Pocket

若駒ステークス2019の外厩予想を中心とした記事です。

土曜日は重賞のない日ですが、明日は注目の3歳戦がありますね。

そう、過去に名馬を数々誕生させてきた出世レースとも言える

若駒ステークス

過去を振り返ると、
マカヒキ・トゥザワールド・ワールドエース・ルーラーシップなど。
のちに活躍した馬が多数います。
8頭立ての小頭数ではありますが、
東スポ2歳からの巻き返しを図るヴェロックス。
デビュー2戦目のサトノウィザードなど、
おそらく今年はこのレースからクラシック含む、今後の重賞ウィナー。
スターホースが誕生しそうな予感がしますね!

非常に楽しみな1戦です。

どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

明日のこのレース、本命に考えている馬には妙味はないでしょう。
それでも買いたいと思える馬だから、ケンするのもアリかと思いましたが、
どうしてもこの馬は買いたいんですよね。

理由の一つとして、厩舎です。

昨年あたりから、twitterやブログなどで、今後注目したい厩舎だと伝えてきました。
さらに鞍上。そして期待を込めた生産者です。

ブログの早々にこう言うことを書くのも変ですが笑

本命は◎サトノウィザードです。
※ゴリゴリの人気やんけ!!と言われそう笑 それでも買いたいのです笑

年々サトノの冠名は少しずつ薄れている感じもしますが、
里見オーナーの気持ちを考えると、
あのマカヒキにハナ差で敗れたサトノダイヤモンド。

きっと僕なら毎日のように悔しさが混みあげてくると思います。
その夢をいっときも忘れていないはずで、
この馬にはその期待と希望がかなり大きくかけられているのではないでしょうか?

何しろ、松田国英トレーナーといえば、

タニノギムレット・キングカメハメハ

この2頭で日本ダービーを制覇しています。

ダービー馬はダービートレーナーから、その期待を持って預けられたといって過言ではないでしょう。

そして使用している外厩は、チャンピオンズF。
松田国英調教師がほとんどの馬に使用している育成外厩。
年始のハギノアップロードなんかも、この外厩から福寿草特別で
ロジャバローズに迫る2着と健闘しましたね。

勝率や複勝率はバカ高い訳ではありませんが、
個人的に昨年からかなり評価している組み合わせ(厩舎×外厩)です。

てことで、なぜ注目しているかをこの機会に少し書いていきますね。

名伯楽・松田国英の復活があると個人的に昨年から思っていますので・・・

松田国英調教師近3年・2歳新馬&未勝利各成績

まずは、近3年でこの厩舎がどのような成績をあげてきたかを記していきます。
※2歳限定にしてますので、3歳未勝利などは含みません。

新馬&未勝利別

2016
新馬戦 【0-0-1-7】 未勝利 【2-1-0-4】
2017
新馬戦 【1-3-2-7】 未勝利 【3-1-2-16】
2018
新馬戦 【5-1-3-2】 未勝利 【2-2-2-3】

騎手別成績

騎手別成績(新馬・未勝利含む)
2016
1.川田【1-1-1-0】 2.岩田【1-0-0-3】 7.ルメール【0-0-0-1】
2017
1.ルメール【2-1-1-1】 2.デムーロ【1-0-1-0】 5.福永【0-1-0-3】
2018
1.福永【3-1-1-2】 2.池添【1-0-2-0】 5.ルメール【1-0-0-0】

馬主&生産者別成績

馬主別
2016
1.里見【1-1-1-0】 2.東京HR【1-0-0-1】3.日隈良江【0-0-0-6】
2017
1.サンデーR【1-1-0-0】 3.日隈良江【1-0-1-8】 7.東京HR【0-1-0-0】
2018
1.日隈良江【2-2-2-1】 2.ゴドルフィン【1-0-1-1】 5.サトミHC【1-0-0-0】生産者別
2016
社台F【1-1-1-0】 下川辺【1-0-0-1】 ノーザンF【0-0-0-3】
2017
社台白老【1-1-0-0】 下川辺【1-0-1-0】 社台F【0-1-0-3】 ノーザンF【0-0-0-5】
2018
社台F【1-2-3-1】 下川辺【1-0-0-0】 ノーザンF【0-0-0-0】

この表だけみたらなんのこっちゃ?!

って方は多いでしょう笑
ただ、簡単に読み取れるものはありますよね?

そう、2018年いっきに新馬戦で勝ち星を量産しました。
もともと新馬戦は得意な方の厩舎でしたが、近3年で見ると
その成績は一旦落ち、昨年で一気に飛躍的に伸びたと言えますね。

だからなんだ?ですが、ここには確実に外厩との関係性がある
僕は感じています。

そうでなければ、68歳の調教師が、急に新馬戦で勝ち星を上昇させるなど
普通に考えたらありえないでしょう。
これが、若手で外厩を多用する厩舎などなら話は別なんですよ。
70歳も近づいてきた引退が近い調教師がここまで勝ち星を量産するとは
恐れ入りました。

さて、個人的にはそれ以外のデータがかなり面白い。
しかし、そこについては割愛させていただきます。

あとは上に書いたルメール騎手を配置してきたことで、面白みが増したと言えるでしょう。

2017年〜2018年の松田厩舎の外人騎手の芝のレースの成績がこちらです。

・ルメール【6-4-3-8】
・デムーロ【3-2-4-1】
・C.デム 【2-1-0-1】

どう考えても外人騎手を乗せる時は勝負気配とみてよいでしょう。
昨年は福永騎手が好成績でした(ダービー勝利後に騎乗依頼が増えました)

理由は単純明快ですね、日本ダービーを勝てる騎手を乗せてきていると思いませんか?
これはあくまで妄想ですが笑

さて、と言うことで。
話も全くまとまりませんが、ダービーを勝ちたいサトミオーナーが、
ダービーを勝てる可能性のある布陣に素質馬を預けた。
しかもノーザン系ではない主力外厩の厩舎に。

さらに、その馬が生まれたのが、
昨年秋からG1戦線を間違いなく盛り上げた。キセキの生産牧場

下河辺牧場

いやー、たまらん!!!

こういう馬がノーザンを打破して頂点に立つとかめちゃかっこよくないですか?!

僕は競馬をギャンブルとして好きな部分もありますが、

こう言うロマンに心が踊るのです!!

なにしろ、

ここまでまったく予想してない笑

最近の読者の方がみたら、驚くかもしれませんが、
これが僕の時折発動する競馬愛が強すぎるブログです笑

良ければ、今後ともよろしくお願いします笑
まー、ロマンの中にも外厩の要素などが満載なのですけどね

 

さて、そろそろ普段通りの予想をしますね。

若駒ステークス2019予想オッズ

若駒ステークス2019予想オッズ

1サトノウィザード 1.8
2ヴェロックス 4.0
3キングリスティア 5.5
4ブラヴァス 6.3
5リオンリオン 14.4
6ショウリュウイクゾ53.9
7フェアリーポルカ 70.3
8ロードマイウェイ 72.6

ちょっとさすがにこの人気はやりすぎですね汗
まーおそらく明日になればオッズはもう少し落ち着くはずですが。
実績や鞍上を考えても、ヴェロックスが4倍台は売れなさすぎでしょう。

 

若駒ステークス2019出走予定馬外厩

サトノウィザード

前走チャンピオンズF 中13週
京都実績 【1-0-0-0】・2000成績 【1-0-0-0】

デビュー戦でワグネリアンの全弟のカントルを1馬身突き放す衝撃的なレース。
前有利で決まるかと思われたが、
4コーナーからグングンと加速していき上がり33.3秒で突き放した。
全体時計は差し引いたとしても、同日の秋華賞。
アーモンドアイが上がり最速で叩いたタイムは、33.6秒。
末脚だけの破壊力で言えば、破格の時計を叩いたと言っていいだろう。
ロードカナロア産駒ではあるが、距離は中距離前後が良さそうで、
今走もその剛脚に期待がかかる。
鞍上がルメール騎手ということで、極端に売れているが、
どんなレレースを作るのかが非常に楽しみ。
更に言えば、松田厩舎が中13週で厩舎に起き続けるなんて、
何があったんだ?!という衝撃。このローテがどう出るのか?
そこにも興味が湧いてしょうがない。

 

ヴェロックス

ノーザンFしがらき 中8週
外厩帰り 【0-1-0-1】
ノーザンFしがらき-中内田  【18-7-7-37】 複勝率46%
京都実績 初・2000成績

能力はクラシックに通用するものがあって間違いはないだろう。
前走もタイム差なしの4着で、接触もあったことを考えれば
スムーズなら結果は変わった可能性もあった。
ルメールがサトノに乗るため、最も信頼を置く川田騎手に乗りかわり。
テン乗りではあるが、この馬も勝ち負けできるだろう。
順当なレースになれば、この2頭のどちらかが勝つのは、
誰がみても思うことだろう。

 

リオンリオン

ノーザンFしがらき 中9週
外厩帰り 初
ノーザンFしがらき-松永  【20-8-12-58】 複勝率40%
京都実績 【1-0-1-0】・2000成績 【0-0-1-0】

前走まではノーザンF空港経由でのレースだった、
ここにきて成長力・馬自身がしっかりしてきたこともあるのだろう。
初めて主力外厩のノーザンFしがらきに入れてきた。
デビューからずっとコンビを組む福永騎手というのも安心。
前走の黄菊賞自体は高いレベルではないが、
それ以上に成長力という武器がこの馬にはありそうだ、
ノーザンFしがらきがどこまで馬の力を引き出してくるのか、
非常に興味深い馬。

 

ショウリュウイクゾ

ノーザンFしがらき 中7週
外厩帰り 【0-0-0-1】
ノーザンFしがらき-佐々木  【3-6-6-31】 複勝率32%
京都実績 【0-0-0-1】・2000成績 【0-0-0-1】

将来的にみたら、この馬はなかなか面白いと思う。
ここでいきなり激走があるかはわからないし、かなりな素質馬が集まったので
さすがに厳しいとは思うが、ゲートを決めて新たな一面を見せれれば、
また一味違った競馬が見れそうな期待はある。

 

若駒ステークス2019外厩分析最終予想

 

若駒ステークス最終印

◎本命はサトノウィザード

この馬がここでダービーに向けて一気に素質を開花させると信じてみたい。
ヴェロックスは間違いなく強いし、デビュー2戦目の人気馬をこのメンツで買うのは
正直得策ではないが、いろいろな期待を込めてこの馬を狙ってみたい。
もし複勝が1.3倍なら。その一点の方が美味しいかも。
(単勝が1.8倍なら、複勝1.3倍の方が安定してるという意味です)

○対抗はこちら  人気ブログランキングへ

この馬の一発にかけてみたい、キャラ的にあっても2着までだと思うが、
3歳の成長力と、外厩での代わり身に期待してみたい。
馬券になる可能性はかなり低いが、素質馬であると思っているし、
強いの2頭以外になら先着できる可能性はあるだろう。

 

▲単穴はヴェロックス

夜中の段階でこの馬と◎本命の馬連が3.7倍なら普通に買っても良いんじゃないか笑
ただ、明け3歳で何があるかわからないし、近2走で結果を出しきれてない事実もあるので、
下手に過信はできないが。
それでも、仕上がり早の馬を手がけるのが上手い中内田&川田&NFしがらきなら
状態面ともに馬券を外すイメージは湧きにくいか。

 

キングリスティア・ブラヴァス

キングリスティアの前走は、出遅れはしたがその末脚に見所はあった。馬の力自体はある。
ブラヴァスは良血馬らしい前走はつまづいて後方から、今走は初の在厩調整で
ダービートレーナーの力の見せ所だろう。

 

若駒ステークス2019最終印

◎8 サトノウィザード
人気ブログランキングへ
▲7 ヴェロックス
☆ブラヴァス・キングリスティア
△1.5

以上、基本的にはあまり妙味の無いレースなので、ケンが妥当かと思いますが。
買われる方は良ければ参考までに・・・
僕は少額で遊ぶ程度に買う予定です。

それでは、若駒ステークスの予想でした!

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク