Pocket

フェアリーステークス2019の外厩予想を中心とした記事です。

週初めの登録の段階で、ノーザン系外厩帰りの馬が、
8頭も登録、社台系が2頭。
結果的に、サンデーレーシングの2頭が出走できず。

これによりノーザン系の馬が5頭、
社台系が1頭のみの参戦となった。
大きな力のない生産牧場の馬にも、チャンスが巡ってきたとみて良いだろう。

それでも、ノーザン系が5頭、M.デムーロを含め騎手も揃えてきた。
過去5年で見ると、このレースに最も多く出走しているのは
もちろんノーザンF生産馬で、その成績も【1-1-3-14】と
数にものを言わせてタイトル獲りに動いているのが手に取るようにわかる。

それでも、それ以外の牧場の馬も3勝、3連対していることから、
伏兵から馬券を攻めても面白いレースであると言えるだろう。

どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

昨日より外厩師匠という字名をいただきました笑

その名の通りですが、弟子をとったことはありません・・・

といっても、誰かから慕われるのは嬉しいですね!!

 

さて、早速な話ですが。このフェアリーステークスというレース。
一昨年から一気にある外厩に成績が偏りました。

それはもちろん

ノーザンF天栄

2018年はプリモシーン・レッドベルローズが入線していますが、
それ以外にもテトラドラクマ・ライレローズ・デュッセルドルフが参戦。

2017年はアエロリットが2着。
もちろん、それ以外にヒストリア・コーラルプリンセス・キュイキュイなども
ノーザンF天栄帰りで出走してきました。

2019年のフェアリーステークスも流れは同様です。

ノーザンF天栄帰りの馬は・・・

・エフティイーリス
・アマーティ

この2頭が出走してきます。
(コントラチェック・ルガールカルム・コントラチェックは出走せず)
できればノーザンFからすると、5頭を送り込みたかったでしょね。

今年はノーザンF天栄帰りの馬以外でも
台頭してくる可能性はできたとも言えるでしょう。

てことで、フェアリーステークスの予想をしていきましょうかね!

 

フェアリーステークス2019予想オッズ

フェアリーステークス2019予想オッズ

1 アクアミラビリス 2.2
2 レーヴドカナロア 2.5
3 アマーティ 5.5
4 フィリアプーラ 10.2
5 ホウオウカトリーヌ 16.3
6 グレイスアン 26.2
7 エフティイーリス 27.0
8 チビラーサン 36.4
9 アゴベイ 54.9
10 ウィンターリリー 122.9

M.デムーロ騎手が騎乗のデビュー2戦目のアクアミラビリスが人気。
マイルに距離を伸ばして、そのセンスを生かせるか?
レーヴドカナロアがついでの人気。
アマーティは骨折の影響は気になるものの、前走の実績が評価で人気。
それ以外の馬は混戦模様。

んー、圧倒的に抜けた馬はいない印象。
どうやら2019年のフェアリーステークスも荒れる気配は漂ってますね。

 

フェアリーステークス2019出走予定馬外厩

※外厩評価とは、S>A>B>C>Dといった風に、その馬や厩舎との相性、
期待値を総合して評価を出しています。
人気馬でCなどがつく場合は、外厩との相性が極めて悪く、
怪しい人気馬ということです。

アクアミラビリス

外厩評価 B +
グリーンウッド 中7週
外厩帰り 前走は社台F山元TC
グリーンウッド-吉村    【1-6-9-53】 複勝率23%
グリーンウッド-社台RH 芝 【17-19-12-84】 複勝率36%
中山実績 初・1600成績 【1-0-0-0】

社台RHで芝のレースといえばグリーンウッド。
近走では、ギベオン・ステイフーリッシュ・リバティハイツ・ヴァンドギャルドなど。
ヴィクトワールピサ産駒の回収率も良いコースで、
初のコースにはなるが、大きな不安はなさそう。
デビュー戦で輸送を経験していることも、ここでプラスに働きそう。
ただし、新馬戦のレベルは決して高いとはいえない。
半姉クイーンズリングは中山コースを非常に得意としていたし、
M.デムーロ騎手の継続騎乗ということで、期待は高まるところだが、
人気ほど信頼軸とは言い切れないのではないか。
それでも、この陣営ならば諸部気配は高いか。

 

レーヴドカナロア

外厩評価 A
ノーザンFしがらき 中9週
外厩帰り 初
ノーザンFしがらき-斎藤    【15-16-11-114】 複勝率26%
ノーザンFしがらき-シルクR 芝 【26-27-19-123】 複勝率36%
中山実績 初・1600成績

距離延長に関しては非常に好印象。
何よりも、デビューから2戦は北海道のノーザンFでの調整。
ここにきて精神面での成長と、素質を引き出すために
ノーザンFしがらきに入れてきたという事で間違いはない。
シルクRといえばノーザンF天栄というイメージがかなり色濃く出ているが、
重賞勝ちこそ恵まれないものの、
昨年末にはインディチャンプが力を見せつけOP入り、
ストロングタイタンが中日新聞杯で3着と激走、
栗東所属のシルクRの馬の活躍も目立ちつつある。
条件替りのここで、巻き返しを図る三段だろう。
それでも、この人気で狙いたいかと言われると、疑問はある。
厩舎の主力外厩という点と、昨年プリモシーンで手応えを感じている
クラブ馬、注意は必要だろう。

 

アマーティ

外厩評価 B
ノーザンF天栄 中13週
外厩帰り 【1-0-1-0】
ノーザンF天栄-斎藤    【9-5-5-44】 複勝率30%
ノーザンF天栄-吉田勝己 芝 【17-16-8-47】 複勝率46%
中山実績 初・1600成績 【1-0-1-0】

今思うと、ノーザンF天栄帰りの2頭共に、ルーラーシップ産駒。
骨折の影響は中間の追い切りなどをみても問題はなさそう。
外厩でギリギリまで乗り込み調整をしたのだろう、
トレセンへ戻ったのはメンツの中でも最も遅い12/22。
トレセンに戻ってからの稽古の内容が軽かったとしても、
それに関しては外厩でフォローしているはず。
吉田勝己の馬に三浦皇成がまたがると、やけに好成績が出るのは
一部の人間にはよく知られた話。
馬体を増やしてくるぐらいで出走できれば、さらに飛躍もあって良さそう。

 

フィリアプーラ

外厩評価 C
前走ノーザンF天栄 中2週
中山実績 【1-0-0-0】・1600成績【1-0-0-0】

この馬は前走の内容とその時計が優秀。
後方からの馬に展開が向いたレースではあったが、その勝ちっぷりは見事というレース。
終いの脚を生かすタイプなので、展開に左右はされそう。
ただし、小柄な馬なので、中2週でのレースに不安はある。
面白い1頭ではあるが、鞍上含め上位人気では狙いにくい。

 

ホウオウカトリーヌ

外厩評価 C
前走ブルーS 中4週
中山実績 【2-1-0-0】・1600成績

距離延長が鍵になるものの、掲示板を外したのは新馬戦のみの堅実さは光る。
立ち回りのセンスの良さと、どんなレースにも対応できる力がある。
ここでも相手なりに走ってきそうではある。
しかし、外厩的には見劣りするのは事実。
馬は良いが、それを引き出す能力が
陣営と騎手にどこまであるかを問われるレースになる。

 

現時点で上位人気に押されそうな馬を外厩分析してきましたが、
なかなか混戦ムードがやはり漂う。まだ書いてない外厩馬もいるので、
そちらは別に書こうと思います(LINE@になるかも)。

それ以外の馬についてはLINE@で短評を公開しようと思います。

友達登録まだの方!よければ登録お願いいたします!!

 

フェアリーステークス2019外厩分析まとめ

ざっと見てきましたが、

現時点で気になっている一頭がこちら・・・
↓↓↓↓↓こちらをクリック↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

やはり気になるのはこの馬だろう。

もともと距離を伸ばしてきた方が良いと思っていて、

前走で一気に伸ばしてきた。

好枠は1ハロン短縮の舞台替りだが、

ジリッと伸びるこのタイプと、

早めに追い出しをかけれる位置さえ取れれば、

条件がバッチリはまる可能性は高い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

このサイトはガクちゃんも登録しているサイトです!
外厩情報なども得られます!まずは無料登録してその情報をゲットしましょう!!

<第66回 日経新春杯>

正月開催の目玉★大人のお年玉馬券★

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の優勝馬パフォーマプロミスは日経新春杯で初重賞制覇。後にアルゼンチン共和国杯を制し有馬記念にも出走。また、17年の優勝馬ミッキーロケット(皐月賞13着・菊花賞5着)、16年の優勝馬レーヴミノル(ダービー5着)、15年の優勝馬アドマイヤゼウス(皐月賞9着・ダービー7着)、14年の優勝馬サトノノブレス(菊花賞2着)は3歳時にクラシック路線に出走していたように、クラシック出走馬の活躍が目立つ。

ここ10年、人気馬の成績では、1人気[3.4.1.2]、2人気[4.1.0.4]、3人気[0.3.0.7]と1.2番人気の活躍が目立つ。また、15年フーラブライド(10人気2着)、13年カポーティスター(10人気1着)、10年レッドアゲート(12人気3着)、09年テイセムプリキュア(11人気1着)など、ニ桁人気馬が好走。平均配当では、馬連3480円、3連複1万0890円、3連単6万3290円。馬連万馬券が2度、3連単では10万馬券を超える特大馬券が2度出ている。年齢別の成績では4歳馬が7勝(2着6回)、5歳が2勝(2着3回)、6歳馬が1勝(2着1回).7歳上は連対なしと4歳馬が圧倒的に強い。

今年の日経新春杯には人気にならないとある厩舎の隠し玉が出走!競馬セブンでは早くからココ狙いの激走穴馬のスクープ情報を極秘入手!正月開催の目玉となるお年玉情報『日経新春杯』は絶対にお見逃しの無い様にご注意下さい。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日経新春杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第66回 日経新春杯>

正月開催の目玉★大人のお年玉馬券★

3点勝負買い目を無料公開

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク