Pocket

阪神カップ2017の血統分析・無料予想を中心とした記事を書いていきます。

ガクちゃんの競馬予想ブログへようこそ!

前回 ⇒ 【阪神カップ2017】無料予想&出走予定馬分析|先週の結果

こちらはもうご覧になられましたかね?

前回は阪神カップ2017予想オッズと上位人気しそうな

出走予定馬分析を行いました。

さらには、激走の可能性のある穴馬も紹介してますので

ぜひご覧ください!

今回の阪神カップの記事は 血統 と 展開 に注目して

無料予想していきたいと思います!

有馬記念weekということで、多少軽視されがちな阪神カップですが

2017年はシルバー・ブロンズコレクターの近年の代名詞

G1では2着2回、3着3回。

これだけ力があってG1勝利は皐月賞の1勝のみ。

そう、阪神カップは

イスラボニータのラストランなのです。

さらには、ダートG1チャンピオンのモーニンは初芝参戦

2017年桜花賞馬のレーヌミノル

前走のマイルCS3着の成長著しい3歳馬サングレーザー

怪物フランケル産駒のミスエルテにモズアスコット

昨年の覇者シュウジ

スプリント転向後2戦2勝、復帰戦のシャイニングレイ

などなど

かなり豪華な顔ぶれ。

有馬記念はもちろん楽しみですが、

阪神カップも相当盛り上がるメンツが揃いました!

ということで、前回は出走予定馬分析を行いましたので

今回は血統予想をします!!

阪神カップ2017血統分析

まずは過去3年分の阪神カップ上位馬の血統から
みていきましょう。

※いつもながら ノーザンダンサー系は ⇒ ND
サンデーサイレンス系は ⇒ SS と略します。

■16年
1着 シュウジ
父:キンシャサノキセキ(SS系)
母父:キングマンボ(キングマンボ系)

2着 イスラボニータ
父:フジキセキ(SS系)
母父:コジーン(グレイソヴリン系)

■15年
1着 ロサギガンティア
父:フジキセキ(SS系)
母父:ビッグシャッフル(ボールドルーラー系)

2着 ダンスディレクター
父:アルデンバランⅡ(ミスプロ系)
母父:サンデーサイレンス(SS系)

■14年
1着 リアルインパクト
父:ディープインパクト(SS系)
母父:メドウレイク(プリンスローズ系)

2着 コパノリチャード
父:ダイワメジャー(SS系)
母父:トニービン(グレイソヴリン系)

上記の近年のデータからは、特に
父系にスピード能力の高い短距離~マイルタイプのSS系
馬の活躍が目立っている。
その分、母系にはスプリント血統というよりは
スタミナ・パワー系のキングマンボ系や
グレイソヴリン系など、欧州のスタミナ系
血統が本レースには望ましい配合のようだ。

と言うことで、いろいろ調べてみた結果。

血統予想からの本レース適性が高く、
この条件で好走の可能性のある穴馬はこちら

現時点では16番人気

ムーンクレスト(藤岡佑)
父:アドマイヤムーン(ミスタープロスペクター系)
母:ビューティーコンテスト(ND・サドラーズウェルズ系)
アドマイヤムーン産駒は500万下以上の阪神芝1400mの成績
【7-8-10-48】と複勝率34%・単複とも回収率100%超えと
舞台適性は血統からは抜群と言える。
過去傾向からの父:スピード系、母:スタミナ系にも
当てはまり、バランスのいい配合のマイラータイプ。
阪神の成績【1-3-3-5】と適性も高く
1400mでも成績を残している。
重賞では1枚足りないと思われがちだが、今回の場合
後ほど書く展開が、この馬にぴったりと合致しそう。
全く人気はないが、抑えておいて損のない馬だ。

次に

モズアスコット(Cデムーロ?)
父:フランケル(ND・サドラーズウェルズ系)
母:インディア(ND・ストームバード系)
上記とは逆パターンとなるが
父が欧州的なパワーとスピードを持ち合わせ、さらに
母系も軽快なスピード系なのでこの1400mの舞台には
もってこいの配合。
一族には重賞で勝利した馬も多数いる実力系の血統。
人気馬ではあるが血統からも上位の可能性大。
阪神では【1-0-0-2】と成績は上がっていないが
1400mに転向後2戦勝。
特に前走は圧巻のパフォーマンス。
こちらも展開面で触れるが、持続力という意味では
3歳でも、期待の置ける1頭だ。

 

イスラボニータ(ルメール)
父:フジキセキ(SS系)
母:イスラコジーン(グレイソヴリン系)
昨年2着という実績からも本レースの適性は実証済み。
牝系の近親には重賞の勝ち馬は乏しいが、父系の
スピード能力の高さと息の長い末脚が使えるという
特徴がよく出ており本来はマイラータイプではあるが
阪神内回りの舞台適性はかなり高く距離も問題ないだろう。
フジキセキ産駒と言えば、15年にもロサギガンティアが勝利しており
血統予想としてもマッチする。
ラストランを勝利して終わるには十分な血統だ。

 

ミスエルテ(川田)
父:フランケル(ND・サドラーズウェルズ系)
母:ミスエーニョ(エーピーインディ系)
モズアスコットと同じく父がスピードとパワーに特化した
欧州血統で、母・祖母が米GⅠ勝ち馬という良血。
代々スピードとパワーに優れた種牡馬が配合されており
距離も1400m~マイルがベスト。
阪神芝1400mという舞台は初ではあるが
血統からはこのレースの結果により抜群の適性の
実証となり得るほどだ。
対応的にも瞬発力勝負には向かないタイプで
だらっと脚を使える阪神向き。
コース実績は【1-0-0-2】と奮わないが
精神面の成長さえあれば好走出来る能力はある。

 

阪神カップ2017血統分析|無料予想まとめ

展開のことについても触れたかったのですが、文字数があまりにも多くなるため

次回の記事、もしくは最終結論でこのレースの傾向と展開について

しっかりと書きたいと思います。

上で血統予想をしてきましたが、その中でも

面白い穴馬はこちら

(人気ブログランキングプロフ内に記載してあります)
人気ブログランキングへ

父ダイワメジャー(SS系) 母フローラルグリーン(49系)
父父サンデーサイレンス 母父フォーティナイナー(ミスプロ系)

近親なども考えると、ダート血統でタフな馬場が得意。
開幕後半の荒れた馬場なら力を存分に発揮出来るし
同血統の半兄は芝でも活躍、
阪神競馬場も得意としており、適性は十分。

阪神カップ2015年の2着馬ダンスディレクターも同型の血統で
裏付けもある。

尚且つこの馬の阪神の成績【1-3-0-2】

重賞は3度目の挑戦も、前走の京阪杯では
力のある実力馬を差し置いての2着。
京都が舞台のレースであったが、あのレース展開こそが
阪神カップでは活きる内容。

さらに言えば今走の調整はNFしがらき

しがらき帰りの成績【4-7-1-1】

GRAの見解からしたらこの馬が現時点で9番人気なのが
理解できない。
血統予想からも、過去の実績からもこの馬が穴を開けるのは
かなり高確率で阪神カップの掲示板に名前を挙げてくるだろうと
予想している。

一点、マイナス材料があるとしたら

一見最高の鞍上の大野拓弥

この馬の成績【2-2-0-0】

紛れもなく、馬は手中におさめているが!

この騎手。2016年阪神芝【0-0-0-2】

2017年【0-0-0-4】と、戦績も少なければ

成績も上がっていない。

阪神芝1400内回りは特殊なコース。
鞍上の不安は大きな懸念であることは間違いない。
かつ、阪神カップは独特な展開になる。

以上。 阪神カップ2017血統分析|展開・無料予想でした。

The following two tabs change content below.
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク