Pocket

菊花賞2017の最終予想と見解を中心とした記事です。

台風が迫る中開かれる今年の菊花賞。

菊の大輪を咲かせるのはどの馬か?

2013のエピファネイアが勝利した以来の不良馬場で行われるこのレース。

混戦必死。オッズも割れ放題。

早朝時点で上位3頭がオッズ5倍台、正直ワクワクです。

なぜか?妙味しかないからでしょう!!

先週の秋華賞の勢いそのままに、このG1もぶち当てたいと思います!!

まずは土曜の傾向を探ってみましょう。

芝のレースは6レースありました。
2歳戦は割愛して8・9・10の3レースを中心に見ていくと…
逃げ馬が2勝。後方からの馬にはかなり厳しい馬場となっている。
ただ、東京とは違い、内側がまったくダメというわけでもない。
どちらかといえばフラットな状態。
日曜の傾向がどうなるかわからないが、大きく変化はしないはず。
この段階で、後方一辺倒の競馬しかできない馬は厳しい
それでも上位に差し馬は届いているので、
道中の位置取りがかなり重要になってきそう。

そして枠。意外にも3レース全てに大外枠のピンク帽が上位入線。
長距離レースの枠順は、本来かなり重要で。
内枠が有利は揺るがない。
菊花賞も同様に、過去5年で見ると

1枠 【2-0-0-8】
2枠 【3-1-0-6】
3枠 【0-0-0-10】
4枠 【0-0-0-10】
5枠 【0-0-2-8】
6枠 【0-2-0-8】
7枠 【0-1-2-12】
8枠 【0-1-1-13】

と、勝ち馬は全て内枠からです。

前回の記事でも書きましたが、今年は有力馬は中から外に集中。

内枠は伏兵馬がひしめき合っている。例年通り勝ち馬が内枠から出れば
馬連・馬単・三連複でも大きな配当が見込めそうですね。

 

さて、ここでもう一つ気になるのは外枠の成績でしょう。
勝ちまでは難しいが連対はしている。
今年の菊花賞は有力馬が外枠。
個人的には2017は外枠から勝ち馬が出ると考えています。

もちろん、土曜の傾向から内枠の先行逃げ馬の評価もしながら。最終見解を書いていきます!!

 

◎本命は…

この馬 ⇒   人気ブログランキングへ 

常に善戦マンで新馬戦以来勝利なし。
が、この馬の力は確実にG1級。
余裕残しプラス16kgで出走した神戸新聞杯では早め抜け出すも決め手の差で4着
その時の上位は終い加速力勝負で独占。
菊花賞に出走してくる2頭は大いに不安あり、道悪適性と展開面。

その時の条件が逆転するなら、必然的にこの馬が上位にくるだろう。
展開的に好位置におさまるのも良い。外枠は敬遠される材料だが、
菊花賞の舞台は最初のコーナーまでがそれほど長くなく、外から内に潜りやすい
決め手となるのはロングスパート。
ジリ脚のこの馬はどの条件をも満たしている。
馬場悪化も歓迎だし、鞍上も◎

陣営的にもメイチで作ってきているだろうし。状態も良。
追い切り栗東坂路組の好走率も重なって、買う要素しかない。
最後のタイトルを7枠から勝ちきるのは
2011以来のオルフェーヴルに次いでこの馬だ。

 

対抗は…

〇サトノクロニクル

前走のセントライト記念では3着。
池江厩舎は3頭出しだが、菊花賞向きはこの馬だろう。
陣営が春の段階で『菊花賞向き』と言っていたことからも勝負気配を感じる。
しがらき帰りの余裕残しの前走から、上積みもあるだろう。
テン乗りの福永騎手もこのコースを得意としているし
京都外回りでの実績も上位だろう。
厩舎が一番勝たせたい馬はアルアインかもしれないが、この馬にも十分勝機がある。

 

単穴は…

▲トリコロールブルー

前走はプラス32kgで出走。
1000万下で古馬との対戦を制した。
もともと実力のある馬で、春のクラシックのトライアルでは
2番人気、3番人気の支持されるほどだった。
残念ながら春は成績が結びつかなかったが、

一夏を越して馬が一変。
その後NF天栄に移してから、早めに厩舎に戻した。
早めに戻したことで輸送影響もなくなり、万全の状態で出走してこれるはず。
リーディングの戸崎が、わざわざ最終追い切りに跨りに来ていたことからも
人馬ともに臨戦態勢は整ったと思われる。
通常使ってきた放牧先のNFしがらき→NF天栄に変えてきたことも好材料
北海道で過ごした夏→天栄(福島県)→帰厩(栗東)
馬に過度のストレスもなく順調そのもので、
追い切りも、馬なりCW中心の内容。

血統の追い風もあり、
半兄のダノンジェラート・ワールドインパクトはともに菊花賞に出馬
7着10着と成績は上がってないが、舞台適性は◎。
道悪もこなすので穴ならこの馬だろう。

その他の印は以下

☆ミッキースワロー
前走メイチの分、出来オチ。
決め手勝負になれば力上位だが、枠と決め手の差し脚が届かず。
と言う結果も考えられる。あとは関東馬には分が悪いレースだ。

☆ウインガナドル
血統的には完璧だろう。好枠からの先行力も魅力で、渋馬場もこなす。
一度は本命にも考えたが、鞍上と関東からの輸送は不安。

☆アルアイン
力は上位。距離不安はもちろんの事、前走ミッキースワローに完敗しているのは
余裕残しという理由だけでは片付けられないだろう。それでも鞍上含めうまく立ち回れば
馬券内に絡んできてもおかしくはないか。

 

最終印まとめ

◎ 15 ダンビュライト
◯ 11 サトノクロニクル
▲ 5 トリコロールブルー
☆ 12 ミッキースワロー
☆ 2 ウインガナドル
☆ 16 アルアイン

△3.6.8.9.10.13.14

参考買い目

かなりな馬場状態で混戦必死なので手広くいきます。
小点数なら馬連とワイドでも十分に利益が出ると思います。

◎→◯▲☆          馬連5点(本線)

◎→◯▲           馬単2点(ボーナス)

◎→◯▲☆(アルアイン)→印  三連複30点(やや本線)

個人的には◎頭固定の三連単も少し買います。

 

その他のおすすめ馬&レース

一応、馬連などの参考相手も書いておきますが
個人的には単複でも充分に利益が出せると思っているので
少額で単複買います。

東京6R  ドウディ       参考相手 3.8.14.15

東京11R  メイショウウタゲ   参考相手 3.4.8.11.16

京都6R   ムイトオブリガード  参考相手 1.2.3.4.10

京都7R   スペードクイーン   参考相手 1.2.3.4.9

新潟9R   サチノクイーン    参考相手 5.7.14.17

新潟11R  ドリームドルチェ   参考相手 3.6.8.12.15

以上です!

かなりな悪天候で荒れ馬場ですが
本日も競馬を楽しみましょう!!

GRAのガクでした!

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク