Pocket

日経新春杯2019の外厩予想を中心とした記事です。

昨年は小粒なメンバーでしたが、今年のメンバーはなかなか好面子。
このレースのポイントはいかに上手く立ち回れるか?
これがポイントだろう。

個人的に1月が勝負ということで、ブログの更新が滞っっていますが、
今週は三日間開催ですし、気合を入れて外厩分析していこうと思います。

注目はタイトルにもあるように明け4歳世代が古馬相手にどう戦うか?
このレースの注目はそこに尽きるのではないでしょうか?

どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

毎日刺激的な日々をすごいておりますが笑

何と言っても一番は競馬でしょう!

新年になり本格的に始動させているLINE@の登録者数も増え、
今では900人近くになってきました。
登録していただいた方々には、より良い情報を提供できるように頑張りますので、
ご期待ください!!

年末年始をまたぎで地元に帰ったのですが、元旦からとんぼ返りで仕事ww
忙しいのは嫌いじゃないですが、密度が濃すぎてわらけてきます。
日々コンビニで買っていたレッドブルをamazonで箱買いしましたわ笑

2019年はばりばりやっていきますので、
今週の三日間開催もよろしくお願いします!!

 

ということで、早速日経新春杯の予想をしていきましょう!

日経新春杯2019予想オッズ

日経新春杯2019予想オッズ

1 グローリーヴェイズ 2.7
2 メイショウテッコン 3.8
3 ムイトオブリガード 4.0
4 アフリカンゴールド 7.7
5 ルックトゥワイス 12.8
6 ガンコ 18.1
7 ウインテンダネス 20.6
8 ノーブルマーズ 21.8
9 シュペルミエール 23.6
10 ロードヴァンドール 41.0
11 サラス 75.6

菊花賞で12人気で5着に入ったグローリーヴェイズが
M.デムーロに手戻りで人気。
同じく菊花賞で14着と敗退したメイショウテッコンが続きます。
4歳世代に歯止めを打つようにムイトオブリガードが5歳勢で人気。
アフリカンゴールドは格上挑戦になりますがハンデもありこのオッズ。

んー、4歳世代が圧倒的に人気してますね笑
古馬勢がどうその若い世代を負かせるかか?
そんな構図になってますね。

 

京都金杯2019出走予定馬外厩

※外厩評価とは、S>A>B>C>Dといった風に、その馬や厩舎との相性、
期待値を総合して評価を出しています。
人気馬でCなどがつく場合は、外厩との相性が極めて悪く、
怪しい人気馬ということです。

グローリーヴェイズ

外厩評価 A +
ノーザンF天栄 中11週
外厩帰り 【2-2-0-2】
ノーザンF天栄-尾関    【22-12-11-86】 複勝率34%
ノーザンF天栄-シルクR 芝 【42-26-22-119】 複勝率43%
京都実績 【0-1-0-2】・2400成績

日本人騎手が乗った時以外はM.デムーロで連対率100%。
京都の舞台成績自体は悪く移るものの、全て掲示板には入っている。
前走の菊花賞も、上位3頭と肩を並べる上がり最速。
ブラストワンピースが有馬記念を制したというのなら、
この馬にも同様の力があると見て良いだろう。
何と言ってもM.デムーロ騎手に手戻りなら、文句なく買い。
ここで賞金を加算しておけば、今後も色々と楽になるだろうし、
結果を出しておきたいと陣営も考えているはずだ。

 

メイショウテッコン

外厩評価 B+
宇治田原優駿 中11週
外厩帰り 【3-0-1-3】
宇治田原優駿-高橋    【18-13-27-217】 複勝率21%
宇治田原優駿-松本好雄 芝 【4-2-3-41】 複勝率18%
京都実績 【2-0-0-3】・2400成績 【1-0-1-0】

昨年ラジオNIKKEI賞を勝利し、その後の神戸新聞杯でも3着に粘り込んだ。
ワグネリアン・エタリオウ・エポカドーロ・ステイフーリッシュ、
戦った相手は世代トップクラスということを考えれば、
ここは能力上位と見て良いだろう。
菊花賞は在厩調整で、スタートで右に寄れてしまい、
自分の形で競馬を作れなかった。
今走は外厩帰り、10週以上のローテでも結果を出しているし、
鞍上が武豊に手戻りとなれば、結果を出したいところだろう。
しかし、同型の存在が厄介。
武豊騎手は先週も好調だったが、この京都2400mの舞台はめちゃ強い。
過去5年の成績を見ても勝率は30%、複勝率は50%を超える。
エージェントも変わり、今まで以上に勝てる馬に乗ることが増えそうな2019年。
年の初めの初重賞制覇はメイショウとのコンビになるかもしれない。

 

ムイトオブリガード

外厩評価 A
宇治田原優駿 中9週
外厩帰り 【4-2-0-2】
ノーザンFしがらき-角田 【6-5-2-43】 複勝率23%
ノーザンFしがらき-市川義美 芝 【3-0-0-9】 複勝率25%
京都実績 【0-1-0-1】・2400成績 【3-0-0-0】

何と言っても鞍上超強化。近3年で川田がこの厩舎の馬にまたがったのは5頭。
記憶に新しいのは昨年のアレスバローズでCBC賞を制覇した時だろう。
近3年の芝での成績は【1-1-1-2】
これだけ見たら飛びつきたくなる成績なのだが、
実は1人気で3頭騎乗したが、そのどれもが勝ちきれていない。
しかし、馬主・市川義美氏の馬での近3年での芝レース騎乗の成績が
【5-1-0-7】
この馬も勝負気配が非常に高いとみて良いか。
この距離では崩れもないし、もともと脚元に疲れが残るタイプなのだが、
外厩をきっちり使い余裕を持ったローテも魅力か。
武豊騎手同様に、川田騎手もこのコースを得意としているし、
前走で昨年のこのレースの勝ち馬である、パフォーマプロミスに3/4馬身迫った。
実力は重賞でも勝ちきれる物があるとみて良いだろう。

 

アフリカンゴールド

外厩評価 A +
ミドウェイF 中11週
外厩帰り 【3-0-0-1】
ミッドウェイF-西園 【3-0-1-7】 複勝率36%
ミッドウェイF-ゴドルフィン 芝 【14-10-3-54】 複勝率33%
京都実績 【1-1-0-3】・2400成績 【2-0-0-0】

鞍上が松若風馬からミナリクへ、本当はM.デムーロを乗せたいところだろうが、
流石に実績を考えればミナリクが妥当か(西園厩舎の馬にミナリクは初)
それでも、ハンデ52kgで走れるのは相当なプラスだろうし、
怖いのは馬主ゴドルフィンとミッドウェイFの戦績だろう。
昨年の外厩帰りのOP以上のレースでの実績、
【5-2-0-1】
その中には、電撃引退してしまったファインニードルも含まれる。
他の外厩帰りの馬よりも早めにトレセンに戻し(12月初旬)
緩やかな曲線でこのレースに照準を絞ってきたというところか。
舞台相性も良いし、外厩戦績を感がえると評価を上げざるを得ない。

 

ルックトゥワイス

外厩評価 C
前走生田TF 中2週
京都実績 初・2400成績【1-2-0-0】

この馬の場合はとにかくゲートだろう。
しかしそれ以上に魅力なのは、その安定した末脚にある。
掲示板を外したのは新馬戦と超スローペースになってしまったアルゼンチン共和国杯。
どちらにしても言い訳がつくものだろう。
牡馬だが小柄と言うこともあり、今回の輸送なしの条件は良さそうに感じる。
と言うか、今までなぜ関西で走らせなかっのだろう笑?
おそらく馬主の関係性があるのかも・・・
前走でひと叩きできたのは間違い無いし、厩舎においても成績は出している。
よほどのスローペースにならない限りは、今回も堅実に追い込んでくるか。
鞍上が岩田というのが、個人的にはピンとこないが、チャンスはあるだろう。

 

現時点で上位人気に押されそうな馬を外厩分析してきましたが、
結構どの馬&陣営も気合が入っていそう汗
しかも、この5頭以外にも外厩帰りが7頭・・・

んー、休養明けの馬もいるが、中4.5週で外厩使う馬も多数。
それ以外の馬についてはLINE@で短評を公開しようと思います。

友達登録まだの方!よければ登録お願いいたします!!

 

日経新春杯2019外厩分析まとめ

ざっと見てきましたが、

現時点で気になっている一頭がこちら・・・
↓↓↓↓↓こちらをクリック↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

この馬は、外厩帰りで狙うべき馬ではなく、

使われながらよくなるので、在厩でこそ狙う馬。

今走は叩き2走目、この距離も得意だし

現状の時計のかかる京都の馬場も合う。

できれば内目の枠が欲しいところか。

厩舎力も騎手も中堅どころだが、

一発穴を開けるならこの馬かもしれない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

このサイトはガクちゃんも登録しているサイトです!
外厩情報なども得られます!まずは無料登録してその情報をゲットしましょう!!

<第66回 日経新春杯>

正月開催の目玉★大人のお年玉馬券★

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の優勝馬パフォーマプロミスは日経新春杯で初重賞制覇。後にアルゼンチン共和国杯を制し有馬記念にも出走。また、17年の優勝馬ミッキーロケット(皐月賞13着・菊花賞5着)、16年の優勝馬レーヴミノル(ダービー5着)、15年の優勝馬アドマイヤゼウス(皐月賞9着・ダービー7着)、14年の優勝馬サトノノブレス(菊花賞2着)は3歳時にクラシック路線に出走していたように、クラシック出走馬の活躍が目立つ。

ここ10年、人気馬の成績では、1人気[3.4.1.2]、2人気[4.1.0.4]、3人気[0.3.0.7]と1.2番人気の活躍が目立つ。また、15年フーラブライド(10人気2着)、13年カポーティスター(10人気1着)、10年レッドアゲート(12人気3着)、09年テイセムプリキュア(11人気1着)など、ニ桁人気馬が好走。平均配当では、馬連3480円、3連複1万0890円、3連単6万3290円。馬連万馬券が2度、3連単では10万馬券を超える特大馬券が2度出ている。年齢別の成績では4歳馬が7勝(2着6回)、5歳が2勝(2着3回)、6歳馬が1勝(2着1回).7歳上は連対なしと4歳馬が圧倒的に強い。

今年の日経新春杯には人気にならないとある厩舎の隠し玉が出走!競馬セブンでは早くからココ狙いの激走穴馬のスクープ情報を極秘入手!正月開催の目玉となるお年玉情報『日経新春杯』は絶対にお見逃しの無い様にご注意下さい。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日経新春杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第66回 日経新春杯>

正月開催の目玉★大人のお年玉馬券★

3点勝負買い目を無料公開

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク