Pocket

有馬記念2017の全頭診断&データ分析を中心とした記事です。

いよいよ今週末に行われる有馬記念。

出走予定馬分析で書いた内容だけでは書き足りませんので

個人的に毎年恒例(と言っても去年から汗・・・)

している、

有馬記念の全頭分析をしたいと思います。

かつ、載せれる限りのデータを記載しておくので、

ご覧になられる方も、他のwebサイトや

本や新聞などを購入しなくても

いろいろと情報がわかるようにしてありますので

ぜひ有馬記念全頭診断&データ分析をご覧ください。

どーもガクちゃんです。

前置きが長くなりがちなので、全頭分析については

サクッと本題に入っていきます。

上位人気に推されそうな馬から順に記載しますのでご覧ください。
今回は

キタサンブラック

スワーヴリチャード

シュヴァルグラン

ミッキークイーン

キタサンブラック ファン投票1位

中山適性 S 距離 S 調整 B 騎手 S

競走成績【11-2-4-2】
芝2200m以上戦績【5-1-2-1】
中山実績【2-1-2-0】
武豊騎手との成績【6-2-2-1】

5歳 父ブラックタイド 母シュガーハート 母父サクラバクシンオー
栗東 清水久厩舎

今走在厩調整
2016~2017成績【2-1-1-0】
※厩舎仕上げを2戦連続は初めてのパターン

枠順別成績
内枠(1〜3)【6-1-2-0】
中枠(4〜6)【3-1-2-0】
外枠(7〜8)【2-0-0-2】
※外枠で2度馬券に絡まず

季節実績
10月〜12月【4-1-2-0】
馬場状態
良 【9-2-3-1】
稍重【1-0-1-1】
不良【1-0-0-0】
※良馬馬が理想

武豊騎手
有馬記念成績
26回騎乗
1着2回 2着8回
※十分な成績だが、単勝回収率は低い

以上まとめ、基本的には逆らう余地がない馬。
ただし、皆さんよくご存知のように
3戦目で成績を落とす馬でもあります。
JCは軽めの仕上げだったということですので
今走はメイチに仕上げてくるでしょう。
気がかりは、初めて厩舎仕上げで2戦連続という一点。
あとは枠順が大外枠にならなければ、好走する確率は極めて高いと思います。

スワーヴリチャード ファン投票16位

中山適性 B 距離 S 調整 S 騎手 S

競走成績【3-3-0-1】
芝2200m以上戦績【1-1-0-0】
中山実績【0-0-0-1】
右回り実績【1-1-0-1】
M.デムーロ騎手との成績【1-0-0-0】

3歳 父ハーツクライ 母ピラミマ 母父アンブライドルズソング
栗東 庄野厩舎

今走NFしがらき調整
NFしがらき成績【1-2-0-1】

枠順別成績
内枠(1〜3)【2-1-0-1】
中枠(4〜6)【0-0-0-0】
外枠(7〜8)【1-2-0-0】

季節実績
10月〜12月【4-1-2-0】

馬場状態
良 【2-2-0-1】
稍重【1-1-0-0】

M.デムーロ騎手
有馬記念成績
【1-1-1-6】

戦績が少ない3歳なのでハーツクライ産駒のデータを記載します

条件別成績
2017年
中山競馬場【17-10-11-85】
勝率13.8% 連対率22.0%
※血統的には中山は好走可能

以上まとめ、
この馬のポイントは、右回りで手前を変えられるかどうか?
ここでしょう、左回りで無類の強さを発揮できるが
皐月賞では手前を変えれず凡走。
NFしがらきでこの辺をクリアできるかが課題になるでしょう。
調教動画をいる限りは。スムーズではないにしろ
手前をちゃんと変えてます。
レイデオロがJCでキタサンブラックに先着したのでこの人気
もしあこでレイデオロが敗戦していれば
この人気はなかったでしょう。
この馬が有馬記念で好走できるかどうかは↓↓で
人気ブログランキングプロフ内に記載してあります)
人気ブログランキングへ

シュヴァルグラン ファン投票5位

中山適性 B 距離 S 調整 B 騎手 S

競走成績【7-5-5-5】
芝2200m以上戦績【6-3-3-1】
中山実績【0-0-0-1】
右回り実績【5-5-4-5】
H.ボウマン騎手との成績【1-0-0-0】

5歳 父ハーツクライ 母ハルーワスィート 母父マキャヴェリアン
栗東 友道厩舎

今走在厩調整
2016~2017成績【1-2-2-1】
※厩舎仕上げを2戦連続は昨年の有馬記念と同ローテ
7枠14番で、結果は6着。

枠順別成績
内枠(1〜3)【1-2-1-1】
中枠(4〜6)【4-2-2-3】
外枠(7〜8)【2-1-2-1】

季節実績
10月〜12月【6-0-4-1】

馬場状態
良 【6-5-4-3】
稍重【1-0-1-2】
※良馬馬が理想

非根幹
【2-1-0-5】
※根幹距離では複勝率100%に対して非根幹では崩れがち

H.ボウマン騎手
有馬記念成績
【0-0-0-1】
※2015年にトーセンレーヴで騎乗してますが、14人気を
出遅れ後方から猛然と追い込み6着は、評価できると思います。

以上まとめ、
スワーヴリチャードと同じくハーツクライ産駒なので
適性はありますが、正直未知数。
内〜中枠に入れば、鞍上含め怖い存在ですが
もし外枠なら、消しに近い抑えでも良いかもしれません。
状態面についても、個人的にはJCよりは
デキ落ちの可能性があると思います。

ミッキークイーン ファン投票9位

中山適性 A 距離 B 調整 S 騎手 B

競走成績【5-5-3-3】
芝2200m以上戦績【1-0-3-2】
中山実績【0-0-0-1】
右回り実績【4-3-3-1】
※中山実績はないが、右回りで崩れたのは有馬記念だけ
本来の適性は高い
浜中俊騎手との成績【5-4-3-3】

5歳 父ディープインパクト 母ミュージカルウェイ 母父ゴールドアウェイ
栗東 池江寿厩舎

今走NFしがらき調整
NFしがらき成績【3-5-3-2】
※昨年同様のローテ。

枠順別成績
内枠(1〜3)【1-1-1-0】
中枠(4〜6)【3-3-1-3】
外枠(7〜8)【1-1-1-0】
※枠順は問わないが、内〜中枠が理想

季節実績
10月〜12月【2-1-2-2】

馬場状態
良 【3-5-2-2】
稍重【0-0-1-1】
重 【2-0-0-0】
※デイープ産駒らしく、良馬馬が理想

浜中俊騎手
有馬記念成績
【0-0-0-4】
※今年も昨年も中山芝での実績も少なく
積極的に買える騎手ではないが、
ほぼ全レース騎乗しているという意味では相性は良い

唯一のディープインパクト産駒なので産駒成績を記載

条件別成績
2017年
中山競馬場【17-15-20-127】
勝率9.5% 連対率17.9%
※血統的には中山は好走可能

以上まとめ、
昨年5着、春の宝塚記念では3着の内容が評価されての人気だろう。
この馬の有馬記念への意欲は調教から見て取れる。
昨年の最終追い切りはCW。今走は栗東坂路での追い切り。
栗坂の最終追い切り時はG1で【0-0-2-0】と好成績を収めており
現在リーディング1位の池江泰寿調教師も虎視眈々と
2年連続の有馬記念制覇を狙っている様子。

以上、今回は有馬記念2017

キタサンブラック・スワーヴリチャード

シュヴァルグラン・ミッキークイーン

の分析でした。

The following two tabs change content below.
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク