Pocket

有馬記念2017の全頭診断&データ分析を中心とした記事です。

前回の記事までの記事↓

【有馬記念2017】全頭&データ|分析&無料予想①
(キタサンブラック、スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、ミッキークイーン)

【有馬記念2017】全頭&データ|分析&無料予想②
(サトノクラウン、レインボーライン、シャケトラ、ヤマカツエース)

【有馬記念2017】全頭&データ|分析&無料予想③
(ルージュバック、サクラアンプルール、サウンズオブアース、クイーンズリング)

に引き続き

個人的に毎年恒例(と言っても去年から汗・・・)にしている

有馬記念の全頭分析をしたいと思います。

かつ、載せれる限りのデータを記載しておくので、

ご覧になられる方も、他のwebサイトや

本や新聞などを購入しなくても

いろいろと情報がわかるようにしてありますので

ぜひ有馬記念全頭診断&データ分析をご覧ください。

どーもガクちゃんです。

有馬記念に枠順が決まってから、予想を練り直す必要が出てきて

こちらの記事の更新も遅れました。

が、最後の大穴の分析をしていきたいと思います。

前置きが長くなりがちなので、全頭分析については

サクッと本題に入っていきます。

上位人気に推されそうな馬から順に記載しましたのでご覧ください。
今回は

プレスジャーニー

サトノクロニクル

カレンミロティック

トーセンビクトリー

 

プレスジャーニー

中山適性  距離 D 調整 C 騎手 C 枠 S

競走成績【3-0-2-1】
芝2200m以上戦績【0-0-0-1】
中山実績 初
三浦騎手との成績 初騎乗

牡3歳 父バトルプラン 母エルフィンパーク 母父タニノギムレット
栗東 佐々木昌三厩舎

今走在厩調整 中2週
2016~2017成績【1-0-1-0】

枠順別成績
内枠(1〜3)【1-0-1-1】
中枠(4〜6)【2-0-1-0】
※内枠で好成績

季節実績
10月〜12月【2-0-1-1】
馬場状態
良 【0-0-2-0】
稍重【3-0-0-0】
不良【0-0-0-1】
※渋った馬場が得意

三浦騎手
有馬記念成績
【0-0-0-3】
※掲示板までは持ってくる

以上まとめ、
この馬には正直、掲示板までは期待します。
手前がえが下手だとか、いろいろありますが。
セレクトセール270万の馬がどこまでやれるか。
そして悲運の(あの事件もあり)この馬が
この舞台で活躍する姿を
みんなをあっと言わせる姿を個人的にはみたいです。
少なくとも僕は、キタサンと2頭軸で100円ずつだけ買うと思います。
ドラマが一番あるのは、この馬でしょう。

 

サトノクロニクル

中山適性 A 距離 A 調整 C 騎手 B 枠 B

競走成績【3-3-1-2】
芝2200m以上戦績【0-1-1-1】
中山実績【0-1-1-0】
戸崎騎手との成績 初騎乗

牡3歳 父ハーツクライ 母トゥーピー 母父インティカブ
栗東 池江泰寿厩舎

今走在厩調整 中2週
2016~2017成績【2-0-0-2】
※さすがにG1では荷が思い

枠順別成績
内枠(1〜3)【1-2-1-0】
中枠(4〜6)【1-1-0-2】
外枠(7〜8)【1-0-0-0】
※内枠が理想だったが、内に先行馬も少なく好位に収まる

季節実績
10月〜12月【1-1-0-1】
馬場状態
良 【2-3-1-1】
稍重【1-0-0-0】
不良【0-0-0-1】
※良馬馬が理想

戸崎騎手
有馬記念成績
【1-0-0-3】
※G1では買えない騎手、無理に負わないので気迫で負ける

以上まとめ、
池江厩舎の2頭出しということで、状態は良いだろう。
ただこの馬が好走するというより、同じサトノのクラウンをサポートする
そんなレース運びができるかが鍵。
それを考えれば、戸崎騎手はベストかもしれない。

 

カレンミロティック

中山適性 C 距離 A 調整 B 騎手 A   枠 C

競走成績【6-6-6-2-】
芝2200m以上戦績【0-2-2-12】
中山実績【0-0-0-3】
川田騎手との成績 初騎乗

騙9歳 父ハーツクライ 母スターミー 母父エーピーインディ
栗東 平田修厩舎

今走NFしがらき調整 中6週
NFしがらき成績【3-2-2-8】
※ローテは好走パターンも年齢的な衰え如実

枠順別成績
内枠(1〜3)【2-2-2-5】
中枠(4〜6)【0-3-1-8】
外枠(7〜8)【4-1-3-7】
※外枠は馬にとっては良いが、この舞台ではマイナス

季節実績
10月〜12月【3-1-3-6】
馬場状態
良 【6-6-6-16】
稍重【0-0-0-3】
重 【0-0-0-1】
※良馬馬が理想

川田騎手
有馬記念成績
【0-1-0-4】
※近年は特に成績悪い、人気馬でも掲示板止まり

以上まとめ、
正直さすがにここではきつい
一発あるローテではあるが、舞台適性もなく。
よほど恵まれない限り回ってくるだけだろう。

 

トーセンビクトリー

中山適性 A 距離 C 調整 C 騎手 A 枠 A

競走成績【6-2-3-10】
芝2200m以上戦績【0-0-0-1】
中山実績【1-0-0-0】
田辺騎手との成績 初騎乗

5歳 父キングカメハメハ 母トゥザヴィクトリー 母父サンデーサイレンス
栗東 角居勝彦厩舎

今走NFしがらき調整
NFしがらき成績【1-0-0-2】
※しがらき帰りでも凡走あり、厳しい

枠順別成績
内枠(1〜3)【2-2-0-3】
中枠(4〜6)【2-0-2-5】
外枠(7〜8)【2-0-1-2】
※枠は良い

季節実績
10月〜12月【2-0-0-5】
馬場状態
良 【5-2-3-6】
稍重【1-0-0-3】
重 【0-0-0-1】
※良馬馬が理想

田辺騎手
有馬記念成績
【0-0-0-3】
※馬に恵まれず、これからに騎手だろう

以上まとめ、
さすがに買う要素がない。G2で力負けする馬は、この舞台では買えないだろう。

 

 

 

以上、今回は有馬記念2017

プレスジャーニー・サトノクロニクル

カレンミロティック・トーセンビクトリー

の分析でした。

The following two tabs change content below.
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク