Pocket

日経新春杯2018の無料予想&出走予定馬分析を中心とした記事です。

2018年。みなさんはどのような始まりになりましたでしょうか?

中山金杯・京都金杯・フェアリーS・シンザン記念と

立て続けに重賞レースが開催されましたが、

GRAの予想結果につきましては後ほど

しっかり回顧していきたいと思います!!

その結果(反省)を生かしつつ、今週開催の経新春杯・愛知杯・京成杯にて

キッチリ取り返していきたいと思います!

まずは日経新春杯

昨年の勝ち馬ミッキーロケットを中心に若い馬の活躍が予想されますが

2018年の日経新春杯出走予定では4歳馬はリカビトスのみ。

例年なら人気馬が好走することが多い本レースですが

2018年の日経新春杯は荒れる可能性もあり得るでしょう。

そんなことも念頭におきつつ、先週の回顧、日経新春杯2018の予想と

順番にしていきたいと思います。

どーも!UMAJOあぶみです!

2018年は自分なりの予想方法の確立と収支分析

しっかりおこなっていきたいと思っています(^O^)v

フェアリーSとシンザン記念では初めて

『枠連』という買い方をしてみました。

結果、フェアリーSでは 枠連5-7 1750円的中!

シンザン記念では 枠連3-6 1680円的中!!

どちらも枠連の他に、欲張って馬連や三連単も

購入してしまい、トリガミとなってしまいましたが・・・・

おそらく純粋に枠連だけ購入していればトントン。

単価をもう少し上げればプラスにもっていけたハズ。

もちろん、ドカーンと大きく当てることはできないかもしれませんが

私のようにまずは 的中!させたい方確実に増やしたい方。は

もしかしたら 枠連 という選択肢も

考えてみてもいいかもしれませんね!

私はしばらく 枠連 を買い続けて

分析・研究して、みなさんに予想を公開できるように

頑張りたいと思います。

長くなってしまいましたが、早速GRAの先週の結果報告から

みていきましょう。

先週の結果報告

【中山金杯】

1着 セダブリランテス  ☆
2着 ウインブライト   ○
3着 ストレンジクォーク

5着 ダイワキャグニー  ◎

前に行けなかった時点で終わり。どうやらテンションが高かった様子。

【京都金杯】

1着 ブラックムーン
2着 クルーガー     ☆
3着 レッドアンシェル  ○
4着 ダノンメジャー   ◎

内容は良かったので、次走も狙いたい。

【フェアリーS】

1着 プリモシーン    ☆
2着 スカーレットカラー 血
3着 レッドベルローズ  ▲


12着 サヤカチャン   ◎

馬にやる気がなかったとコメントもあるし、飛曹以降も狙えないか。

【シンザン記念】

1着 アーモンドアイ   ☆
2着 ツヅミモン
3着 カシアス

5着 カフジバンガード  ◎

マイナス10kgが響いたか?スタートも悪く、次走以降の巻き返しに期待。

日経新春杯2018予想オッズ

日経新春杯2018予想オッズ

1 ミッキーロケット  2.1
2 モンドインテロ   4.1
3 ソールインパクト  5.2
4 パフォーマプロミス 5.4
5 ロードヴァンドール 8.1
6 ベルーフ      19.8
7 ガンコ       37.5
8 サンタフェチーフ  56.5

抜けてミッキーロケットが人気だが、昨年と違うローテ。

在厩調整、かつトップハンデで勝ちきれるかは疑問も残る。

 

日経新春杯2018出走予定馬分析

上位人気しそうな出走予定馬の分析を順番にしていきたいと思います。

ミッキーロケット(和田)

昨年の勝ち馬ということでレース適性は実証済み。
芝2400mは②②➊④着
京都➊②②⑤➊④④着
と舞台相性も悪くないが、ここ最近
勝ち星から遠ざかっているのは懸念材料か。
ただ、前走の中日新聞杯はあまり能力差のない2着で
乗り難しさのある馬ではあるが、馬券圏内には
絡んでくるだろう。

 

モンドインテロ(ルメール)

昨年の本レース3着馬。
京都芝では3戦して【2-0-1-0】と舞台とは好相性。
ただ、重賞は9戦して【0-0-2-7】とイマイチ勝ちきれない。
先日中山金杯で勝利したセダブリランテスは半弟。
兄も弟に続きたいところではあるし展開次第では
十分に狙える能力は備えている。
ルメール騎手との相性も悪くはない。

 

ソールインパクト(福永)

前走のアルゼンチン共和国杯は2着だったが内容は悪くはなかった。
京都芝は【0-2-0-1】とまだ勝ちはないが悪くもない。
調教はハードに追われ意欲も十分で仕上がりは順調。
本質的には距離は長いが、長くいい脚を使えるタイプで
前走並みの競馬ができればチャンスはある。

 

パフォーマプロミス(Mデムーロ)

父ステイゴールド×母の父タニノギムレットで
中距離でいい脚を長く使うタイプの牝系の影響を強く
受けている為2400mという距離適性は抜群。
6歳だがまだキャリア11戦と大事に使われているが
本レース6歳馬の実績は【1-1-3-24】と低め。
パワー・スピード持続力は他の馬とひけをとらず
ここで一発あってもおかしくはない存在。

 

日経新春杯2018無料予想まとめ

ミッキーロケットは昨年からプラス2.5kgの57.5kg。

さすがにこのハンデで軸にするには厳しそう。

普通に狙ってみたいのはこの馬。

(人気ブログランキングプロフ内に記載してあります)
人気ブログランキングへ

昨年はピリッとしたところを見せれず、掲示板までが最高位であったが

それでも一昨年のレースでは

好メンバー相手に5着と健闘。

ここで鞍上が川田騎手に手戻りするのはかなりプラス。

久しぶりの2400mでのレースは鍵になるだろうが、

展開さえ向けば、終いの脚は堅実。

馬券内に飛び込んできてもおかしくない穴馬になるだろう。

以上。 日経新春杯2018の無料予想&出走予定馬分析でした。

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク