Pocket

天皇賞・秋2018の無料予想&外厩を中心とした記事です。

いよいよやってまいりました。
平成最後の天皇賞です。
個人的な思入れのある馬は
ステファノスですが。
予想とはまた別の話になりますので笑
個人的な馬券と予想を混同させないで、
きっちりと予想をしていきたいと思います。
TwitterでもTLしましたが、
勝負度高めで攻めたいと思います。

どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

せっかくのG1なので、

いつもの戯れ言や小話はやめておこうと思います笑

それについては、

平場・特別戦の記事で書きますね!

 

さて、

先週の菊花賞で

外厩と調教師の関係性

について記事を書きました。
↓↓↓↓こちら↓↓↓

【菊花賞】外厩と調教師の関係性

現代競馬と外厩・調教師の関係性は
やはり非常に重要で、
菊花賞の結果も、NF天栄仕上げの

フィエールマンがC.ルメールに導びかれ勝利。

馬主はサンデーレーシング、
生産はノーザンファームでした。

そんな天皇賞・秋ですが、
ノーザンFの生産馬は8頭。
追分Fや社台白老の馬もいますので、
言い換えれば、
ノーザンFのレースってやつですね。

さらにはノーザン系の外厩帰りの馬が

ノーザンF天栄
・レイデオロ
・マカヒキ

ノーザンFしがらき
・アルアイン
・ダンビュライト
・ミッキーロケット
・ステファノス(前走・NFしがらき)

ノーザンF(早来)
・ヴィブロス

ノーザンF空港(苫小牧)
・スワーヴリチャード

といったメンバー。

おそらく勝ち馬はこの中からでしょう。
ほとんどの馬ですが笑

 

今回書きたいのは、

馬主と生産者と騎手

についてです。

なんの話?って思う方は、これを言えばわかりやすいでしょうか。

実力のある騎手不足

これが今の日本の競馬界の、
次世代に関する不安材料です。
だって、勝ちたい馬にはルメール・デムーロを
乗せたいと、馬主なら誰しも思います。
でも、その身体は一つしかなく。
G1で外人騎手にのってもらうには、
どうすればいいか?
陣営の動きをみてると、そんな風に見えますよね。

ここに、待ったをかけたグループがいます。

そう、

ノーザンファーム

吉田勝己

です。

このグループが、
次世代に向けてすでに動き始めていたことを
気づけていない方は多いかもしれないです。
僕もそのうちの一人でしたし。

 

では、ノーザンファームが何をやっているのか?

結論の前に、
このデータからご覧ください。

C.ルメール騎手の過去3年の騎乗成績
※馬主・生産者別データ(個人で調べたので間違いはあるかもですが)

2016
馬主
キャロットファーム【20-9-6-26】61戦
サンデーレーシング【17-9-9-27】62戦
シルクレーシング 【11-3-8-17】39戦
社台レースホース 【10-11-4-24】49戦
吉田勝己     【3-0-1-8】 12戦

生産者
ノーザンファーム【81-34-41-127】283戦
社台F 【22-14-13-78】127戦

2017
馬主
キャロットファーム【19-17-14-33】83戦
サンデーレーシング【22-13-8-24】67戦
シルクレーシング 【23-11-4-27】65戦
社台レースホース 【15-5-7-14】 41戦
吉田勝己     【6-2-4-5】 17戦

生産者
ノーザンファーム【84-62-44-143】333戦
社台F 【27-16-18-61】122戦

2018
馬主
キャロットファーム【14-11-9-23】57戦
サンデーレーシング【24-8-9-36】77戦
シルクレーシング 【14-13-7-20】54戦
社台レースホース 【6-5-5-8-】24戦
吉田勝己     【3-6-2-10】 21 戦

生産者
ノーザンファーム【76-44-38-113】271戦
社台F 【23-18-8-34】   83戦

まとめると、
ノーザンF生産の馬を優先的にC.ルメールに騎乗させるようにしていて、
キャロット・サンデー・シルクといった、
有力馬主が優先的に、
良い馬・勝てる馬をルメールに回している。

ということが見てわかると思います。
ノーザンFが天栄牧場を買取、
ノーザンF天栄を作った。
天栄といえば、以前書きましたが、
シルクRがサンデーRと勝ち星を並べるほどの依存度。
芝でのレースに限れば、
天栄の勝ち星のトップはシルクRです。

見てもらうとわかるように、
そのシルクRはルメールへの騎乗依頼が2017から
爆発的に増えています。

キャロット・サンデー・シルクで
ルメールを回しているといっても過言ではないでしょうね。
優先的に良い馬が与えられるので、
技術もありますが、
勝ち星は必然的に増えるということになります。

 

つづいて、この騎手の戦績を見ていきます。

北村友一

2016
馬主
前田幸治     【3-2-1-15】21戦
シルクレーシング 【2-1-2-20】25戦
キャロットファーム【1-2-1-24】28戦
サンデーレーシング【1-1-0-8】10戦
社台レースホース 【2-2-2-7】13戦
吉田勝己     【0-0-0-4】 4戦

生産者
ノーザンファーム【7-5-6-81】99戦
社台F 【2-4-3-22】31戦
社台C白老   【1-1-3-21】26戦
ノースヒルズ  【1-0-0-19】20戦
岡田スタッド  【3-4-1-11】19戦

2017
馬主
前田幸治     【1-0-0-12】13戦
シルクレーシング 【4-0-1-15】20戦
キャロットファーム【4-3-1-26】34戦
サンデーレーシング【2-3-3-15】23戦
社台レースホース 【2-2-2-18】24戦
吉田勝己     【4-9-7-9】29戦

生産者
ノーザンファーム【22-16-19-107】164戦
社台F 【5-13-8-43】69戦
社台C白老   【2-2-2-14】20戦
ノースヒルズ  【1-2-2-23】28戦
岡田スタッド  【0-0-5-11】16戦

2018
馬主
前田幸治     【0-0-1-6】 7戦
シルクレーシング 【6-4-2-19】31戦
キャロットファーム【5-7-5-36】53戦
サンデーレーシング【6-11-5-34】56戦
社台レースホース 【4-2-2-12】20戦
吉田勝己     【5-4-4-20】33戦

生産者
ノーザンファーム【31-35-21-138】225戦
社台F 【10-11-7-37】65戦
社台C白老   【3-1-3-7】14戦
ノースヒルズ  【2-4-1-11】18戦
岡田スタッド  【1-0-0-1】 2戦

個人的には衝撃的なデータです。
そう、
あからさまに、2016年から比べると、
2017・2018とノーザンFの生産馬への騎乗数が
爆発的に増加。

それとともに、
キャロット・サンデー・シルク
のノーザンに深く関わる馬主の
騎乗数があからさまに増えている。

さらに、吉田勝己の馬への騎乗数も
2016の4鞍から
2017は29鞍・2018は現時点で33鞍に飛躍的に増加。
※C.ルメールを見てお分かりの通り、
吉田勝己氏の騎乗数はほぼ一定です。

 

あきらかにノーザンファームが

北村友一を育てている

 

もちろん、北村友一の騎乗技術の向上や
エージェントの力があるかもしれません。

が、この数字を見れば一目瞭然。
あからさまに増えているんですから。
勝てる馬を生産できる、
ノーザンF系の馬への騎乗数が。

 

このことから何がわかるのか?

結局のところ、
馬主の意向が強くでるので、目をかけられている騎手に、
良い馬が厩舎関係なく(ノーザンとの関係性の濃い厩舎)
回ってくる可能性があるということ。

 

それを裏付けるのが、

ラッキーライラック

松永幹夫調教師の管理馬で、
馬主・サンデーレーシング
生産・ノーザンファーム

主戦は石橋脩騎手でした。
そして、秋華賞にまたがったのが、

2018サンデーレーシングの馬の騎乗数が
爆発的に増えている北村友一。

しかし、ここで書きたいのは北村友一騎手のことではなく、

石橋脩

この騎乗、あきらかにおかしいんですよね。

このデータを見ればわかると思います。

松永幹夫厩舎の石橋脩の騎乗実績・過去3年

2016 騎乗数 

2017 騎乗数10 ラッキーライラックで3勝
※その他の成績はフェルメッツァの1勝のみで、
それ以外の馬は掲示板が最高位。

2018 騎乗数 ラッキーライラックで3走
それ以外は2戦して凡走

そう、基本的に松永厩舎が
石橋脩に騎乗を依頼しなければいけない理由がなかった。
だって、
結果ものこしてないし、信頼関係も薄い。

この騎乗進言したのは、おそらく
サンデーレーシングで間違いないでしょう。

そしてデータはまだ確認してませんが、

石橋脩もノーザングループに育てられているのではないでしょうか。

石橋脩  34歳
北村友一 32歳 

まだ若く、可能性があり、伸び代がある。

ベテラン騎手が抜けていき、

新たに頭角を現して、G1の舞台で活躍する日は、

近いかもしれません。

今後も注目です。

 

さー、長ったらしく書いてしまいました。
ここまで読んでいただいた方は、
相当な競馬ファンでしょう笑

お読みくださりありがとうございます。

今後も、他の予想家が書かないようなことも
記事にしていきますので、
楽しみにしてください笑

 

よし!天皇賞・秋の最終予想といきたいと思います!

その前に、外厩分析記事を2本書いているので

そちらも合わせてお読みください!

【天皇賞・秋】上位人気外厩分析

【天皇賞・秋】伏兵の台頭はあるか?!

それぞれクリックで記事に飛びます!

 

天皇賞・秋2018外厩分析最終予想

今更こんなことを書かなくても皆さんご存知のとおり、
今の東京は超高速馬場。
上がりが33秒台の決着が2歳未勝利でも当たり前。

土曜のレースではレコード決着にも届きそうなレースもあった。
この高速馬場をこなせる馬。
上がり33秒台の切れ味が必要。

そして、ここで勝ちたい馬と
ジャパンC・香港と他に狙いたいレースがある馬。
メイチ気配と状態面が重要。

正直言って、レイデオロとスワーヴリチャードは強い。

ただ、展開面が難しい。
外人騎手なので早めに動くかもしれないが、

逃げ馬不在、決めて勝負の馬が上位人気。

伏兵が一矢報いるには?

レイデオロ・スワーヴリチャードは勝てるのか?

ガクちゃんの本命やいかに!?

 

◎本命はこちら  人気ブログランキングへ

条件がピンポイントで合わないのはわかる。
しかし今走はその立ち回り力と、
過去のレースで高速馬場での先行から
33秒台の上がりを使えているというのは
今の東京に大きな武器。
思い切った騎乗で乗れば、
馬券内に残れる可能性は高いはずだ。
中間・最終ともに追い切り内容も良いし、
メイチ気配も高い。
ローテの関係で人気を落とすなら狙って妙味だろう。
ここで好走する準備は全て整ったと見て良い。

 

○対抗はレイデオロ

前走オールカマー組【0-0-0-27】
これを覆すべき存在はこの馬で間違いない。
ここまでアーモンドアイで全てを覆してきた
ノーザンF天栄&ルメール騎手。
ジャパンCではアーモンドアイに騎乗することになりそうな
ルメール、レイデオロが2つ目のタイトルををとるなら
ここだろう。
血統的にも2000mの方が合いそうだ。
追い切りで一頓挫あったが、問題はなさそう。
33秒台の脚を使ったのはダービーのみだが、
直線での加速力勝負も、この鞍上なら
問題なくキレる脚を使ってこれるはずだ。

 

▲単穴はキセキ

最初の記事で書いた狙い馬。
前走で復調気配を見せ、継続鞍上の川田。
ノーザンF関連の馬に待ったをかけるのは、
この馬しかいないだろう。
現代競馬への挑戦と、厩舎仕上げで臨むこのローテに
敬意を払い、キセキを期待し3番手評価とする。
展開的にチャンスもあるはずだし、
33秒台の脚を使えるのは間違いなくプラス材料だろう。

 

スワーヴリチャード

今思うと日本ダービーで本命を打った馬。
その戦績は素晴らしく、
この舞台で崩れることがあるのか?
と言えるもの。
M.デムーロに乗り替わってからは明らかに馬が変わり、
完璧と呼べる内容で戦ってきた。
ハーツクライ産駒の今開催の戦績も良い。
NF空港帰りは昨年のアルゼンチン共和国で勝利しているし、
その時よりも追い切り内容が良い。
初戦から動ける体制であるのは間違いなさそう。
ただし、抜群にキレる脚を使うというよりも
ジリッと脚を伸ばすタイプ。
もし、M.デムーロが後ろから直線勝負のみというような騎乗になれば、
差し届かずの勝ちきれないというシーンはあっていいのではないか?
個人的にはジャパンCでのアーモンドアイとの対決を、
メイチで見たい。

 

ダンビュライト

メイチは明らかに前走であったのは確かだし、
追い切り予想家yuuくんにこの馬狙ってると言ったら、
追い切り的には消しですと
バッサリと言われた笑
それでも、展開と隊列を考えた時に、
この馬が前目で残れる可能性はあると思う。
33秒台の脚も過去には使えているわけだし、
この人気のなさは狙いどきだろう。
舞台適性が低いことを踏まえても、
妙味ありとみた。

 

天皇賞・秋2018最終印

人気ブログランキングへ
○ 4 レイデオロ
▲ 10キセキ
☆ 5 スワーヴリチャード
穴 8 ダンビュライト
△マカヒキ・ヴィブロス・サングレーザー・ミッキー

最後に

ステファノス

個人的には、ステファノスの単勝。
ステファノス軸の馬券を買います!!!

長々と書きましたが、

読んでいただき感謝です!!!

 

【シャーロックが無料会員の再募集を始めました!】

これまであまりの人気に無料登録を止めていたというシャーロック。
先週の再募集から応募の声が多数、
沢山の「入会したい!」という声からなんと再募集に踏み切ったそうです!

ただ、上限持ち…。今週は10名様限定での募集となっており

それ以上は自動的にストップされてしまうようなので
早めの登録が必須となっているようです…!!!

【先着10名様限定!】無料登録はこちら!

無料で至極の情報をお試しあれ!!

シャーロックの武器は・・・

独自の情報網とデータを解析し、
ただの的中ではなく高配当を狙い撃つ!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

業界の中枢にはまで張り巡らせた独自のコネクション
この情報網により膨大な有力情報を独占入手!

長年に渡る膨大な過去データを集計し数値化。
分析・解析を行いシミュレート完璧にこなす!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが”驚異的とも言える的中率”を出せる秘訣なのです!

だからこそ先週の開催でも、帯封越えの馬券1本を含む大量的中の数々!

この情報が真実かどうか…。それを疑っているとそれは正直もったいない!です。

真の情報とシャーロックが誇る独自解析で高配当馬券を量産!しているシャーロック。

このサイトは兎に角「当たりますよ」

疑っているのであれば無料なので是非登録してみてください。
正直週末のドンよりした気持ちが一気にスカッと!しますよ(笑)

今週は注目のG1「天皇賞・秋」の情報も無料で公開予定!

その目でシャーロックの凄さを目の当たりにしてみてください!!

無料登録ご希望の方はこちらをクリック!

※メールアドレスを入力するだけで簡単登録できます。

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク