Pocket

東京競馬場最終レース2018.2.4の無料予想を中心とした記事です。

2018年の節分の日。

東京競馬場で行われる最終レースについて書きたいと思います。

鬼は外福は内と豆を投げていいたのは

何年前だっけか笑

今ではパチンコ屋で、当たらなくて

落ちているパチンコの球を拾っているレベル笑

パチンコの玉を投げられるぐらいに豪快に生きたいっすわ!

良い子のみんなは真似しないように。

え?

てか、東京最終レースって4歳上1000万下のレース?

そう!

あえてそのレースの記事を書くゼィ!

どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

最終レースといえば一発逆転のチャンスが詰まったレース!!

オレも昔は最終レースによくぶっ込んでいた・・・

最近はメインで息切れして最終レースまではなかなか買わないが笑

2018年の節分、2月3日の

東京競馬場の最終レース

全16頭で行われる芝1400mのレースです。

結論から言うと、このレースは買います!

しかも単勝と馬単1点勝負。

先に相手だけ教えちゃうわ。

(人気ブログランキングプロフ内に記載してあります)
人気ブログランキングへ
前走の内容が強すぎる。
出遅れから捲っての2着。
このクラスはいつでも勝ち負けできることを証明。
あとはゲートだけ。
今走は久しぶりに柴山雄騎手に手戻り。
普通に考えたらかなり弱化だが、馬の力を素直に信頼して
この馬を相手に据える。

個人的にはこの馬と本命馬しか買わないが、

もし他に買うならオススメの馬も教えちゃう。

ペルソナリテ
東京の1400は得意な最も舞台。
それに加えて今走はビッグレッドに放牧に出しリフレッシュ。
ここも好勝負に持ち込めるはず。

さて、ここからが本題。

まず先に本命を書いておこう。

◎本命ワイナルダム

なぜか?

競馬好きであるならば、この馬を応援したくなる要素があるからだ

今回本当に書きたいのはそのことについてなんだな〜

ま、馬券も当てたいし。

ワイナルダムには勝って欲しい!!

ま、その前に。

皆さんはサイアーラインってわかりますよね?

一応知らない人のために。

競馬はブラッドスポーツと言われています。

要は血統です。

血の繋がりからその馬の癖だったり、

得意な距離だったり、ダート・芝の適性も出たりする。

競争馬の生産者は色々なことを考えながら(妄想しながら)

繁殖牝馬にどの種牡馬をつけるのかを考えるわけです。

スピードに長けた馬を作りたいならあの馬。

スタミナを補いたいからあの馬。

などなど、書けばキリがないくらいに奥の深い世界なんです。

その中でもサイアーラインとは

父方の家系図を意味しています。

簡単にいえば、お父さんだけの家系図って感じでしょうか。

知らない人もいると思うのであえて書きますが。

サラブレッドの三大始祖がいます。

ダーレーアラビアン

バイアリーターク

ゴドルフィンアラビアン

父系を辿っていくと、必ずこの3頭のお父さんに行きつきます。

世界中にサラブレッド全てに同じことが言えるのです。

ですが、実は今そのバランスが大きく変わっています。

この画像を見てください。

世界の三大始祖のサラブレッド達の構成比です。

見てわかる通り、世界ではバイアリータークの血が

どんどん薄くなっていっています。

日本ではどうかと言うと。

日本だけに絞るとこうです。

ゴドルフィンアラビアンの子供の比率が0.014%しかありません。

日本でのバイアリータークの代表は

トウカイテイオーメジロマックイーンといったところでしょうか。

ちなみに、本日の東京新聞杯に出走する

グレーターロンドン

バイアリーターク系です。

母のロンドンブリッジの父はドクターデヴィアス。

このままいけばグレーターロンドンは種馬になれるんじゃないかと思っています。

問題はゴドルフィンアラビアン

そう、後継者が全くいません。

この図から見ていけば、現状の種牡馬は

サニングデールウォーニングあたり。

もちろん、その子供らの産駒もいますが。

現状スターホースは出ておらず。血が途絶えてしまう恐れがあるわけです。

ワイナルダムはサニングデール産駒の希望であります。

ワイナルダムが頑張って活躍できれば、種馬として血をつなぐことができるはず。

サラブレッドの歴史を途絶えさせないと言う意味では、

本当に頑張って欲しいと思う1頭なのです。

もちろん、ゴドルフィンアラビアンの血を受け継ぐ産駒は他にも走っています、

2018年にデビューし、藤田菜七子騎手を背にしている

フジジェットレディー、母の父のトーヨーリファールは

インリアリティ産駒です。

どちらにしても、現状の日本のレースでは活躍できていない

ゴドルフィンアラビアンの子孫達。

個人的な思いではありますが、

この血が途切れることなく、サラブレッドの歴史が

血が、受け継がれていくことを祈るばかりです。

私ごとではありますが、

個人的にTCCに加入しています。

TCCFANS 引退馬ファンクラブ

気になる方は見て見えください。

活躍した引退馬は種馬になったりしますが。

そうでない馬達はどうなっているのでしょうか?

そんなことを考えたこともないとは思いますが

非常に悲しいことに、多くは殺処分になってしまいます。

悲しいですね。

あのレースで興奮させてくれたあの馬が、

馬券も含めて思い出に残るあの馬が。

その後活躍できず、知らず知らずにこの世をさっていることもある。

なんだか寂しいですね。

ちなみに、

この問題に立ち上がった調教師は

角居調教師でした。

こちらもリンクを貼っておきます。→こちら

TCCFANS含めて、

よければ上のリンクから覗いて見てくださいね。

なんだかたまに真面目にかくと文章がまとまりませんが、

今日の東京の最終レース、

ゴドルフィンの末裔であるワイナルダムを全力応援したいと思います!!

お読みくださりありがとうございます。

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク