Pocket

朝日杯フューチュリティステークス2017の無料予想を中心とした記事です。

阪神芝1600m・外回りで行われるこのレースは

2歳戦のG1ということもあり

戦績2戦2勝のダノンプレミアムのような馬や

3走しかしていない馬、条件戦を勝ち抜けたばかりの馬など

走っているレース数が少ないこともあり

能力比較が非常に難しく、素質や資質

持ち時計などで予想をするという

非常に難しいG1レースです。

なので、

最近勉強中の血統予想の方も非常に使えると思うので

2017年の朝日杯フューチュリティステークスを血統予想から

分析して行ってみたいと思います。

無料予想なので是非一つの参考にしていただきたいです。

血統予想から朝日杯フューチュリティステークス

意外な穴馬が見つかるかも?!

無料競馬予想ブログなので是非ご覧ください。

どもどもガクちゃんです!

早速ですが、2歳戦のG1って難しいですよね〜

僕自身、この無料競馬予想ブログを始めるまでは

手を出しづらいレースの一つで

新聞やメディアの話題になるような馬

世間が煽る穴馬の情報などを調べたりして

自分で予想をすることもなく馬券を買って

大損することもありました笑

いきなりこんな事を書くと読んでもらえなくなるかもしれませんので

一応書いておきますが、

先週の2歳牝馬G1は

◎リリーノーブルでしっかり的中させておりますので

信頼してお読みください笑

今や2歳戦も何気に得意になってきていますので!!

さて、朝日杯フューチュリティステークスの血統予想をする前に書いておきますが

このレース、

もともと中山競馬場で行われていましたが

2014年から阪神競馬場に舞台を移しています。

歴史としては69回朝日杯フューチュリティステークスですが

阪神での開催はで4回目となるので、

ある意味歴史の浅いレースとも言えるでしょう。

なので、単純に過去のレースを分析しても

実は歪みが出てくるので、他のサイトやブログを読まれる方も

注意して見てくださいね!
(大手のサイトなどは過去10年分のデータを出したりしていますので)

さて、前置きが長くなりましたが

早速無料予想といきましょう!!

朝日杯フューチュリティステークスの記事は3つ目ですが

今回は血統予想です!!

朝日杯フューチュリティステークス2017血統予想|分析

ざっと過去3年分の朝日杯フューチュリティステークスの上位馬を
まとめてみましょう。

※いつもながらノーザンダンサー系はNDと略します
サンデーサイレンス系はSSです

16年
1着 サトノアレス
父ディープインパクト(SS) 母父デインヒル(ND・ダンシグ系)
2着 モンドキャンノ
父キンシャサノキセキ(SS) 母父サクラバクシンオー(プリンスリーギフト系)

15年
1着 リオンディーズ
父キングカメハメハ(キングマンボ系) 母父スペシャルウィーク(SS系)
2着 エアスピネル
父キングカメハメハ(キングマンボ系) 母父サンデーサイレンス(SS系)

14年
1着 ダノンプラチナ
父ディープインパクト(SS) 母父アンブライドルズオング(ミスプロ系)
2着 アルマワイオリ
父マツリダゴッホ(SS系) 母父ピルサドスキー(ND・ダンジグ系)

過去3年ではディープインパクト産駒が2勝
キングカメハメハ産駒が1勝

非常に単純です、リーディング上位の種牡馬が
順当に好走をしています。

2勝を挙げているディープ産駒の2頭に絞って
さらに血統を遡ると
母系にはボールドルーラ系・ミスプロ系なども入っている
仕上がり早プラス、ノーザンダンサー系の北米血統が
入っているとわかる。
どちらにしても、
2歳リーディングサイヤーの上位に
名前を連ねる馬を買うのが無難ということかもしれない。

せっかくなので、血統予想で有益な情報
現時点(〜12/4)での2017年のJRA発表の
2歳リーディングサイヤーの上位を書いておきましょう。

1位 ディープインパクト 47勝 (出走頭数90頭)
2位 ロードカナロア   26勝 (出走頭数73頭)
3位 ダイワメジャー   21勝 (出走頭数63頭)
4位 ハーツクライ    18勝 (出走頭数81頭)
5位 ルーラーシップ   17勝 (出走頭数75頭)
6位 キンシャサノキセキ 13勝 (出走頭数42頭)
7位 ヘニーヒューズ   17勝 (出走頭数69頭)

とりあえずディープインパクト産駒買っておけば良い!
みたいな成績ですね笑

案外な成績なのが、先週勝利を挙げたオルフェーブル産駒の成績でしょうか。
現在は9位。出走頭数70頭で8勝。
オルフェーブル産駒は2歳戦でなく、来年からが楽しみな結果となりそうです。

ということで、いろいろと書きすぎて
各馬の血統背景を書こうと思っていたのですが
これ以上書くと長すぎて読んでもらえなさそうなのでざっくりまとめます!!

単純に、血統的要素で血統予想をするのなら
2歳サイヤーリーディング上位の馬を買え!
ということでしょうか笑

絶対的に抑えるのは、1位ディープインパクト産駒

ダノンプレミアム

ケイアイノーテック

そして2位のロードカナロア産駒

ダノンスマッシュ

ステルヴィオ

穴っぽいところなら昨年モンドキャンノが2着の
6位キンシャサノキセキ産駒

カシアス

個人的に買いたいのは、前回も記事にした

ケイアイノーテック

は、やはり面白い存在でしょう。鞍上が幸というのがなぁ

福永JK→川田JK→幸JK

んー、上位ジョッキーなら本命にしたかも。

朝日杯フューチュリティステークス2017血統予想穴馬

上記にいろいろと書きましたが、

朝日杯フューチュリティステークスの出走馬の中で

個人的に一番の血統穴馬を書いておきます

(人気ブログランキングプロフ内に記載してあります)
人気ブログランキングへ

サイヤーランキング7位
父ヘニーヒューズ(ストームキャット系) 母ルナレガーロ(フォーティーナイナー系)
母父アドマイヤムーン

手塚厩舎管理のこの馬。

手塚厩舎のヘニーヒューズ産駒と言えば

アジアンエクスプレス

2013年の中山開催
最後の朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬です。

上に阪神競馬場と中山競馬場は違う!!
などと散々書いてきましたが、あえてこのドラマチックな馬を穴推奨です!

血統予想としてもズレていないはず!

アジアンエクスプレスと血統背景は違いますが
アジアエクスプレスの母父の方にもスプリンターマイルで活躍したアドマイヤコジーン

ムスコローソの母父にはこちらもスプリンターマイルに強かったラインクラフト、アドマイヤムーンなどを輩出したエンドスウィープがいます。
母母父型にもダイナーガールやカリーエンジェル、オレハマッテルゼ、フラアンジェリコを出してる血統です!

系統時には違いますが、ムスコローソの方がなお狙える血統背景なのかなと思います!

問題は距離が持つかどうかですが、昨年のように
スローペースから最後の追い比べの展開になれば、
やれてもいいはずです。
できれば内目の枠を引いて
内でしっかり脚を溜める展開になれば
G1の穴騎手・池添のレーヌミノルのような

大穴一発あるかもしれません!!

2017年の朝日杯フューチュリティステークスは大穴馬のこの馬に期待です!!!

僕の無料競馬予想ブログをぜひご活用ください!

GRAのガクでした!!

The following two tabs change content below.
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク