Pocket

中日新聞杯2017の最終無料予想を中心とした記事です。

どーもどーもガクちゃんです!

本日は重賞が中京競馬場で行われる中日新聞杯が一つということで、

そちらの最終予想と、その他の勝負レースを記載しておきます。

2017年も残りわずかですが、明日は香港国際競走を合わせれば

G1含む重賞が6つ!!

資金を稼ぐためにも、中日新聞杯はきっちり仕留めたいところ!

そして阪神で開催されるリゲルステークスも注目の1戦でしょう。

サトノアーサーにファンディーナといった

春のクラシックで話題になった馬たちも出揃います。

NHKマイルC組も踏まえて、こちらも目が離せないレースとなりそうです。

ビシッと無料予想でお届けしますのでご覧くださいね!!!

しかし、今週は月曜日から始まり(当たり前ね)

毎日別のレースの予想をするという異常な事態

そりゃそうです、何せ香港国際競走含む

重賞が土日で7つて。

しかも、最近勉強中の血統のことまでやりだしたので

寝る暇がなかった笑

でも、やればやるほど奥が深いのが競馬だなぁと

改めて痛感しております。

ちなみに!

ここ最近競馬場巡りにはまっておりますが

本日もこの記事を更新後は、地元の

中京競馬場へいて参ります!

現地で中日新聞杯をぶち当ててやる!!

無料予想の真髄をたっぷりと見せつけてやりますので

ご期待ください!!!

2017年も後少しですが、まだまだ一稼ぎでくるチャンスは

わんさかありますのでね!

現地で帯封かましたるわ!!

さて、早速

中日新聞杯の最終無料予想といきましょう!!

中日新聞杯2017最終無料予想

中日新聞杯2017最終無料予想

このレースを予想する上でのポイントは
先週の馬場傾向を見てもお分かりの通り
先行逃げ馬を軽視するということでしょう。
例年の中日新聞杯は明らかに差し馬有利
さらに言えば、極端な追い込み馬は届かないという点も挙げられる。

開幕2週目ということもあり、馬場もまだ荒れていないことから
枠のバイアスも特にはない。
スタートしてすぐにコーナーということもないので
大外枠でも十分に通用する。

名目的にはハンデ戦のG3ですが、
昨年のサトノノブレス 58kg
一昨年のディサイファなど 57kg
と、軽ハンデだから勝てるレースではないということも重要だろう。

しっかりと中団で待機し、馬群を割るレースセンスと
終いの脚をきっちり伸ばせる馬が
中日新聞杯の勝ち馬となると予想する。

◎本命はこちら⇒  人気ブログランキングへ

前回の記事でも少し触れたが、絶好の狙い目だろう。
1枠2番と好枠も引き当て、スタート直後から内でしっかりと脚をためられる
点のスピードは速くはないが、周りも同様にダッシュのきかない馬
藤岡康太騎手が馬の特性を活かすことを考えれば
道中は6〜8番手。(もしこの位置にいなければ捌けないだろう)
内〜外と馬場もフラットなので、
前を行く馬たちや、この馬よりも前につける馬たちも
直線では確実にばらけるはず。
そうなれば、後は追うだけ。
まっすぐに内〜中ほどの馬場を突っ切れば自ずから結果はついてくるだろう。

 

◯対抗はメートルダール

NF天栄でしっかりと充電、中16週と間隔は開いているものの
そこはノーザンF系の外厩。きっちりと仕上がっている。
夏場の大敗を確実に盛り返してくるだろう。
中京は初になるが、左回り、坂も問題なくこなすし
鞍上が強気なC.デムーロ
ここは一発仕留めに来るだろうし
展開もハマる。

 

▲単穴はストーンウェア

この馬については前回の記事で書いたが、とにかう左回り巧者
かつ54kgの軽ハンデならば、3年前に54kgの馬が
1、2着独占したように、上位台頭してきてもおかしくない。

 

☆ミッキーロケット

☆マウントロブソン

大穴フルーキー

 

中日新聞杯2017最終印

◎ 人気ブログランキングへ
◯ 13 メートルダール
▲ 9 ストーンウェア
☆ 10 ミッキーロケット
☆ 4 マウントロブソン
穴 1 フルーキー
注 11 マキシマムドパリ
△3.6.8.14.18

軸はすんなり決まったが、骨っぽいメンバーが揃った一戦。
ここはシンプルに馬連をメインに馬券を組み立てます

◎→◯▲☆穴注    馬連6点
◯▲☆穴注→◎    馬単6点(2着づけは個人的な◎が取りこぼし多いので)
◎→◯▲       ワイド2点
ワイドは人気サイドに流しても7〜8倍はつくので、そちらもオススメです。

3連系を買うなら、三連複に2列目に3頭ほど入れて
3列目には印上位のみ、△からは1、2頭ほどで点数絞って買うのがいいと思います。

リゲルステークス最終無料予想印

◎ 7 ディバインコード
◯ 8 サトノアーサー
▲ 9 ファンディーナ
☆ 1 レッドアンシェル
穴 11 タガノブルグ
注 13 ブラックムーン

このレースのポイントは開幕2週目の阪神競馬場ということ
先週もやはり前残りがかなり目立っていた

本命のディバインコードは鞍上が超強化のC.ルメール騎手
好位から先頭を見ながら競馬をできる絶好のポジションで
押切まであると予想する。

サトノアーサーは後ろからの馬になるが、
このメンバーでは力が違う。
川田騎手も馬のことをよくわかっているので
取りこぼしはあっても馬券内には必ず突っ込んでくるだろう

ファンディーナーは先行するなら本命まで考えたが、
今走は後ろからの競馬を選択するとコメント。
そうなると、実力が全くんほ未知なのでこの評価に

レッドアンシェルは福永騎手がしっかりと乗ってくれれば
単騎で逃げれるはず。ただ、この騎手の悪いところは
馬に任せてふわっと乗るところがある点。
重賞でもなんでもないので、気負いは少ないことから
ここも好勝負してくれそうだが。

タガノブルグは追い込み一手の馬だが、弾けた時の瞬発力が
なかなかに見栄えする。
宇治田原できっちり乗り込み
1400からペースの落ち着く1600に変えてきた
一変があってもおかしくはないはず。

買い方としては、軸は確実に前で残せる力があると思うので、
連軸で買います。馬連中心に三連単も少し買います
三連複を買う方は2頭軸、もしくは
2列目にサトノアーサーとレッドアンシェルおいて買うのがいいと思います!

以上!!!

中日新聞杯はもちろんリゲルステークスもしっかり当てて

明日の軍資金にしたいところです!

2017年もバシバシ仕留めてウハウハで年越しをしましょう!!

GRAのガクでした!!!

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク