Pocket

根岸S2018の無料予想を中心とした記事です。

東京競馬場の開幕週で行われるダートの重賞。

前回の記事でも書いたように、根岸Sは圧倒的に早い上がりを使える馬が

上位に好走します。

今のオッズを見ていてても、明らかに早い上がりを使える馬が

上位人気しているようです。

では、根岸Sではどんな穴馬が好走するのか?

追い込み馬だけで決まってしまうのか?

2018年の根岸Sは雪の影響で

重馬場で行われることは間違いなさそう、

早速、根岸Sの穴馬を予想していきましょう!

どもども予想家のガクちゃんです。

僕はダート戦が好きなのですが、

特にフェブラリーSには思い入れがあるため、根岸Sは注目の一戦です。

何より、面白いのは根岸Sで勝つ馬とフェブラリーSで勝つ馬は

別の要素が求められるというのも面白い所です。

まあ、フェブラリーSに関しては来月になったら

がっつり書くので、その時に色々とポイントを書きたいと思います。

今回は傾向を調べながら、根岸Sの穴馬と好走しそうな馬を探していきたいと思います。

根岸S傾向

さて、差し馬・追い込み馬が活躍する

東京ダート1400。

理由はやはり直線の長さでしょう。

最後の直線距離が501.6mと日本のダートコースで最長距離。

この直線を逃げて粘り切るのは至難の技。

実際に過去10年の傾向で根岸Sを振り返ってみると

逃げ【0-1-0-9】
先行【2-3-3-31】
差し【4-4-3-49】
追込【4-2-4-40】

と、逃げ馬は皆無の成績。

ここにさらに年齢の傾向を加えて見ます。

4歳 【2-1-1-12】
5歳 【4-5-3-21】
6歳 【3-2-1-36】
7歳上【1-2-5-61】

と、若い馬の連対率が際立ちます。
理由は、早い上がりを使えるかどうかがポイントのコースなのが原因でしょう。
東京のダート1400自体は、先行・逃げ馬が活躍もしすが
重賞の根岸Sにもなれば、直線の追い比べを
制する馬が勝つ。そんなレースのなりがちです。
必然的に、若い馬の方がスピードに長けてはいるので
このデータにも納得ですね。

では、本当に追い込み馬だけで決まるのか?

と言われると・・・

実はそんなこともなく、ペース次第では
先行してそのまま脚を伸ばし馬券内に粘りこむケースも
あります。

実際に上の脚質別の傾向を見てもわかりますよね〜

先行【2-3-3-31】

実際はかなりの確率で先行馬が上位に入線しています。

2018年の根岸Sのメンバーでは

ベストウォーリアが先行脚質の馬では

上位人気していますよね。

事実、昨年の2着の実績も持っていますし。

あの時は追い込み馬が上位に台頭する中

唯一6番手から粘りこむという結果になりました。

その後はフェブラリーSでも2着に入線していて、

この舞台の適性は高いと感じる1頭です。

鞍上にC.ルメール騎手もまたがるので、必然的に

当日も力以上に人気はしそうですが。

ここで、結構重要な傾向をご紹介。

関東馬【1-0-1-33】

関西馬【9-10-9-88】

というように、圧倒的に関西の所属馬が優勢です。

まさしく

西高東低

昔も今も競馬は西の方が強者というような傾向ですよね〜

けれども、僕は近年関東の巻き返しが必ず起きると思っています。

その理由としては色々とあるのですが、

それについてはいつか書けたらいいな〜と思っております。

ポイントだけ書いておくと。

外厩施設の充実。

ですかね。

現代競馬は結構この外厩が重要になっていると思っているし

感じているので、少しづつ傾向やデータだけでは

競馬に勝てないようになっていくと思います。

話は飛びましたが、基本は関西の所属馬を選択した方が

いいということでしょうね。

2018年の関西所属馬は

アキトクレッセント
イーデンホール
カフジテイク
キングズガード
サイタスリーレッド
サンライズノヴァ
ベストウォーリア

うん、人気馬ばっかりですね笑

事実、根岸Sの過去5年を振り返って見ても

掲示板に入った関東所属馬は

たったの1頭。

しかも、アンズチャンん5着・・・

んー、買える要素がない笑

それでも、可能性はあると思うので、それを下に書いておきますね。

根岸S2018穴馬

さて、色々と傾向を見てきましたが

現時点で気になる穴馬をご紹介しておきます。

なんと、関東所属の馬です笑

(人気ブログランキングプロフ内に記載してあります)
人気ブログランキングへ

この馬を単純に評価したのは

近2走の内容、

確かに重賞ではにが思いかもしれませんが

前走のギャラクシーSでは、2018年の根岸Sで人気している

アキトクレッセントの2着。

これは決してブラフではなく、

普通に力だと感じました。

事実、東京の戦績

東京 【4-2-1-3】

と舞台相性はいい。

この穴馬。

一発あるかもしれません!

以上ガクでした!

The following two tabs change content below.
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク