Pocket

東京大賞典2017の無料予想を中心とした記事です。

早いもので、有馬記念も終わり

昨日はG1元年のホープフルステークスも終えました。

これにて中央競馬は閉幕。

しかし!

大井競馬場では最後のG1

『東京大賞典2017』が開催されます!

ダートG1なら今月はチャンピオンズカップがあったでしょう?

とお考えの方。

ダート界の秋はある意味3番勝負。

JBCシリーズに始まりチャンピオンズカップ

そして東京大賞典が最終戦です。

何気にチャンピオンズカップよりも盛り上げることの多いこのレース

2017年の最後のG1東京大賞典を当てて。

最高の年越しにします!

無料予想の真髄ぞ見せたる!

ちなみに本命は、JBCとチャンピオンズカップの内容を見て

ここは一発あると確信しています。

どもどもガクちゃんです!

もしかしたら今年の無料予想の配信はこれで最後になるかもしれません

その分気合はバチバチに入ってますので

僕の無料予想を期待してください!

そもそも、東京大賞典は大井競馬場の2000m外回り

で行われるレースです。

これが何を意味するか。

コースの癖が少ないと言われる多いのこのコースは

もっとも実力通りに決着するレースと言われています。

それはつまり、コース形態からくる枠の有利不利や

直線などの長さで変わる先方の優劣

様々な理由で

馬の力はもちろんのこと、騎手の腕も確実に試されるコースです。

現時点でもっとも力を存分に発揮出来る馬が

この東京大賞典の覇者になれるのです。

ということで、まずはざっとこの東京大賞典の傾向というか

データというか、書いておきましょう。

東京大賞典2017 傾向&データ

まずは

上位人気が強い

過去10年のデータ

1人気【5-4-1-0】
2人気【3-4-1-2】
3人気【1-2-2-5】

そして地方交流G1ですが、圧倒的に中央馬が強い

年齢

4歳馬が4勝2着1回
5歳馬も4勝2着1回
6歳馬が2勝2着4回

基本はこの3世代

3歳馬は【0-2-2-12】
7歳以上は【0-2-1-28】

この2世代は苦戦

実績でいうと

連対した16頭がG1勝利馬。残る4頭中2頭には
ダートG12着の実績と

過去のビッグレースで活躍しているかどうかが鍵となっている

かつ、大井2000mでの経験がかなり重要で
舞台適性も求められる。

好走条件の基本は、前走がG1であることが大前提

脚質的には
逃 3 先 15 差 2 追 0
と前に行ける馬が強い。

さらに言うとチャンピオンズカップ連対馬が
基本は主力(今回は3着馬と4着馬が参戦)

しかし!

昨年は5番人気のアポロケンタッキーが優勝
荒れない東京大賞典の波乱の立役者となりました

2017年はチャンピオンズカップの連帯馬不在

荒れる要素しかありません。

個人的には楽しみしかありません!

バシッと的中します!

 

さて、なぜ今年は(今年も)荒れるのか。

これはチャンピオンズカップの時の記事でも散々書いてきました

加えて言うと芝の短距離〜マイル路線でも同様のことを言ってきてます。

そう、

圧倒的主役が不在!

事実。

チャンピオンズカップは8人気のゴールドドリームが勝ちました

コパノリッキーは9人気で3着
ケイティブレイブは3人気4着
大井でも活躍したアウォーディーは5着に
サウンドトゥルーは2人気で11着と大敗

何を言いたいかというと、
前走強かったからとか
昨年や一昨年活躍したからとか
そんなことは関係ないということです。

今、現時点でベストのパフォーマンスができる馬が

『勝つ』

ダート界の今はそんな感じになっていると思います。

さー、得意のガクちゃん長々書いちゃう病が出てきました。

ここまでで既にお腹いっぱいで読みたくない方もいるでしょう!

お待ちください、本当はもっともっと書きたいことが山ほどあるのですが

今回は既に東京大賞典2017の◎本命の発表に行きますよ!

東京大賞典2017 枠順|展望

東京大賞典の枠順も貼っておきます

東京大賞典2017 枠順
 ミツバ         (Mデムーロ)
 タービランス     (吉原寛)
 サウンドトゥルー   (大野)
 サブノクロヒョウ   (和田譲)
 アポロケンタッキー  (内田博)
 コスモカット             (安藤洋)
 バルダッサーレ      (赤岡修)
 ヒガシウィルウィン   (森泰斗)
 サンドプラチナ     (真島大)
10  インカテーション   (三浦)
11  シャドウパーティー  (高松亮)
12  ケイティブレイブ     (福永)
13  コパノリッキー      (田辺)
14  ハーキュリーズ      (保園翔)
15  ロンドンタウン        (岩田)
16  セイファルコン    (左海誠)

このレースは単純です。まずは地方馬は叩き斬ります。
ただし上記にも書いたように、
今のダート界のレベルはシーソーのように振れますので
東京ダービー1着。ジャパンダートダービー1着の
ヒガシウィルウィンだけは抑えておきましょう。

残りは中央勢。
朝の段階人気順

コパノリッキー(ラストラン)
ケイティブレイブ
ミツバ
サウンドトゥルー
インカンテーション
アポロケンタッキー
ロンドンタウン

実質は8頭出しのレースと思って予想を組みます。

東京大賞典2017 最終無料予想

◎本命はこちら  人気ブログランキングへ

ツイッターでは宣言しましたが。僕がこのブログを開設し
初めて配信したシリウスSで本命を打ったこの馬。
シリウスでは凡走でしたが、次走のJBCクラシックでは帝王賞の覇者
ケイティブレイブにクビ差と迫る3着。
チャンピオンズカップでは11番手から追い上げ6着。
なんだ追込み馬かよ?
データと違うじゃねぇかと思いの方。
この馬、地方で走った今年の3戦。
先行もしくは中団より前での競馬をしてます。
もちろん、弱メンツということもありますが。
典型的な追込み馬にはならないのです。
むしろ好位で脚を溜めながら仕掛けていくスタイル。
この大井で弾けてもなんらおかしくはないでしょう。
さらに、鞍上がM.デムーロ。
外人騎手はこの騎手のみ。
楽に逃げるコパノリッキーを潰す馬もいないでしょうし、
その馬を見ながら運べる内枠は
もっとも好位。
陣営も、
『今走は好位で競馬をする』と宣言
最強の大舞台に強い騎手を背にG1制覇まであってもいいだろう。

◯対抗はケイティブレイブ

大井の2000mは得意の舞台。連対率100%と非の打ち所のない馬
それに加えて4歳とまだ力もある。
24戦して掲示板を外したことはたったの2度という堅実な馬で
ここは能力フル全開でくるだろう。
どこからでも競馬ができる脚質の幅も魅力。
チャンピオンズカップはコパノリッキーを見るだけで
終わってしまったが、さすがに福永騎手といえど
同じミスを2度も続けないだろう。

▲単穴はサウンドトゥルー

現時点でこの馬が4番人気なら7歳馬でも買わない理由はない
昨年3着。そしてJBCクラシックの覇者。
G12勝を挙げたこの舞台は絶好の狙いどき。
地方交流では【3-4-4-2】と成績も安定していて
前走の大敗だけで、無理に逆らう必要はないだろう。

激アツ インカンテーション

2017年のマーチSから連対率100%。
しかもそのどれもが好内容。確かにG3ではあるが力は十分。
5月のかしわ記念(G1)では5人気で2着と激走
厳しいペースの中、終始好位で立ち回り直線で脚を伸ばした。
2走前の白山大賞典ではハナ〜先行。
最後は押し切り、距離への不安もなくなった。
ローテーション的にこの秋は3戦目。
フレッシュさも残し、状態面においては申し分ないだろう。

 コパノリッキー

チャンピオンズカップでも書いたが。
何度も何度も本命を打ってきた馬。その度に凡走していたが
僕が見限ったかしわ記念で復活V(笑)
その後は複勝圏100%とまだまだ元気一杯。
地方交流【9-3-1-3】は伊達ではなく
外枠を引いた時は【4-0-0-1】とほぼ無敵。
ただ、本命にすると凡走するので今回はこの評価にします。
ちゃっかり馬連の相手と三連複の2列目には入れると思いますが(笑)

△ アポロケンタッキー
昨年の勝ち馬だが、覇気がない。ゲートも遅い馬だし、
内枠からのレースも会わないだろう。

ロンドンタウン
放牧帰り、叩き1走目の混走は好走パターン。
だが、この馬の好走は内枠が条件。
さらに言えばG3でしか好走のない馬を(韓国は低レベルなので評価しない)
この舞台で重い印を打つ気持ちが全く起きない。
気持ち程度の抑え。

ヒガシウィルウィン
ジャパンダートダービーで中央馬を負かして勝利
鞍上も森泰斗騎手に戻り勝負気配は濃厚。
上にも書いたが、脚を溜めて最後の直線にかければ
一発馬券内に飛び込む力はあるだろう。
と言っても、3歳の地方馬。
連対までは難しいのでは?

以下、最終印のまとめです

人気ブログランキングへ
◯ 12 ケイティブレイヴ
▲ 3 サウンドトゥルー
激 10 インカンテーション
愛 13 コパノリッキー
△5.8.15

参考買い目

◎単勝

◎→◯▲激愛 馬連(枠連)4点
※地方競馬は馬連と枠連でオッズが激しく変わる場合があるので
より妙味のある方を買います。

◎→◯▲激愛  三連複6点
※おそらく印上位で決まると思います。

◎↔︎◯→▲激愛 三連単6点

◎→◯→印   三連複6点(抑え程度)

それぞれオッズ妙味を見て、ワイド2点とかが美味しいなら
そっちに一本にする場脚もあると思います。
三連複で散らすより1点買いの方が妙味ある時もあるので

 

以上。 東京大賞典2017の最終無料予想でした。

とにかく、絶対仕留めます!

予想されていて同じような印の方は、僕のブログを参考にされている方

ぶち当てて一緒に喜びましょう!

2017年の悔いを残さない渾身の無料予想なので是非参考にされてください!

それでは次回は的中報告の記事で!

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク