Pocket

秋華賞2018の無料予想&外厩分析を中心とした記事です。

秋のG1シリーズの第二戦。
ポテンシャル勝負になるこのレースだが、
問題は現時点での能力比較になる。
三冠馬候補のアーモンドアイはもともと直行だったが、
その他の馬が・・・
そう、かりにアーモンドアイが楽勝だったとしても、
そのあとの2・3着は、案外波乱がまっているのではないだろうか?
外厩分析も交えつつ、ばしっと予想をしていこう。

どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

え???

お久しぶりだって??!!

そうそう、そうなのよ

この競馬ハイシーズンにブログを更新してなかった異端児www

まーこれにはそれなりの理由もあってね、

結論から書くと。

 

NO KEIBA, NO LIFE

てことです!!!

先週の三日間開催、

競馬をやらないでただひたすら別のことをやろうと思ったり、

普通の?一般の人のように

予想もせず普通の生活を送って見たりしましたが、

あかん。

 

何かが足りない

そう、張り合いがないのですよ。

ブログを書くこともそうだし、

レースの予想をすることも、

こんなにも、

自分の生活に染み付いていたとは

思いもしなかったですね笑

おかげでブログランキングもガツっと下がったみたいだけども

それはそれで仕方なし、

下がったものはただ上がればいいし、

昨今。

有名人がインスタん投稿を全削除したりして

ファンの話題や注目を集めるということがありますしね笑

なんかそんな感じです!

 

あとは、競馬仲間のbro.隼にも

「競馬のない週末はどうでしたか?」

と聞かれましたが、

即答で、

「張り合いなく。つまんない」

と答えたものですよ!

 

ある本で誰かが書いていましたが、

競馬を知らないことは

人生の半分以上を損している

これはその通りだなーと思いました。

ギャンブルとしての意味だけではなく、

様々な意味合いがあると思います。

 

てことで、

現時点でのガクちゃん競馬は

気合が入りまくりです!!!

 

てことで、今週末の秋華賞の外厩分析をしていきますか!

まずは予想オッズから見て行きましょうか!

秋華賞2018予想オッズ

秋華賞2018予想オッズ

1 アーモンドアイ 1.4
2 ラッキーライラック 4.7
3 カンタービレ 6.7
4 サラキア 10.9
5 プリモシーン 17.1
6 ミッキーチャーム 27.3
7 ウラヌスチャーム 55.5
8 オールフォーラヴ 56.3
9 ゴージャスランチ 63.6
10 パイオニアバイオ 83.0

最大目標はJCではないかと囁かれるアーモンドアイは
ぶっつけ本番で参観に挑む。
ラッキーライラックはローズSを挟むはずが回避して直行。
カンタービレはトライアルのローズSを勝ったことでの人気か。
変則ローテの関屋記念からのプリモシーンなども人気。

んー、正直言って今年は状態面に不安がある馬が多いのかもしれない、
ローズS組は8頭の登録があるが、
2.3着の馬は夏の上り馬。
近年相性の良い紫苑S組に至っては
1.2着馬が回避。
オークス11着のランドネが3着、
フローラS2着の実力馬のパイオニアバイオが4着と遅れをとるなど
正直って混戦といっていい。
昨年も夏の上り馬と言っていいディアドラが勝ち、
前哨戦で大敗したモズカッチャンが3着にはいるなど、
現時点での状態面と充実した実力があるかどうかの見極めが肝心となりそうだ。

 

秋華賞2018出走予定馬外厩分析

出走予定馬の外厩分析。

※外厩評価とは、S>A>B>C>Dといった風に、その馬や厩舎との相性、
期待値を総合して評価を出しています。
人気馬でCなどがつく場合は、外厩との相性が極めて悪く、
怪しい人気馬ということです。

 

アーモンドアイ

外厩評価 SS

NF天栄 中20週

外厩帰り成績 【4-1-0-0】

天栄ー国枝 芝 【34-28-13-105】 複勝率41%

京都実績 【1-0-0-0】

2000実績 初

右回り 【2-0-0-0】

言わずともしれた現役最強牝馬だろう。
誰もが思っただろうが、
凱旋門賞を連覇したエネイブルとの最強牝馬対決を見たいと思ったのは。
どうやらエネイブルは次走での引退が囁かれているし、
日本代表と世界のトップ牝馬との対決が見たかった。
そんなことを書いている余裕とは、
現時点でアーモンドアイの牝馬三冠に待ったをかける馬が
いないという事実もある。
前述したように、どうやら今年の最大目標はJCになるようだが、
同世代での争いかつ、春にバチバチにやりあったリリーノーブル、
状態面に不安の囁かれるラッキーライラック。
オークスの上位組に不安がある以上、
この馬の三冠をそしる馬は現時点でいない気がする。

 

ラッキーライラック

外厩評価 A

NFしがらき 中20週

外厩帰り成績 【3-0-1-0】

しがらきー松永 芝 【22-11-13-74】 複勝率38%

京都実績 初

2000実績 初

右回り 【2-1-0-0】

ローズSを使う予定が、球節により回避。
この病気はなにげに厄介で、あのウォッカも
この病気でスランプになっていたほど。
陣営のコメントではその後の調教もしっかりと行なっており、
春よりもひと回り大きくなってパワーアップしたとのコメント。
個人的にはだが、
病気自体はあまり影響がないのではないか?と思っている。
理由は、そもそもローズSを絶対に使いたかったのか?
という点、NFしがらきからトレセンに入厩したのは
結局9.13。アーモンドアイの1日遅れ。
病気を発表したのは8月の上旬だったし、
それらを考えると、もとから秋華賞直行でも良いと踏んでいたのではないか?
最終追い切りの内容には注目だろう。
基本的に最終追い切りはCWになるだろう。
ただし、先週だったかその前だったかに、
栗東のCWはチップの入れ替えを行なっている。
力のない馬では時計も出にくい状況だった。
そんなCWで追い切りをし、復活を遂げたのが、
サトノダイヤモンド。
もし、ラッキーライラックの最終追い切りがCWで好時計であれば、
逆転候補に名を連ねる可能性はたかい。
NFしがらきからの関西での輸送なしは大きなアドバンテージになるだろう。
松永厩舎も、昨年以上の成績を挙げていて、
勢いのある厩舎であることは間違いない。

 

プリモシーン

外厩評価 A

NF天栄 中8週

外厩帰り成績 【2-1-0-2】

天栄ー木村 芝 【58-43-24-145】 複勝率46%

京都実績 初

2000実績 初

右回り 【1-1-0-1】

変則ローテ、関屋記念で古馬を蹴散らし、
豪快に差し切る競馬を見せた。
春のG1では出遅れがたたり、見せ場を作れず。
さらにいうと、今年のNHKマイル組の始動戦が
はっきりいってさっぱりの結果という点も気になるところ。

ケイアイノーテック(毎日王冠5着)
ギベオン     (セントライト記念13着)
レッドヴェイロン (1000万1着)
ダノンスマッシュ (キーンランドC2着もメンバー・レースレベルに疑問)
カツジ      (毎日王冠12着)

しかしながら、この馬が他馬とは違うと言える点がある。
それは、シルクレーシングだということだろう。
それについては長くなるので、ここでは割愛するが、
明らかに、NHKマイル組の中でも、充実一途。
良馬場で開催されるなら、このレースの勝ち馬で多い、
ディープインパクト産駒のこの馬が一矢報いる可能性もある。

 

ミッキーチャーム

外厩評価 B

吉澤SW 中週

外厩帰り成績 【1-0-0-1】

吉澤SWー中内田 芝 【4-2-4-15】 複勝率40%

京都実績 【0-0-0-1】

2000実績 【0-1-0-1】

右回り 【3-0-1-1】

夏の上り馬の代表格ならこの馬だろう。
未勝利からの3連勝。軽斤量ではあるものの
他馬を寄せ付けずの大楽勝。
吉澤S-WESTといえば育成場、個人的には馬主野田みづきと
の関連性が薄いし、馬主自身この馬に対してどういうスタンスかはわからないが、
その成績には大きな崩れはなく、
デビューから使っている外厩に、三度入れたのは好感が持てる。
さらには、9.20と他馬と比べると明らかに長い放牧。
牧場での乗り込みを考えると、すぐにでも走れる状況にあるのではないか?
過去にはカイザーバルやマキシマムドパリと
条件戦を勝ち上がって馬が馬券を賑わしてきたし、
除隊面の上積みと、充実一途の勢いのある馬なだけに
決して侮れない一頭になるはず。
ゴールドシップやタニノギムレット
レッツゴードンキなんかもこの育成牧場から好成績を上げた。
中内田厩舎の最近は、小頭数を使い狙い撃ち。
先週は2頭の出走、その前は1頭。さらにまえは2頭。
川田騎手をここで起用した点を考えても、
メイチ気配は濃厚だろう。

 

秋華賞2018外厩分析まとめ

ざっと見てきましたが、

現時点で面白いと思う馬が・・・
↓↓↓↓↓こちらをクリック↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

(人気ブログランキングプロフ内に記載してあります)

みなさんはご存知だろうか。

今週の日曜日にあるクラブの会員向けの

パーティーがあることを。

まるで、三冠馬の誕生、

上位独占。

それらが確定しているように開催される

パーティーと言う名の祝賀会。

秋華賞だけで3頭も送り込んだそのクラブは

(有)シルクレーシング

かつ、

そのほとんどの馬が外厩帰り。

ちなみに、

NF天栄を例に上げて、その実績を見てみる。

NE天栄との馬主別成績

キャロットファーム【67-53-44-300】複勝率39%
重賞勝利は6勝

サンデーレーシング【94-63-44-316】複勝率40%
重賞勝利は9勝

シルクレーシング【88-55-44-294】複勝率42%
重賞勝利は11勝

おわかりいただけだろうか、現代競馬の構図を。

重賞を勝つ馬は、NF系の外厩を使い

かつこういった大手のクラブが

ほとんど総なめにしている事実。

ちなみに今年の秋華賞。

シルクレーシングからは3頭、

サンデーレーシングから1頭(ラッキーライラック)

アーモンドアイからこの3頭に流せば

馬券は当たるのかもしれない。

しかしながら、競馬には必ずドラマがるもの、

そんな現代競馬の構図とは裏腹な決着になっても

なんらおかしくはないだろう。

 

—【PR】——————————————
業界最高水準!全額保証!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

独自の情報網とデータを解析し、

ただの的中ではなく高配当を狙い撃つ!

過去には帯封越えの特大馬券も多数的中!

真の情報とシャーロックが誇る独自解析で

高配当馬券を量産!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

業界の中枢にはまで張り巡らせた独自のコネクション

この情報網により膨大な有力情報を独占入手!

長年に渡る膨大な過去データを集計し数値化。

分析・解析を行いシミュレート完璧にこなす!

これが”驚異的とも言える的中率”を出せる秘訣!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は重賞「秋華賞」の情報を公開!

その目でシャーロックの凄さを目の当たりにしてください。

▼登録は無料!こちらから▼

 

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク