Pocket

府中牝馬S2018無料予想&外厩分析を中心とした記事です。

実にほとんどの馬が休養明けの1戦になる今回のレース。
いかにもスローペースは濃厚で、
決めて勝負が濃厚になるのではないだろうか?
東京芝1800mで行われるレースだが、
栗東からの登録馬がほぼ8割。
昨年からのリピーターが4頭。
注目になるのは、前走クイーンS1〜3着馬が
ここに揃ったと言うことか。
悲願のG1勝利を狙うリスグラシューとの対決で、
現時点での古馬牝馬路線の格付けとなるレースになるかもしれない。

どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

いやー

実は先日より

腸内洗浄を始めましてね〜

いまやデトックス効果で脱水状態です笑

ぽっこりお腹もすっきり解消!

便秘気味の女性には圧倒的にオススメです!!

 

そう!!

その方法とは?!

風邪

そして

下痢

はい、以上です。

 

いやーさすがに終日下痢だとなかなかキツイ笑

布団で寝るのが不安で仕方がなくて

床に前のマンションで使ってた使い古した

マットレスを引いて寝てます。

なぜかって??

不意に漏れたら困るでしょう!!!

 

とまあ、そんな汚い話は置いといて。

今日は府中牝馬Sの予想と外厩分析の前に

東京競馬場について書いてみましょう!

 

エアレーション・シャタリング

とはご存知でしょうか?

もっとも簡単に言うならば、

芝のクッション性を高めると言うことで良いかと思います。

ちなみに、シャタリングでJRAが使っている機械が・・・

耕運機みたいな感じですね〜

これで何をしているかと言うと、

JRAの公式のコメントでも書いているように

シャタリングは、振動するナタ状の回転刃で芝馬場に
一定間隔で切り込みを入れていく作業です。
路盤を大きく揺さぶり解すため、エアレーション以上に
馬場のクッション性を高める効果がありますが、
必要以上に馬場を解し過ぎれば路盤が壊れやすくなって
凹凸が発生し、逆に安全性が損なわれることがあるため
容易にはできません。
そのため、開催日程や芝の生育状況を見ながら
作業時期や範囲を決定して行っています。

てことです。

なぜこんなことを書いたか?

今や最近の競馬をやっている方なら

ご存知でしょうが。

開幕週=内の前有利

これは東京競馬場には通用しない格言です。

むしろ開幕週から差しが決まる、

それが今の東京の芝の馬場であることは間違いないでしょう。

 

また。景気の良いことに、

東京競馬場はかなり大規模に

芝の張り替えを行なっています。

今年の秋競馬前には

31000㎡。

どんな単位やねん!

と言われてしまいそうなので、

俗に言う感じで例えると、

東京ドーム0.6個分といえば

わかる方はわかるかもですね笑

どちらにしろ、

かなりな費用をかけて芝の張り替えを行なったと言うことで

間違いはないですね。

 

てことでですね、

休養明けの馬プラス、東京競馬場の馬場

これらを踏まえると、

馬場はあくまでフラットで、

先行差し共に互角と言えるでしょう。

それに加えて小頭数の13頭。

単純にこの日に状態の良い馬、

もともと力のある馬が上位にくるのではないでしょうか?

 

では!
まずは予想オッズから見て行きましょうか!

府中牝馬S2018予想オッズ

府中牝馬S2018予想オッズ

1 ディアドラ 2.0
2 リスグラシュー 3.0
3 ミスパンテール 7.7
4 ソウルスターリング 8.3
5 ジュールポレール 14.1
6 アドマイヤリード 19.0
7 クロコスミア 19.2
8 カワキタエンカ 23.9
9 フロンテアクイーン 24.4
10 キンショーユキヒメ 87.5

海外帰りの復帰戦を完勝したディアドラが人気。
リスグラシューは当然の人気で、
ヴィクトリアMを除けば重賞3連勝のミスパンテールが続く。
ジュールポレールはG1を勝ったのに、
現段階ではにんきがないですね。
重賞も勝ちきれなかった馬が?といったところでしょうか?

だれもが知るように、1人気が勝てないレースでもある
この府中牝馬S。
春からの全休馬より、夏に1つでも使ってきた
状態面の上積みがありそうな伏兵には要注意だろう。

 

秋華賞2018出走予定馬外厩分析

出走予定馬の外厩分析。

※外厩評価とは、S>A>B>C>Dといった風に、その馬や厩舎との相性、
期待値を総合して評価を出しています。
人気馬でCなどがつく場合は、外厩との相性が極めて悪く、
怪しい人気馬ということです。

 

ディアドラ

外厩評価 B

前走NFしがらき 中10週 今走は在厩調整

東京実績 【0-0-0-1】

1800実績 【2-0-1-0】

左回り 【1-1-0-3】

もともと外厩を多用しない厩舎で、
昨年の紫苑S・秋華賞も在厩調整で勝利。
仕上げに関しては問題はないだろう。
最大目標は今年の12月の香港Cのはずだし、
仕上げは良くて7分程度ではないだろうか。
中間の追い切りでもほとんど時計を出しておらず、
嫌うならここかもしれない。
左回りでの成績、昨年からの実績を考えると
1ターンよりもコーナー4回のコースがベスト舞台かもしれない。
1800mの実績から逆らいたくないかもしれないが、
1ターンのコースは500万の矢車賞のみ。
このレースに限っては、嫌っていいかもしれない。

 

リスグラシュー

外厩評価 B +

NFしがらき 中18週

外厩帰り成績 【2-3-3-2】

しがらきー矢作 芝 【21-19-20-104】 複勝率36%

東京実績 【2-1-0-2】

1800実績 【1-0-1-0】

左回り 【2-2-0-2】

東京新聞杯・ヴィクトリアMを考えれば、
ここは能力上位。
しかしながら最大目標はエリザベス女王杯。
ここで仕上げてくることはないだろう、
矢作調教師が言っているように、
昨年のエリ女は前残りの展開、
末脚にかけるこの馬には展開が向かなかった。
モレイラ騎乗予定だったが、ここは代役のM.デムーロ。
こう言う時にミルコはなりふり構わず目の前の勝ちをとりにくるし、
力もある、馬券内を外すイメージはなかなか湧かない。

 

ミスパンテール

外厩評価 A

ファンタストC(門別) 中21週

外厩帰り成績 【2-1-0-0】

ファンタストー昆 芝 【8-15-6-55】 複勝率34%

東京実績 【0-0-0-2】

1800実績 【0-0-0-1】

左回り 【0-0-0-2】

昆貢厩舎の主力外厩であるファンタストC。
ファンタストCといえば、過去?に藤沢和雄の兄である
藤沢民雄氏が場長をつとめていたこともある。
今は門別で調教師をしていた後條雄作氏になっているが(多分)
なんといっても、馬主がアーク引越しセンターの
寺田千代乃。
昆貢厩舎には馬主寺田の馬がかなりそろっており、
馬主・厩舎・外厩と信頼関係はかなり高い。
しかも、このファンタストCは
藤沢和雄はもちろん、国枝栄も何気に多く利用し、
かつ結果を出している。
外厩としては信頼できるといえる。
今年の夏競馬のヒルノデイバローも昆貢&ファンタストCのタッグだった。
オールカマーで書いたゴールドアクターの調子をあげてきたのも
この外厩だし、1800mの距離に不安はささやかれるが
中間の追い切りの坂路では好時計。
昆調教師もこの馬にG1を取らせたいと
意気込んでいるし、ここは試金石の一戦となるのではないか。
条件はベストではないかもしれないが、
もしそれらの影響で人気落ちなら狙っても良い一頭かもしれない。

 

ソウルスターリング

外厩評価 B-

前走NFしがらき 中10週 今走は在厩調整

東京実績 【2-0-0-4】

1800実績 【2-0-1-1】

左回り 【2-0-0-4】

前走は、意欲の厩舎仕上げで3着に食い込んだ。
アイビーSからオークスを勝つ間は
基本的に1ターンのコースを使ってきていた。
北海道のあとも放牧には出さず、
厩舎仕上げで坂路をかなり念入りに乗り込んでいる。
最終追い切りは南Wだろうが、
前走で食い下がったのは収穫。
その気迫を切らさないための在厩、
ここでの復活劇の仕上げを考えると、
ここは油断ならない一頭だろう。
気持ちが続かないことを考えると、
1ターンのコースになるのはプラスに働きそうだ。

 

ジュールポレール

外厩評価 A

吉澤S-WEST 中21週

外厩帰り成績 【2-0-0-2】

吉澤SWー西園 芝 【3-0-1-5】 複勝率44%

東京実績 【1-0-1-0】

1800実績 【1-0-0-0】

左回り 【1-0-1-0】

ヴィクトリアMの覇者。
休養明けでもしっかり走るこの馬が舐められた人気。
そもそも、掲示板を外したのは明らかに条件が合わなかった
エリザベス女王杯のみ。
それ以外はどんな相手でもどんな条件でも
堅実に走るレース巧者であることに間違いはない。
中間の追い切りからは、ここに向けて仕上げてくることはなさそうだが、
確実に成績を残して、
春の実績がフロックでないことをアピールしたいだろう。
斤量と距離に対する不安はあったとしても、
ここはどの馬にも不安あり。
持ち前の立ち回り力を発揮すれば必然的に結果はついてくるはず。
手が合うからあまり気にしたくはないが、
過去3年の幸騎手の東京1600~1800の
実績があまりにも少ないのは気がかりだ。

以下、各馬の外厩情報。
詳細は週末にあげますが、どうしても先に知りたい方は
Twitterなどで聞いてもらえればお答えします笑

あいうえお順

アドマイヤリード ノーザンF(早来)【0-0-0-1】

カワキタエンカ 吉澤SW【1-2-0-2】

キョウワゼノビア グリーンウッド【3-1-2-5】

キンショーユキヒメ 宇治田原【2-0-1-5】

クロコスミア ディアレストCE【2-1-0-2】

フロンテアクイーン ミホ分場 初

メイズオブオナー ケイアイF千葉【2-1-0-2】

ワンブレスアウェイ NF天栄【3-4-0-6】

 

府中牝馬S2018外厩分析まとめ

ざっと見てきましたが、

現時点で面白いと思う馬が・・・
↓↓↓↓↓こちらをクリック↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

(人気ブログランキングプロフ内に記載してあります)

本命を打つかは未定だが、

少なくとも上位の評価。

理由としては、

前述した馬場のことだ。

先週までの傾向を見ると、

シャタリングの効果で差しが決まる馬場で間違いない。

ただし、

先週の三日間開催の日曜と祝日をみるかぎり、

明らかに前に行った馬が粘れていた。

昨年はクロコスミアがハナを切って

スローペースから勝利をしたが、

今年に限っては

この馬が譲らないだろう。

1ターンのコースも決して不得意ではないはずだ。

このメンバーの中でも

馬をしっかり仕上げてきそうな気配、

陣営の意気込みも侮れないだろう。

 

—【PR】——————————————
業界最高水準!全額保証!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

独自の情報網とデータを解析し、

ただの的中ではなく高配当を狙い撃つ!

過去には帯封越えの特大馬券も多数的中!

真の情報とシャーロックが誇る独自解析で

高配当馬券を量産!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

業界の中枢にはまで張り巡らせた独自のコネクション

この情報網により膨大な有力情報を独占入手!

長年に渡る膨大な過去データを集計し数値化。

分析・解析を行いシミュレート完璧にこなす!

これが”驚異的とも言える的中率”を出せる秘訣!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は重賞「秋華賞」の情報を公開!

その目でシャーロックの凄さを目の当たりにしてください。

▼登録は無料!こちらから▼

 

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク