Pocket

ギベオンが出走する中日新聞杯2018の外厩予想を中心とした記事です。

土曜の中京のメインレースのG3はハンデ戦の中京・芝2000mの戦い。
昨年はメートルダールが後方から差し切りました。

中京の長い直線ということで、
差し馬有利に捉える方もいるとは思いますが、
案外立ち回り力がある馬が上位に台頭するレースでもあります。

先週の馬場傾向を見ても一目瞭然ですし、
開幕2週目の馬場がいきなり差し馬場に変わるとは思えません。
今週は週初めから雨も降り、
その辺りが馬場にどう影響するかはわかりませんが、
週末は天気も持ち直しますしね。
相手関係・枠順を見ながら最終予想はしていきたいです。

今日は外厩分析しますので、よければご一読くださいませ。

どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

この写真がチアドラゴンズなのかなんなのかわかりませんが、

抜群に可愛くもなく、飛び向けておブスでもなく。

いかにも愛知県!!!

って感じで微笑ましく思う今日この頃。

 

あなたもチアドラゴンズにオーディションから参加しませんか!!

そう、僕は野球を見ないので知りませんでしたが、

普通にオーディションから入れるようです。

きっとこのブログを見ている方は、

チアドラゴンズに入りたいはず!!!

んなわけないか・・・

 

よし。

来年はガクちゃんズ(チアガール)を募集し、

チアガールの声援を受けながら予想をしよう、そうしよう。

 

んな話はどーでもええか。

本日は非常にツボにはまったブロガーをお勧めします笑
Twitterで仲良くさせていただいてる方ですが、
朝にこのブログ記事を読んでウケてしまいました!
↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
コロ助♡パパ競馬ブロガー・馬名分けっこ遊び

いやー、このネタはやられました!実際に僕もこのゲームやりたくなりましたもん笑
競馬の記事もちゃんと書いてらっしゃいますので、
ぜひご一読くださいませ!

て、俺は自分のブログの宣伝でなくて、
なぜ人のブログを紹介してしまうのだろう・・・

だって、おもろいんだもんしょうがない笑笑

そろそろ競馬の話をしましょう!

予想オッズから見て行きます!

中日新聞杯2018予想オッズ

中日新聞杯2018予想オッズ

1 ギベオン 2.8
2 グレイル 4.1
3 メートルダール 4.3
4 マイスタイル 6.4
5 ドレッドノータス 7.3
6 ストロングタイタン 14.8
7 ハクサンルドルフ 25.0
8 エンジニア 25.8
9 アメリカズカップ 33.0
10 レイホーロマンス 48.4

タイトルにもあるように、外厩先を変更してきた
ギベオンが人気。
前走のセントライト記念の敗戦を尻目に、期待を込めた人気か。
同じく3歳馬グレイルが続き、昨年の覇者が斤量は増えるものの、
上位人気に名を連ねる。

そのあとに人気になるのが先行馬なので、
この辺のオッズ構成はファンも非常に傾向やデータを参考にしているってことか。

ハンデ戦ということで、荒れるときは荒れるが、
案外上位人気はすんなり好走する。
重要なのは、軸馬の選定ってところなのかも。

ではでは外厩分析と行きますか。
気になるギベオンの外厩変更とは??

 

中日新聞杯2018出走予定馬外厩分析

出走予定馬の外厩分析。

※外厩評価とは、S>A>B>C>Dといった風に、その馬や厩舎との相性、
期待値を総合して評価を出しています。
人気馬でCなどがつく場合は、外厩との相性が極めて悪く、
怪しい人気馬ということです。

 

ギベオン

外厩評価 A

グリーンウッド 中11週

外厩帰り 初

グリーンウッド-藤原 芝 【8-5-4-25】複勝率40%

中京実績 初

2000成績【1-0-0-0】

左回り 【1-1-0-0】

C.デムーロ騎乗【1-0-0-0】

C.デムーロ-藤原 【3-2-1-7】複勝率46%

今までは社台F山元TCを使ってきた。新馬戦と前走のセントライト記念。
前走は休養明けという事と、中山での開催ということもあり山元だったかも、
では今走のグリーンウッドに変えてきたのはなんでだろう?
ってところ。

藤原厩舎としては、どちらにしても成績が上がっており、
はっきり言って使い勝手の良いところに預けたと言って良さそう。
外厩・グリーンウッドは栗東トレセンから車で30分足らずの位置
前走のレース後に、リフレッシュと乗り込みを踏まえての放牧と見て良い。
(ちなみに山元TCは宮城県です。)

生産・社台ファーム 馬主・(有)社台レースホース
なので、どちらに預けても扱いに変わりない。

グリーンウッドの良さはどこかと言われると、
全天候型の施設であるということが大きなポイント。
坂路コースを比較にすると、

山元TC             全長750m 最大勾配9%
グリーンウッド 全長600m 最大勾配3%

坂路という点だけでみると、山元TCの方が良いとは言えるかも。

次に、本年の社台F山元TCとグリーンウッドの成績を見比べてみよう。

社台F山元TC 【109-95-99-759】
重賞勝利数 G1・1勝 G2・1勝 G3・4勝
※G1はルヴァンスレーヴ

グリーンウッド 【100-86-87-908】
重賞勝利数 G2・2勝 G3・4勝

まーどちらにしても素晴らしい成績ってことか。
それでも、山元TCは昨年よりも大きく勝ち星を伸ばしていて、
芝では昨年の勝ち星をすでに20勝も上回っており、勢いは山元TCってところか。

結論どうなんだい?!って話だが、
個人的な見解としては、ギベオンの今回の外厩変更は
乗り込みをメインとしているわけではなく、
やはり、リフレッシュがメインなのではないかと思う。

もともと、新馬戦以降の3戦は厩舎において仕上げてきたが、
前走山元帰りの休養明けのセントライト記念で凡走、
レース後の戸崎騎手のコメントでは、

4コーナー手前から手応えが怪しくなり、そこから伸びず。
敗戦理由がよくわかりません・・・

ほうほう。なるほど。

精神的な部分で集中力が続かなかったという判断で、
個人的には、グリーンウッドでその辺をケアしたいってところか。
そうなると、
どうにも軸には不向きな気がしてならない。

春までの力を出し切ればもちろん力上位だが、
全兄のサトノルーラーのことを考えると、ここで一気に気合が乗るというのは
正直いってどうなんだろうか?
まー、最終追い切りには注目が必要だ。

最後に、グリーンウッドと社台F山元を使い分けながら成績を出してる馬がいる、
それはオメガパフューム
シリウスSを山元帰りで勝利し、JBCクラシックをグリーンウッド帰り。
チャンピオンズCは5着でしたが、個人的には上々のレースだった。

そう考えると、ギベオンの変わり身があるかもしれないし、
ないかもしれないし。

んー、難しいwww

 

グレイル

外厩評価 B-

ノーザンFしがらき 中6週

外厩帰り 【0-0-1-2】

NFしがらき-野中 芝 【0-0-1-6】複勝率14%

中京実績 初

2000成績【2-0-0-1】

左回り 【0-0-0-2】

津村騎乗 初

津村-野中 【0-1-0-3】複勝率25%

セントライト記念の終いの脚には見応えあり、
後方の馬に展開が向く流れではあったが良いレースだった。
菊花賞では出遅れが響き見せ場もなく直線伸びを欠いた。
左回りが云々、とにかく課題はゲート。
坂のあるコースは問題ないとは思う、
あとは津村がどう騎乗するかだが、
展開的にこの人気で積極的に買いたいとは思えない。

外厩との相性もそうだが、
野中厩舎はダート馬が得意。
芝のレースでは割引が必要だろう。
が、中間の追い切りでは遼馬を突き放す内容。
状態に関しては悪くはなさそう。

 

メートルダール

外厩評価 A

ノーザンF天栄 中13週

外厩帰り 【3-1-2-4】

NF天栄-戸田 芝 【7-6-10-22】複勝率51%

中京実績 【1-0-0-1】

2000成績【4-1-2-2】

左回り 【5-1-3-3】

福永騎乗 【1-2-2-1】

福永-戸田 【16-16-17-93】複勝率34%

福永騎手は戸田厩舎の主戦みたいなもの、
前走に続き手綱を握るのはプラス要素でしかない。
昨年はC.デムーロ騎手が見事に勝利に導いた。
前走の新潟記念は相手が悪すぎた、ブラストワンピースと
変わりない脚色だったし、実力的にはこのメンバーでは
上位評価でまちがいはない。

過去走を見ればわかる通り、斤量58kgで
ハクサンルドルフに勝ち切っているし、
上に書いた新潟記念も、斤量差は3kgもあった。
今回の斤量で人気が落ちるなら、昨年の対抗評価同様に、
今走も重い印を打っても良いかもしれない。

 

マイスタイル

外厩評価 B +

前走ヒイラギS 中3週

中京実績 初

2000成績【2-3-0-3】

左回り 【0-0-0-2】

田中勝騎乗 【2-2-0-2】

田中勝-昆 【2-2-1-7】複勝率41%

前走で初のヒイラギSawajiに入れてきた。
本年度から本格稼働している外厩先だが、
初年度からものすご勢いで成績をあげている。

代表格はグリム
ヒイラギS帰り【2-0-1-0】
マイスタイルも前走で2着と健闘しているし。
先週のチャレンジCの覇者ダイメイフジもこの外厩を使っていた。

なんやこのヒイラギSって?!
って、昔にもかいたと思うが。

あの(株)カナヤマHDのグループというわけです。
なので、グリムがこの外厩から活躍するのもうなづける。

左回りが久しぶりではありますが、
日本ダービーで4着に粘り込んだ馬。
特別そこが問題になるということはないでしょう。

前走はマルターズアポジーが逃げてくれたおかげで、
結果は行った行ったの決着。
中間の追い切りではアンジュデジールに先着しており、
状態面に不安はない。

むしろひと叩きした効果があると言って良いだろう。
上昇一途のこの馬は侮れないはず。
心配なのは騎手だけだが、手も合うようだし、問題はないだろう。

 

ドレッドノータス

外厩評価 B +

前走NFしがらき 中2週

中京実績 初

2000成績【5-1-4-4】

左回り 【1-0-0-1】

中谷騎乗 【1-0-0-1】

中谷-矢作 【20-19-14-144】複勝率26%

今年に入って9戦目というタフな馬。
去勢の効果が少しづつ現れ、復活を目指す。

近2走連勝と雰囲気も良い、その勝ちっぷりは立ち回り力。
状態には不安はなさそうだし、力を出し切ればG3ぐらいなら好勝負になる。
鞍上が中谷になるということで、
ネット上では叩かれたりするだろうが、
ここは矢作師の漢っぷりが見事だとおもう。

もともと厩舎の主力騎手。
矢作師の、
馬にも愛、人にも愛
とはよく言ったもので、復帰した中谷に対する
前向きな気持ちが受けて取れる。
決してうまいとは思わない騎手ではあるが、
ステイフーリッシュをホープフルSで3着に導いたのは事実。
この厩舎と騎手の関係性なら、
ここで一気に重賞制覇も不可能ではないはず。
思い切った騎乗を期待したい。

 

 

中日新聞杯2018外厩分析まとめ

ざっと見てきましたが、

現時点で面白いと思う馬が・・・
↓↓↓↓↓こちらをクリック↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ノーザンFしがらき帰り

【2-2-0-4】

舞台適性は高く、距離も問題なし。

気になるのは前走の心房細動か。

軸にはしづらい部分はあるが、

力を出し切れる状態ならば好勝負。

この後は休養に入るだろうことからメイチ気配。

それを裏づけるかのように中間の調教が好時計。

調子は間違いなく良い。

前走での敗戦で人気を落とすならば、狙い目と言えるのではないか。

あとは鞍上にが気になるところ。

 

もう一頭あげるなら、新潟記念で狙い、4着と撃沈し涙した

エンジニア

近2走は大きく負けてはおらず、

展開ひとつで馬券内の可能性は十分にある。

【あのシャーロックが無料会員の再募集を再開!!】

これまであまりの人気に無料登録を止めていたというシャーロック。
先週のチャンピオンズカップをきっちり仕留めたこともあり、
「入会したい!」という声から再募集!

今週このwebサイトからは30名様限定での募集となっており、毎回すぐに上限に到達・・・

会員の上限数になると自動的にストップされてしまうようなので
早めの登録が必須です…!!!

【先着30名様限定!】無料登録はこちら!
※ひさしぶりにこちらで募集できるこのチャンス、逃すことなく無料登録されて下さい!!

シャーロックの武器は・・・

独自の情報網とデータを解析し、
ただの的中ではなく高配当を狙い撃つ!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

業界の中枢にはまで張り巡らせた独自のコネクション
この情報網により膨大な有力情報を独占入手!

長年に渡る膨大な過去データを集計し数値化。
分析・解析を行いシミュレート完璧にこなす!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが”驚異的とも言える的中率”を出せる秘訣なのです!

だからこそ先日も、下記の的中を含む大量的中の数々!

この情報が真実かどうか…。それを疑っているとそれは正直もったいない!です。

真の情報とシャーロックが誇る独自解析で高配当馬券を量産!しているシャーロック。

このサイトは兎に角「当たりますよ」

疑っているのであれば無料なので是非登録してみてください。
正直週末のドンよりした気持ちが一気にスカッと!しますよ(笑)

今週は注目のG1「阪神ジュベナイルフィリィーズ」の情報も無料で公開予定!

その目でシャーロックの凄さを目の当たりにしてみてください!!

無料登録ご希望の方はこちらをクリック!

※メールアドレスを入力するだけで簡単登録できます。

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク