Pocket

チャンピオンズカップ2017の無料予想を中心とした記事を書いていきます

前回のチャンピオンズカップの出走予定馬分析②では

下位人気3頭をピックアップして出走予定馬分析をしました。

なぜ2017年は下位人気を重要視するのか?

答えは明快です。

チャンピオンズカップ2017は確実に穴馬の台頭があるからです!!!!

おそらく、多くの競馬予想家が言います。

今までで一番難関なチャンピオンズカップだと。

事実、僕もそう感じていますしね笑

早速下位人気の出走予定馬分析の続きをやっていきましょう!!!!

という事で、どーも絶好調男ガクちゃんです!!!!

ガクちゃんの競馬予想ブログでは

無料予想を提供していますが

現時点でG1は4連続的中!

平場の勝負レースも40%近い的中率を

なんと!!!!

無料予想で提供してますので、ぜひご覧くださいね!

このブログを始めてから。

ここ最近G1レースの前にある事が

起きるようのなりました。

夢でG1レースをやっているのです!!!!

これが何を意味するか。

読者の方の中に英会話を習った事のある人はいるでしょうか?

英語を学ぶ人が、最終的に英語を身につけたと言える瞬間。

それは、

夢でされる会話の全てが英語になる!!!!

ということなのだそうです。

つまり、僕は完全に馬人(うまんちゅ)になった

そういうことなのです!!!!

嬉しすぎるわ!!!!

 

チャンピオンズカップ2017 出走予定馬分析

チャンピオンズカップ2017出走予定馬分析

前回はキングズガードまで書きましたので、

9人気以下の馬の分析をします。

グレンツェント

今年の中京1800mの東海Sで勝利して以来
3戦して大きく負けている。
ただし、前走のJBCクラシックでは5着と、
復調の気配もうかがえる。
森泰斗騎手もレース後
『さすがに息が持ちませんでしたが
このメンバーでも戦えます』とコメント。
16年は重賞で【1-1-1-0】と高いパフォーマンス。
陣営も、チャンピオンズカップを
使うためにこのローテンーションを組んだと、
メイチ濃厚。
絶好調の鞍上。H.ボウマン騎手を背に
虎視眈々と復活Vを狙う。
しかし、注意点は騎手にある。
地元オーストラリアはダートレーすがなく、
明らかに経験値不足。
事実、2017年の今。
ダートで複勝権にすら入っていない。
後方一気だけでなく、中団から馬群を割れるのは強み。
立ち回り勝負、最後の加速勝負になれば
出番はあるかも。

 

アポロケンタッキー

前走のJBCクラシックでは出遅れがあったにしても
8着と大敗。良い時と悪い時がはっきりする馬なので
当日のテンションと調整が鍵になる。
昨年はみやこSで勝利からのチャンピオンズカップのローテ
結果は5着であったが、次レースの
東京大賞典で勝利。地力はあるが、展開の助けは必要。
昨年に初中京で負けていることから軽視されるかもしれないが
左回りは【4-1-0-4】
まともに走れれば十分に戦える馬だ。
継続騎乗のウチパクがどう乗ってくるか。

 

コパノリッキー

前走がJBCスプリントで2着。
普通に考えれば、消しの1頭。
データからも前走1500m以下で走った馬の成績
【0-0-0-11】と、全く振るわない。
が、数字やデータが走るわけではない。
馬の状態は極めてよく、中央で最後のレース
状態もかなり良いだろう。
そして、鞍上の田辺騎手騎乗時の成績。
【5-2-0-2】
内G1(地方含む)が
1着5回、2着2回。
最高のパートナーだ。
チャンッピオンズカップでは成績が振るわないが、
15勝中10戦が左回りと、
コース適性はある。
枠順と鞍上の手腕一つで、
上位人気をぶった切る力はある。

 

ゴールドドリーム

2017年フェブラリーSG1の覇者。
そして挑んだドバイWCで14着と大敗。
帰国後、復帰初戦は帝王賞で7着、
前走の南部杯ではゲート難が出てしまったが
それでも5着。
1週前追い切りの動きは良く、
1戦ごとに復調の兆しは見える。
左回りもこなすし、1800mでの勝ち星もある。
鞍上には名手R.ムーア。
2017年来日時の中京ダートの戦績
【2-0-0-4】
名手を背に、復活の狼煙を上げる可能性はある。
ただ、本質的にはコーナー2回がベストの馬
スタート次第で、一発の可能性はある。

以上、ここまでがチャンピオンズカップ2017

予想オッズからの出走予定馬分析でした。

チャンピオンズカップ2017予想とまとめ

さて、9人気以下の穴馬が台頭するのかどうか?

あっても良いんじゃないですか?

(人気ブログランキング内に記載してあります)
人気ブログランキングへ

あるとしたらこの馬。

上記にも書きましたが、鞍上がどう乗るのか?

どう乗れるのか?

直前追い切りには、自ら出向いて稽古をつけた。

勝負への意欲は満々。

道中の位置取りはおそらく中団

問題は追い出すタイミング。

人気どころの後方からの馬は

直線に入ってからの加速力勝負。

その前に動くのか、溜めるのか

絶好調のH.ボウマン騎手なら、一発あっても良いと思う。

 

以上で、チャンピオンズカップ2017の出走予定馬分析の

ほぼほぼ全頭の分析です。

よろしければ過去記事も参考にしてください!!!!

【チャンピオンズカップ2017】出走予定馬分析①

【チャンピオンズカップ2017】出走予定馬分析②

以上、枠順確定後のチャンピオンズカップの狙い馬などは

明日の無料予想の記事で更新しますね!!!!

GRAのガクでした!!!!

The following two tabs change content below.
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク