Pocket

中山金杯2018の無料予想と最終見解、推奨穴馬を中心とした記事です。

2018年最初の重賞中山金杯。

昨年絶好調だった3歳世代が、明け4歳になって

古馬との対戦で花開くか?

早朝段階では1〜5番人気までを4歳馬が独占しています。

しかしながら中山金杯は、5歳〜7歳の古馬の活躍が

大変に目立つレースでもあります。

4歳馬が独占するのか?

古馬が一矢報いて荒れる立役者となるのか?

非常に楽しみな1戦です。

2018年一発目の重賞・中山金杯!予想にも気合が入ります。

どもども、予想家のガクちゃんです。

まだまだお正月休みの方もいるでしょうし、

今週は数日だけお仕事だった方もいらっしゃるでしょう。

どちらの方も、楽しみなのは

やっぱり競馬ですよね〜笑

僕自身、この年末年始は

週末のレースの予想にただただ集中するというよりは

2018年をどう立ち回るか?

馬券の買い方は?予想方法は?

などと、競馬に対する考え方や捉え方などを

改めて考えることができた、有意義な時間でした。

連休中ということもあり、Twitterやインスタなどで

SNSでも仲良くなれた方も多かったですし、

鋭気は十分、一発目の中山金杯で最高の予想をできそうです!

ということで、

早速2018年の中山金杯の無料予想をしていきたいと思います。

最初に言っておきますが、このレース

荒れる立役者の古馬たち穴馬は

良い枠を引きました。

非常に楽しみな1戦です。

中山金杯2018無料予想|展開・傾向・枠順

まずはじめに書いておきたいことは、
年明けの中山競馬場は
内有利・立ち回り重視になるということ。
ま、これはみなさんご存知でしょうが
この傾向が大きく変わることはないと思います。

中山金杯は特に、加速力勝負などではなく、
前々で器用に立ち回れる馬が活躍するレースです。
さらに言うと、
内枠がやはり有利であり、中〜外枠は割引が必要ということでしょう。

ハンデ戦ということもあり、軽斤量の馬に目をとられがちですが
過去10年で、トップハンデの馬が3勝もしているレースです。

ハンデ云々よりも、
レース・コース・枠などの
適性を加味して予想を組み立てた方が良いと思います。

では、重要になる枠順も書いておきます。

中山金杯2018 枠順
1 ウインブライト   56.0 松岡
2 レアリスタ     55.0 石橋脩
3 トーセンマタコイヤ 54.0 内田博
4 アウトライアーズ  54.0 蛯名
5 デニムアンドルビー 54.0 川田
6 セダブリランテス  55.0 戸崎
7 ブラックバゴ    56.0 岩田
8 パリカラノテガミ  52.0 田中勝
9 ダイワキャグニー  56.0 横山典
10 タイセイサミット  56.0 北村宏
11 ストレンジクォーク 54.0 柴山
12 フェルメッツァ   55.0 田辺
13 ジョルジュサンク  54.0 吉田隼
14 マイネルミラノ   57.0 柴田大
15 ショウナンマルシェ 53.0 三浦
16 ケントオー     56.0 勝浦
17 カデナ       56.0 福永

枠順が出た段階で、僕は6枠〜8枠は消しです。
ただし、3連系などを買う方は外枠でも
検討されても良いとは思います。
僕の今年の馬券の中心は馬連。
連対できる可能性の高い馬を重視するため
3着までなら届きそうな馬などは
基本視野には入れず印をつけていきたいと思います。

中山金杯2018無料予想|最終印

◎本命はこちら  人気ブログランキングへ

右回り不安のデータでオッズが落ちているこの馬を狙い撃つ。
確かにこの馬は左回り巧者。
がしかし、右回りは中山の弥生賞で走った1度のみ。
立ち回り能力という点ではこの馬はピカイチ。
内にウインブライトやトーセン、セダなどはいるが
ゲートセンスとテンのスピードは抜けている。
5枠9番からのレースではあるが、
すぐに好位のポジションに収まるはず。
例年通りペースさえ落ち着けば、
隊列そのままに押し切りまであって良いだろう。
この馬今回、社台F山元に放牧に出していたが
外厩帰り成績【4-0-0-1】。
負けた1戦は初古馬との一戦の
毎日王冠G2の4着(タイム差0.2秒)。
名手横山典Jを背に重賞制覇のチャンスだ。

◯対抗はウインブライト
1枠1番と好枠を引き当てた。
すでに重賞2勝のこの馬が2番人気なら狙わない手はない。
本命の馬同様に、テンのスピードも早く
ロスなく立ち回れるこの馬を相手に据える。
鞍上の松岡騎手もこの馬を手中に収めているし
中山【2-1-0-1】と好舞台。
いったいったの流れで上位に食いこむだろう。

▲単穴はトーセンマタコイヤ
この馬は前の記事で穴馬として取り上げているが、
2枠と絶好枠。内枠からの成績も安定している。
重賞初挑戦ではあるが、逃げ先行馬を見ながら運べる。
鞍上には積極策の内田博騎手。
7歳馬ではあるが、陣営も絶好調と太鼓判を押す仕上がり。
一発あるだろう。

☆セダブリランテス
先行力もあるし、センスも良い。
1番人気だが下手に逆らう必要なし。
NF天栄で調整し、状態も申し分ない。
問題は重賞で戸崎Jがどこまで乗るか?
とういう1点のみ。
血統的にもここは好走できる。

穴レアリスタ
こちらも穴馬で紹介していたが、内枠を引いた。
結果の出ていない右回りだが、本命も同様。
この馬が右回りを克服できない理由はない。
堀厩舎ということで、状態面の上積みもあるだろうし、
激走の可能性は十分にあるだろう。

激ブラックバゴ
とにかくスタート。ゲートさえすんなりでれば
力は足りる。

以上が上位評価の馬。

最終印まとめ

◎ 人気ブログランキングへ
◯ 1 ウインブライト
▲ 3 トーセンマタコイヤ
☆ 6 セダブリランテス
穴 2 レアリスタ
激 7 ブラックバゴ

参考買い目 勝負度 ★★☆☆☆

◎→印    馬連5点
◎→◯▲   ワイド2点
◎◯→▲穴激 三連複3点 ボーナスとして30倍以上あるので抑えます。
(1,2着入れ替わりの印3着づけの三連単もありでしょう)

荒れるならトーセンマタコイヤとレアリスタの

穴馬の活躍です!

ぜひ荒れるレースの立役者として激走に期待!!

以上!

2018年の中山金杯の無料予想でした!

今週も競馬を楽しみましょう!!

GRAのガクでした。

The following two tabs change content below.
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク