしいw)

(さすが!あぶみの友達らしい発言です笑)

なんだかんだでしばらく会ってなかったから楽しみ~♪

 

本当なら、川崎競馬場にも足を運びたいところだったんですが・・・

 

連れが横浜に16時集合ということで

川崎記念は諦めました 泣

なかなか好メンバーの川崎記念だったので残念。

 

明日、ガクちゃんから川崎記念の予想ブログ記事

更新されると思いますので

よかったらそちらもご覧くださいね!

 

それでは本題に戻りまして。

今週末のきさらぎ賞2018予想

うつりたいと思います!!

 

 

きさらぎ賞2018予想オッズ

きさらぎ賞2018予想オッズ

1 ダノンマジェスティ 2.2
2 グローリーヴェイズ 3.0
3 カツジ       3.7
4 レッドレオン    11.2
5 サトノフェイバー  17.9
6 ノーブルカリナン  31.5
7 エポカドーロ    36.1
8 オーデットエール  39.2

きさらぎ賞の過去10年のデータでは
1番人気【4-3-0-3】連対率70%
かなりの好成績を残している。
現時点での1番人気は
ダノンマジェスティだが
2018年は果たしてどうなのか?
人気をそのまま信頼できるのか?

分析していきたいと思います。

きさらぎ賞2018出走予定馬分析

上位人気しそうな出走予定馬の分析を順番にしていきたいと思います。

ダノンマジェスティ(松若)

上記にも記載したようにまずは
1番人気が好走するレース。
加えて前走の新馬戦でも同じ距離1800mで
勝利しており非根幹の適性もある。
そしてなんと言っても
血統的に断然有利な馬
父:SS(サンデーサイレンス)系
本レース10連勝中
なかでもディープインパクト産駒が
通算【4-4-2-6】で複勝率も6割超
圧倒的に舞台適性が高いと言える。
ただ、キャリア1戦組は
【0-0-0-8】といまだ馬券圏内の
結果を残せていないのが唯一の懸念材料。

 

グローリーヴェイズ(Mデムーロ)

前走では2着だったが、前々走では
今回と同距離の1800mで
その時勝利した時の鞍上も
今回と同じくM.デムーロ騎手ということで
京都は初だが距離・騎手との相性は良い。
キャリア2戦組も【4-3-0-12】
好成績を残している。
ノーザンF天栄帰りの外厩成績も
【1-1-0-0】と勝ち負けも期待できる1頭だろう。

 

カツジ(松山)

前走のデイリー杯2歳Sでは2着だったが
レベルの高いメンバーの中では好走し
まだまだ底を見せてはおらず期待できる1頭。
血統的にもダノンマジェスティに次いで
良い配合で、父がSS系
しかもディープインパクト産駒
ただ、母系は短距離型の馬が多く
母は芝1200mのG3で勝利したメリッサ
前2走も1600mでの成績であり
今回の距離延長はどうかが決め手となりそう。

 

レッドレオン(岩田)

前走の鞍上M.デムーロ騎手は
ズブいけど能力はあるし直線では
いい脚を使っていた』とコメント。
辻野調教助手は
今回をいい経験にして力をつけて
いってほしいですね』という
コメントからも本レースでの
馬券圏内はなかなか厳しそう。
今回の結果次第で次走以降に期待の1頭か。

 

きさらぎ賞2018無料予想まとめ

ざっと人気になりそうな馬の分析をしましたが

今回は、『この馬の人気はなめられすぎやろ!』

という一頭をご紹介したいと思います笑

その馬とは・・・・↓↓

(人気ブログランキングプロフ内に記載してあります)
人気ブログランキングへ

前走の黄菊賞では、5着ではあったものの

このレースの2着のケイティクレバー

1/20の若駒ステークスで勝利しており

実際、黄菊賞ではこの馬とケイティクレバーとの差はわずか0.1秒。

さらに言えば同レース6着のメイショウテッコンは梅花賞で勝利。

黄菊賞組のレベルの高さを見せつけた。

さらに言えば2走前の萩Sでは、着差はあるものの

G1勝ち馬のタイムフライヤーの2着。

実績はないが戦ってきた相手を考えれば戦績は十分。

京都1600mや2000mでもハーツクライ産駒の好走も目立っており

今回のメンバーであれば十分通用するだろう。

 

川田騎手からの乗り替わりは厳しいように見えるが

今回鞍上の北村友一騎手は今期、

絶好調ですし京都との相性もまずまず。

 

あとは内枠さえひいてくれれば一発あってもおかしくはない。

毎回上がりでいい脚を使うこの馬の激走に期待したい。
以上。 きさらぎ賞2018の無料予想&出走予定馬分析でした。

The following two tabs change content below.
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク