Pocket

オークス2018の無料予想&枠順確定後の見解を中心とした記事です。

ついに平成最後のオークスが開催されます。
その節目の2018年にふさわしい好メンバー。
個人的にはアーモンドアイ牝馬三冠がこの目で見たい。
調教を何度見ても、レースを何度見ても、強いの一言。
アドバイザーのbro.隼とも話をしてますが、
ディープインパクトを見ている気分です。跳ぶ様に走る、
アーモンドアイにもそれが言えるでしょう。
2018年オークスは完全に4強ムード。
ただし、アーモンドアイとラッキラーライラックは抜けている。
ラッキーライラックはアーモンドアイがいなければ、
平成最後の名牝と呼ばれたに違いないでしょう。
どちらの馬も、新種牡馬。
時代の節目に新世代の風。
2018年最後のオークスを予想するにあたってこんなことを書くのは変ですが。
目に焼き付けたいレースになりそうです。
それでは、オークスの最終予想をご覧下さい。

―【PR】――――――――――――――
他情報会社と比べてみてください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
信頼と利益を求める方のベストパートナー

自信を持って提案するのは
真の実力を兼ね備えた確かな実績!!

先週も【帯封馬券】を連発!!

ある「簡単な仕組み」で誰でも儲けれる!

あなたが勝つための
全ての競馬の情報が ファン にはある。

今週の勝負レースは大注目の1戦・・・

【オークス】

>>今回限り特別無料配信!<<

※ 早い者勝ちです。お急ぎ下さい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■近走の的中実績の一部がこちら!

05/13・東京11R   63万6400円的中
05/13・京都03R   31万0140円的中
05/12・京都12R   28万8000円的中
04/29・新潟07R   133万6860円的中
04/29・東京03R   37万9530円的中
04/28・京都12R   20万6200円的中
04/15・中山11R   111万6240円的中
04/15・中山09R   45万7900円的中

その他の的中実績はこちら!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
帯封馬券を含む高額馬券を多数的中!!
今週も自信の高いレースが揃っています!

▼オークスの勝負馬券
  衝撃のデータ情報を無料入手!!▼

 


どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

いきなりですがこの馬たちの名前を書きます。

ジェンティルドンナ

ダイワスカーレット

ウォッカ

ブエナビスタ

シーザリオ

エアグルーブ

etc…

時代を築いた名牝たちです。

1頭だけピックアップして書きます(全馬書きたいのですが・・・)

ジェンティルドンナ

オークスをレコード勝ちで5馬身差の圧勝劇で勝った馬。

未だそのタイムは塗り替えられていません。

その年の秋華賞・JCを制覇。

翌年春にはドバイに遠征、シーマクラシックで2着、その翌年は制覇。

国内ではJCを連覇。

引退レースの有馬記念は

ゴールドシップ・エピファネイア・ジャスタウェイを退けて勝利。

実にG1・7勝の平成の最強牝馬

と読んでも良いでしょう。

なぜこれを書いたか。

本命アーモンドアイがそのオークスのレコードタイムを塗り替え

平成世代の牝馬の最強に名乗りをあげるからです。

そんなオークスになるのではないかと思っています。

もちろん競馬に絶対はないですし、

ここで凡走するかもしれません。そういった見方をする人もいて当然でしょう。

ただし、僕はどうせなら大荒れ予想の大ドンデン返しよりも

アーモンドアイが圧巻のパフォーマンスで勝ちきる姿を見たいです。

そのぐらいに力はあると思います。

ということで、アーモンドアイの話ばかりしてしまいましたが、

最終結論に行きましょう。

しかし、やはりクラシックの記事を書いていると

気分が高揚して、なんとも言えない気持ちになります。

有馬記念の予想をするときでもそうですが、

特別な気持ちですね。

思いを乗せながら、

冷静に予想はして行きましょう。

 

まずはオークスの現時点のオッズから。

オークス2018無料予想|予想オッズ

オークス2018予想オッズ

1 アーモンドアイ   1.7
2 ラッキーライラック 4.2
3 サトノワルキューレ 6.1
4 リリーノーブル   16.2
5 オールフォーラヴ  25.1
6 マウレア      26.0
7 カンタービレ    31.3
8 ロサグラウカ    34.1
9 パイオニアバイオ  56.0
10 レッドサクヤ      77.8

アーモンドアイは単勝1倍台。近年のオークスを単勝1倍台で迎えたのは
実にハープスター・ブエナビスタ。
果たしてアーモンドアイはこの人気で勝ち切ることができるのか?
7枠13番というと、チェッキーノの2着、エバーブロッサムの2着など
勝ちきれない馬番アーモンドアイは桜花賞を同じゲートから出て勝利してます。
そしてラッキーライラックが2番人気。前走は全力で挑み、最高の騎乗を見せましたが
あっという間に交わされて負けました。巻き返すならこの舞台、
桜花賞で1.8倍の馬が単勝4倍つくのなら、ラッキーライラックを本命にする方は
単勝勝負・頭固定で勝負でしょう。
相性の良いフローラS組の覇者サトノワルキューレ
馬体の維持が最大のネック。あとは脚質的に頭まで差し届くか?
デビュー後すぐにオークス一本に照準を合わせてきているし、逆転はあるかもしれない。
こんな世代ではなかったら大将格のリリーノーブル。何かで上位陣が崩れれば
堅実なこの馬が連対する可能性は高いでしょう。
以下は一気にオッズが離れるので割愛。

事実、4強・四天王の戦いといったところでしょう。
近年のオークスは堅く収まるレースの代名詞でもあります
超大荒れは常識的に考えてまずないでしょう。

続いてオークス2018枠順を見て行きましょう。

オークス2018無料予想|枠順

オークス2018枠順

1 1 リリーノーブル   川田将
1 2 ラッキーライラック 石橋脩
2   3 マウレア      武豊
2 4 トーセンブレス   柴田善
3 5 カンタービレ    田辺裕
3 6 オールフォーラヴ  和田竜
4 7 トーホウアルテミス 松若風
4 8 サトノワルキューレ Mデム
5 9 シスターフラッグ  岩田康
5 10 レッドサクヤ    福永祐
6 11 パイオニアバイオ  北村宏
6 12 サヤカチャン    松岡正
7 13 アーモンドアイ   Cルメ
7 14 ランドネ      内田博
7 15 ウスベニノキミ   三浦皇
8 16 ウインラナキラ   大野拓
8 17 ロサグラウカ    戸崎圭
8 18 オハナ         藤岡康

全18頭。

ラッキーライラックは桜花賞の1枠1番で経験したことが大きくプラスになる後入れ2番
土曜の東京の内側は案外伸びており、この馬にはかなり大きなプラスでしょう。
リリーノーブルの最内枠は多少のマイナス、気難しい面があるという事と、向こう正面での
大歓声での先入れはテンションが上がりすぎてしまう可能性はある。
サトノワルキューレは好枠。大外枠だとやることが決まってくるが、
この枠でミルコになると、どんなレースを作ってくるのか読みきれない。
大舞台での適性を考えると勝ちにくる競馬に徹するだろう。
アーモンドアイはベストな位置。
下手に内で揉まれて下げるより、外枠から楽に自身のポジションどりをできる
ベストな配置。クリストフもやることが決まった。
枠順確定後の見解でも書いたが、

↓↓↓↓↓この記事↓↓↓↓↓

【オークス2018】無料予想|枠順確定後の見解

枠順後の恩恵を受けそうなのは2頭ほど。
圧倒的に強い馬がいるときは、
案外と伏兵が台頭してくるケースがあるので、そこには注意が必要。
どの馬もここにピークを持ってきているし、
一発狙ってマークが薄くなりがちな馬は要注意だ。

 

続いてオークス2018の展開を考えてみよう。

オークス2018無料予想|展開

オークス2018展開

逃げるのはサヤカチャンしかいない。桜花賞のようにラッキーライラックが好発することになれば
思い切ってハナに立つかもしれないが、石橋脩騎手の桜花賞の感じを見ると、
行ききれないかもしれない。
そのあとは好枠からゲートの出とダッシュがつくカンタービレ
オールフォーラブもこの位置だろう。
あとは大外枠からも先行したい馬が前を狙う、ロサグラウカオハナ
内枠からマウレアに、中枠からはレッドサクヤ
その後ろにはアーモンドアイが控える。
もともとゲートの出がいいパイオニアバイオだが、出たとこ勝負。
ポンと出れば中団前、出なければアーモンドアイを見ながらの競馬になるか。
サトノワルキューレ、ウスベニノキミは追い込み一発
末脚勝負に賭ける。

どの馬も基本的には距離に不安があるのが心情。
3歳牝馬にはタフな条件のため、ペースはスロー濃厚。
最後の直線勝負になるのは濃厚だろう。

てことで、オークス結論に行ってみるか!

オークス2018無料予想|最終印

オークス2018最終印

◎本命はアーモンドアイ

ここまで読んでいただければすでにお分かりだろう。文句なく強いこの馬を本命にする。
今まで散々この馬については書いてきた。今日の文章でも目一杯書いた。
多くを書く必要はないでしょう。
圧倒的に人気だが
この馬が勝つところを見たい
それだけです。
ただし、予想家として馬場読み展開を考えると、
多少の割引は必要、土曜の傾向では内もそれなりに伸びていて、
圧倒的に外伸び差し馬有利な馬場ではない。
ポテンシャルでは確実に勝ち負けできるレベルにあるが、
ラッキーライラックが前走以上のパフォーマンスを見せ、絶妙なしかけで
追い出せば、もしかしたら差し届かずの2着はあるかもしれません。

 

○対抗はラッキーライラック

アーモンドアイがいなければ、牝馬三冠を狙えていて良い馬。
桜花賞まではすべてのレースで完勝。
現代競馬に最も適した脚質で、このまま成長すれば古馬戦線でも期待をもてる。
鞍上とのパフォーマンスも素晴らしい、あとはほんの少しの運が
この馬に向けば、あっさりと勝ってもおかしくはないだろう。
上記にも書いたが、桜花賞で経験した1枠1番。
今回の1枠2番は大きなプラスになる。
力を出し切って最高のレースを作るだろう。
あとは、鞍上がレースを掌握さえできれば
突き抜けて押し切ってもおかしくはない。

 

▲単穴はこちら  人気ブログランキングへ

本命にするかどうかかなり悩みました。
何しろずっと本命にしてきた馬、2歳時はこの馬が必ずクラシックを獲れる。
そう信じてきました。ただ、流石に相手が強すぎる。
それでも堅実性は十分で、ここでダメでも長く見て活躍する馬だと思っています。
最終追い切りも迫力満点、出来は今までで一番良いでしょう。
あとは川田騎手に委ねられます、テンションさえ保てれば
上位争いは必至、今の東京の馬場傾向も向いてくるでしょう。

 

☆サトノワルキューレ

オークス獲りのために臨戦過程を乗り越えてきた。
相性のいいフローラS組。力はルシ軽視はできない。
ただ、何度も書いているが減らし続けている馬体重がネック。
個人的なことを言えばPOG馬だし、活躍してほしい。
が、もしさらに馬体減りがあれば、思い切って消しかもしれない。
応援は全力でしてますが。

 

☆カンタービレ

フラワーCからの臨戦過程。馬体の回復に努め桜花賞を回避したこと
はかなりなアドバンテージ。
吉澤SーWESTでしっかりと乗り込み、最終馬なり好時計。
その前ににびっしり追っていないのは
外厩でびっしり乗り込んできたから。
動き自身はキレキレで、大舞台でも仕事のできる鞍上田辺。
好枠から好位置で競馬もできるし、ラッキーライラックの作るペースの近くで競馬が
できるのは強み、ここで前で粘りこんでも不思議はない。

 

穴パイオニアバイオ

カンタービレとこの馬は前回の記事で触れている。
フローラS組のオークスの相性を考えれば
このオッズは美味しすぎる。一週前・最終と本数はこなしていないが
臨戦過程はベスト。
事実相手は別として掲示板を外したことがない堅実馬。
力さえ出し切れば3着争いには加われる。
北村宏司騎手は案外とこの舞台が得意で、実績だけで言えば
田辺騎手とも遜色を取らない。ここで大仕事をしてもいいだろう。

注オールフォーラブ

臨戦過程といえば、忘れな草賞の勝ち馬も侮れない。
力はイマイチ足りないのは明白だが、抑えておいていいだろう。

激走ロサグラウカ

全くもって未知の馬。
陣営のコメントなどを見ていても非常に不気味。
人気もないし加えておいてもいいだろう。
小点数で勝負する方は消しても良いと思いますが。

△マウレア・レッドサクヤ

 

オークス2018最終印

◎ 13アーモンドアイ
○ 2 ラッキーライラック
人気ブログランキングへ
☆ 8 サトノワルキューレ
☆ 5 カンタービレ
穴 11パイオニアバイオ
注 6 オールフォーラブ
激 17ロサグラウカ
△3.10
×14.15

参考買い目   勝負度 なし

◎→○→印(檄まで) 三連単もしくは三連複 6点

応援馬券

▲→◎○☆(ワルキューレ) 馬連3点

クラシックは特別なレースです。一生に一度ですしね。
皆さんも好きな馬券を買って、好きな馬を全力で応援しましょう!!

何よりも、どの馬も無事で走りきり、最後は感動のレースが見たいですね!!!

 

以上。 オークス2018の無料予想でした。

 

★最終印、買い目は当日ブログ記事更新しています!

★ガクちゃんのTwitterでは平場の予想などもUPしてます!

★毎週YouTube動画配信もしておりますのでそちらもお楽しみに!!

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク