Pocket

チャレンジカップ2018の外厩予想を中心とした記事です。

12頭と小頭数のレースではありますが、来年の活躍にも期待がかかる馬が出走。
なんと言っても注目はレイエンダでしょうか。
レイデオロの下ですからねー。

ここから一気に活躍するのか?まだ4戦しかしていないので、
その力は未知数。

あとは天皇賞・秋で放馬したダンビュライト
精神的な面をノーザンFしがらきでどこまでケアできたか?

距離が変わってからまだ4年ではありますが、
何と言っても来年の大阪杯と同じ舞台。
ここを突き抜けて勝つようであれば、また一つ楽しみが生まれそうな予感がしています。

どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

人間に重要な睡眠。

皆さんはどんな布団やベッド、マットレスで眠っているでしょうか?

ちなみに、僕の数年前は、

自分の部屋なのに寝袋で寝るという

訳のわからない状況で日々をすごしておりました笑

テーブルの上に布を一枚引いて眠ることもあったり笑

最終的には部屋に椅子を一つ置いて、

そこに座って眠るという日々を過ごしてもおりました笑

 

それからみると、いまの僕の住居の環境は

まさに、

ガラリ一変!

まーもともと住むところなどにそこまでこだわりが無いタイプなのでね。

PCで作業ができて普通に生活できればどこでも良いのは間違いないですが笑

 

さて、時間もお昼になってしまいましたし汗

サクッと予想に入っていきます。

チャレンジカップ2018予想オッズ

チャレンジカップ2018予想オッズ

1レイエンダ 2.2
2エアウィンザー 3.1
3ダンビュライト 6.4
4マウントゴールド 13.4
5ステイフーリッシュ15.7
6トリコロールブルー15.8
7マルターズアポジー16.9
8ダッシングブレイズ36.1
9ロードヴァンドール37.9
10ケントオー 146.1

人気は3頭に集中。
はたしてレイエンダはこの人気で突き抜けて勝てるのか?
良血馬どうしの戦いになるのか?
伏兵が台頭するのか?

買い方によっては妙味があっても良いレースになるかもしれませんね。

 

チャンピオンズカップ2018出走予定馬外厩分析

出走予定馬の外厩分析。

 

レイエンダ

外厩・ノーザンF天栄 【3-1-0-0】

まーここまでパーフェクトな成績を築いてきました。
しかし、同世代の一線級とやりあったのは、
前走のセントライト記念が初めて。
結果はジェネラーレウーノにまんまとやられ、
差し届かずの2着。
今走は初の関西輸送。はたして力が出し切れるのか?

まーそれでも、NF天栄&ルメール&藤沢には逆らいづらいか・・・

 

エアウィンザー

2走前社台ファーム山元TC

なんといっても堅実という言葉が一番合う。
さらには終いの脚の確実性。
阪神の舞台は好相性。来年を見据える上で、ここは勝ちたいところだろう。
満を辞しての在厩調整も、
ここまで一切問題なし。
力は出し切れる状態。

 

ダンビュライト

外厩・ノーザンFしがらき 【2-1-3-5】

外厩帰りだからと積極的に買うタイプでは無いが、
キャリアで言えばこの馬が格上。
重賞初制覇には時間がかかったが、2走前のオールカマーでも
レイデオロ・アルアインに食い下がる3着。
改めて力を見せた。
天皇賞・秋ではテンションが上がりすぎて放馬。
今走は、サンデーレーシングが北村友一に騎乗を促した。
このことについては過去の記事で触れたので大きくは書かないが。

ただ、その北村友一の騎乗にここのところ精細さを欠いているのは事実。
それはレース後のコメントを見れば明らかだと思う。
個人的には将来性のある騎手だと思ってはいるが、
現時点でダンビュライトをうまく乗りこなせるかと言われると、
いささか疑問が浮かぶ。
レース前のパドックと返し馬を見るまでは評価をつけづらい一頭だが、
個人的には軽視の方向でいく。

ただし、脚質的にも傾向も、この馬にマッチするレースで間違いはないだろう。

 

マウントゴールド

外厩・グリーンウッド 【1-0-2-4】

評価すべきは小倉記念の3着。高速馬場でのあのレースは見事と言って良い。
勝ったのが小倉巧者のトリオンフ。
そして昨年のチャレンジカップのサトノクロニクルにつぐ3着。
マルターズアポジーを見ながらのレース運びを考えると、
必然的にチャンスは巡ってきそう。

 

ステイフーリッシュ

外厩・グリーンウッド 【2-0-0-1】

神戸新聞杯で本命を打った本馬。
ここにきての外厩をグリーンウッドに戻してきたこの臨戦態勢。
狙ってくれと言わんばかりの状況。
力さえ出し切ればチャンスはある。
神戸新聞杯でも直線はそこまでバテてないし、
この距離短縮で、脚がたまるようなら、弾けてもおかしくは無いだろう。

 

トリコロールブルー

外厩・ノーザンFしがらき 【4-1-1-1】

鳴尾記念で3着と、この舞台で結果を残している馬。
近2走はNF天栄で調整していたが、ここにきてしがらきに戻してきた。
関西圏では信頼性のたかい一頭。
前走を叩いた上積み&外厩効果で侮れない一頭だろう。

 

チャレンジカップ2018外厩分析最終予想

マルターズアポジーが逃げ、ロードヴァンドールが2番手。
3番手にはマウントゴールドあたり。

開幕週の馬場ではあるが、この前を行く馬だけでは決まらないはず。
なにしろ後方にレイエンダとルメールがいるわけで、
一筋縄ではいかないレースになるだろう。

案外と、力関係は拮抗している。
特に開幕週の馬場をどう乗りこなすかがポイントになる。

さてさて、ガクちゃんの本命やいかに!?

 

◎本命はこちら  人気ブログランキングへ

ここを皮切りに一気に中距離路線で花開く。
ベストパートナーとのコンビで、
来年に弾みをつけるレースになるはず。
陣営も充実期と話すこの馬。
一気にスターダムにのし上がるのではないだろうか。

 

○対抗はステイフーリッシュ

今一度この馬を狙いたい。
ここで好勝負できないなら、今後は厳しい。
開幕週の馬場は会うはずだし、
期待を込めた対抗評価。
藤岡佑介が思い切ってルメールやデムーロより早めに動けるかが鍵になる。
理想は3コーナーから徐々に進出する形か。
上位の馬を見る形で動くなら、届かない可能性はある。

 

▲単穴はトリコロールブルー

もともと大崩れのないタイプだし、
終いの脚は堅実タイプ。得意の舞台。
上位を争える力は十分にある。
しっかりと追う岩田もいいだろう。

 

ダンビュライト

テンションが鍵になるが、道中の位置どりを考えると展開が向く。
小頭数で、下手に馬込みに紛れることもないし、
まともに走れば勝ち負けまであって良い。
ただし、まともに走れればだが。

 

マウントゴールド

前行く馬で怖いのは武豊とこの馬か。
逃げにはまったくこだわらないし、
マルターズアポジーのこともよくわかっている騎手。
どこでしかければ良いのか、
長めに追ってどこまで粘れるかがポイントも、
開幕週の馬場なら十分にチャンスはある。

 

チャレンジカップ2018最終印

人気ブログランキングへ
○ 10ステイフーリッシュ
▲ 11トリコロールブルー
☆ 3 ダンビュライト
穴 2 マウントゴールド
△5.7.8

2重賞を仕留めていきたいですね!

今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

2,253,200円です。

乗るか、反るか。それはあなた次第ですが
ここまで当たるサイトというのも正直珍しい。。。

いわゆる「情報サイト」で、怪しい…そんな風に思う方も少なくないでしょう。
しかし今なら新規登録で1ヶ月の保証サービスもあるんです。
これって、いわゆる、自信があるからこそ。

まあそういうことですよね(笑)

先週に関しても最大利益は上記でも上げたとおり200万オーバーの馬券

なのですが!

下記のような結果を毎週のように出しているのだから驚きです・・・。

稼げる競馬予想。

本当にこの言葉が似合うサイト「競馬予想ルクリウス」

競馬予想の成功者が自分の味方!そう思うと心強くないですか!?

はっきり言ってこの機会を逃すことほど損な話はないので

今なら1ヶ月の保証がついているわけですから乗ってみるべきですよ。

▼登録は当然無料!こちらから▼

 

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク