Pocket

ホープフルステークス2017の無料予想&出走予定馬分析を中心とした記事です。

いや~2017年の締めくくりが有馬記念という方も多いようですが

2017年からこのホープフルステークスGⅠに昇格!

ということでこのホープフルステークスこそ

2017年の締めくくりのレースとなります!

以前は阪神・芝1600mの牝馬限定レースでしたが

2014年からホープフルステークスに名前も変更となり

それに伴い、中山・芝2000m舞台も変更となりました。

このホープフルステークスは『出世レース』とも言われ

2018年のスターホースを続々と輩出していく期待の一戦となるでしょう。

今後の展望も含めて2017年のホープフルステークスの

無料予想と出走予定馬分析をおこなっていきたいと思います!

どもどもガクちゃんです。

有馬記念の興奮冷めやらぬクリスマス当日。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

僕はホープフルステークスの予想をしております笑

どんだけ競馬好きなんや?!と、自分でも思いますが

有馬記念後に北島三郎さんが入っていたように

『終わりの始まり』な訳でして

ここから来年のクラシック路線・そして秋には古馬との対決を

賑わす新たなスターホースたちが出走するレースです。

昨年はレイデオロが勝利し、

日本ダービー制覇・ジャパンカップ2着と好成績。

2017年のホープフルステークスからも

来年のスターホースが輩出される予感がしてなりません。

の前に、先週の結果をまとめておきましょう。

先週の結果報告

【阪神カップ】

1着 イスラボニータ   ☆

2着 ダンスディレクター △

3着 サングレーザー   △

・・・

5着 ビップライブリー ◎

本命は直線に入った瞬間に、これはいけるかも!と思いましたが、

ラストランのイスラボイータにレコードタイムで走破されては

さすがに力負け。それでも見せ場はあったので、

次走以降も注目していいでしょう。条件揃えば買いの馬です。

 

【有馬記念】

1着 キタサンブラック ◎

2着 クイーンズリング 穴

3着 シュヴァルグラン △

キタサンブラックを軸に馬連をとりましたが、

個人的に対抗のヤマカツエースとの2頭軸をいっぱい持っていたので

結果的にはガミってしまいました。

この結果には満足はしていませんが、来年につながったと思います。

また2017年のすべての競争が終わってから書きますが

2018年は馬連を主にした馬券で、収支を出していきたいと思います。

レースによっては1点勝負みたいなレースも出てくるでしょう。

 

土日は2レース配信しましたが、結果は振るわず。

残りのG1のホープフルステークスと東京大賞典を仕留めて

来年に繋げたいと思います!!!

ホープフルステークス2017出走予定馬分析

ホープフルステークス2017予想オッズ

1 ルーカス      2.9
2 ジャンダルム    2.9
3 タイムフライヤー  4.4
4 フラットレー    6.2
5 サンリヴァル    9.4
6 シャルルマーニュ  26.9
7 トライン       29.8
8 ナスノシンフォニー  38.1

現時点での予想オッズがこちら。

 

ルーカス(M.デムーロ)

ご存知の通り、モーリスの全第です。
前走ではワグネリアンに負けはしましたが、僕はかなり上位に評価しています。
ただ、まだ本格化には遠い。
能力の高さと素質はあるが、初の多頭数にもなるし
ここは半信半疑なところ。
ただ、来年早々騎乗停止を受けるM.デムーロ騎手が
剛腕でここも持ってきそう。ただし条件は外目の枠。
内枠に入ったらドツボになりそうな予感。

 

ジャンダルム(武豊)

デイリー杯2歳Sの勝ち方は圧巻。上がり34.4秒は
同日行われた全芝レースで見ても上位。
それを2歳の馬が2戦目で叩き出しているわけですから
この馬の力は本物でしょう。
同レースの3着のケイアイノーテックは朝日杯FSでクビ差の4着
幸騎手が乗ってあの結果ですから、外人騎手ならさらに上が見込めたでしょう。
なので、この馬の力はG1級であることは間違いなく。
レース運びの上手い馬なので、鞍上含め
上位争いは必至でしょうね。
実際はこの馬が1番人気になると思います。

 

タイムフライヤー(Cデムーロ)

すでに4戦して4連対。前走で2000mも経験させて
このレースへの距離適性は見せた。
ただ、秋から3戦目でもう一度2000mを走らせるのは
2歳馬には結構タフ。
さらに言えば、最終週の荒れた中山。
初輸送。馬のストレスがかなり気になるところです。
ただ、ハーツクライ産駒は中山得意なので、
底力でカバーしそうな予感もあります。

 

フラットレー(ルメール)

昨年覇者のレイデオロの藤沢和厩舎の馬。
前走のアイビーステークスは極悪馬場で5着。
明らかに前残りでレース展開も合わなかった。
が、それでここまで負けるものなのか?
というのが一般の見解でしょう。
ですが藤沢さんはあまり馬に無理をさせることのない調教師
あの馬場でルメール騎手に、
『今回は無事に回ってきてもいいよ』と言う
指示を出していても何らおかしくない。
実際にレースを見てもわかりますが、道中400~800あたりで
中だるみしたペースになった時、
タニノフランケルとシュバルツボンバーは
ポジションを上げていきます。

でもなーんもしてないでしょう?ルメール騎手。

差が開いた後、実況ではフラットレーが差を詰めていったと言っていますが
そんなことはなく、フラットレーは終始楽に走り
馬なりにスピードをただただ上げていっただけです。
直線でも鞭を入れたのは3回だけ。
もちろん2歳馬にバシバシ鞭を入れるタイプの騎手ではありませんが
朝日杯FSのタワーオブロンドンではバシバシ鞭入れます笑
これが勝ちに行く時と、回ってくるときの大きな差です。
もし、陣営がこのレースを狙ってきているのだとしたら
一変する可能性は大だと思っています。

ちょっとやけにフラットレーの分析が長くなりましたが笑
特別思い入れがあるわけではありません笑

ホープフルステークス2017無料予想まとめ

ざっと上位に押されそうな馬を分析してみましたが、

ホープフルステークスと同条件で勝った

この馬の評価低すぎ!という馬を紹介しておきます。

(人気ブログランキングプロフ内に記載してあります)
人気ブログランキングへ

美蓉ステークスを快勝。その後は

グリーンウッドに放牧に出しケアも万全。

この舞台での適性は高く、ポテンシャル勝負に強い

ルーラーシップ産駒。

持続力に長けた血統だし、タフな中山の馬場は合う。

中山芝は相当得意な田辺騎手も心強い。

この馬に関しては、個人的に内枠を引いて欲しいと思います。

そうなれば、

現時点では本命まで考えている1頭です。

以上。 ホープフルステークス2017の無料予想&出走予定馬分析でした。

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク