Pocket

菊花賞2018の無料予想&外厩分析を中心とした記事です。

キタサンブラックが勝った2015年からは、
ダービー馬不在で行われる牡馬三冠最後の一戦。
最後の一冠を獲り、ここから主役になる馬は多い。
本当に強い馬が勝つ
その格言とともに、今年の淀の3000mのレースは行われる。
2018年、本当に強い馬がどの馬なのか?
楽しみな一戦です。
外厩分析も入れつつ、最終予想を組み立てたいと思います。

どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

土曜はちょっと空回りでしたね、

それでも考えている範疇の展開になるレースや

鞍上を嫌っての負けなど

敗因は明確。

まー、日曜も競馬はありますし、

土曜を振り返るにはまだ早いっすね笑

 

さて、たまたまさっきトレイで読んでた漫画が

べしゃり暮らし

菊花賞のトプ画を何にしよかなー?と、

強いものが笑う

と検索したら、べしゃり暮らしの画像がでました笑

こりゃ縁起がいい!!

そんな話は置いておいて、

菊花賞の予想を詰めていきたいと思います。

 

まず、菊花賞の予想の前に最初に書きたいことがあります。

それは、

外厩です。

僕が予想の一つのツールとして使っているものですが、

現代競馬は外厩との絡みが重要になっています。

特に重賞などの大きなレースになるとなおさらです。

簡単な例をあげましょう。

 

アーモンドアイ

平成最後の牝馬三冠を達成した馬。
馬主はシルクレーシング。

デビューからたったの6戦で牝馬三冠になりました。

これだけでも異例ですが、
注目すべきは臨戦過程。
シンザン記念をステップに、桜花賞・オークスを制覇。
秋華賞への直行ローテで三冠馬に。

この馬を深く深く支えたのが、

ノーザンファーム天栄

であることは周知の事実でしょう。
全6戦、全てNF天栄に放牧に出しています。

もちろん、ここに名調教師の国枝師がいたことも大きな要因です。

臨戦過程だけでなく、
NF天栄からどのタイミングでトレセンに戻し、
国枝師が最終仕上げを行ったか。
そこを見れば、この馬の強さが見えてくるというものです。

僕はここで感じることがありました。

それは、外厩と調教師の関係性です。

なんやそれ?
と思われるかもしれませんが、
冷静に考えてみると、ここがかなり重要になると思います。

その理由とは。

外厩=リフレッシュ放牧であることに間違いはないでしょう。

ただし、外厩先でもしっかりと乗り込んでいるわけです。
NF天栄は特に、2017年に坂路コースを大幅に改修しました。
坂路コース全長900m・高低差役36m。
これは凄いことで、競馬関係者からすると、
在厩でトレセンで稽古を積むよりも、
NF天栄で稽古をした方が確実に馬が強くなるのでは?
と言われています。
この高低差がどれだけ凄いかは、比較すれば一目瞭然。

美浦坂路は高低差18m
栗東坂路は高低差32m

おなじ坂路を一本やるのにも、
この高低差があれば馬にかかる負荷は桁違い。
アエロリットやレイデオロもここで鍛えられましたし、
結果も出しています。

そして、上に書いた

外厩と調教師の関係性

アーモンドアイには答えが出ていました。

国枝調教師が秋華賞前に
実際にメディアに発言した内容はこちらです。

「結果を出さなければならない立場。
意固地になっても仕方ないからね。
ノーザンファーム天栄はスタッフのモチベーションも
素晴らしいし施設も充実している

さらに

「成績も挙げている。経験値も違う。口を差しはさむ余地はない

そう、NF天栄が渾身で馬づくりをしてきたことを、
無下に否定することもないし、
調教師だからと、そこを否定して、
下手なことをやる理由はないということです。

僕が国枝調教師のコメントで一番驚いたのが

「その時のベストの選択をしているだけ。今はこれがいいと思っている」

そう、現代競馬において
外厩先と調教師が連携をとり、うまくレースに導くことが
最大限の自分の仕事であるということを仰ったのだと思います。

普通に考えれば、
「じゃあ調教師は意味ないやん」
「トレセン入れずに外厩から直で競馬場行けばいいやん」
などの意見もあるでしょう。
しかし、現在のルールではそれはかないません。

もしかしたらこれから変わってくるのかもしれませんが。

 

さて、

本題です。

菊花賞にはノーザンファーム天栄帰りの馬が5頭もいます。

・ブラストワンピース
・ジェネラーレウーノ
・フィエールマン
・グロンディオーズ
・グローリーヴェイズ

ノーザンファームしがらき帰りの馬は1頭

・ユーキャンスマイル

さらに、前走天栄・NFしがらき帰りの馬が

・グレイル      NFしがらき
・エタリオウ     NF天栄
・コズミックフォース NF天栄
・オウケンムーン   NF天栄
・シャルドネゴールド NFしがらき

全18頭のうちノーザンファーム関連の
外厩からの馬が11頭。
これが現代競馬の重賞の常ともいえる状況です。

ただし、前述した外厩との関係性。
これが大きく馬自身に関わりあってくることは間違いないでしょうね。

全ての調教師が、

国枝さんのような意見でいるわけではないので。

 

さて、そんな中でも注目は、
馬主シルクレーシング&ノーザンファーム天栄の

ブラストワンピース

大竹調教師といえば、
主力外厩は松風馬事CとNF天栄。
NF天栄の成績は
【15-7-6-62】
全体の勝率は16%・複勝率は31%

国枝調教師は?
主力外厩はNF天栄。
【42-30-17-137】
勝率19%・複勝率39%

大きな差はないように感じますが、使っている分母を考えると
国枝調教師が優秀だというのは間違いないですね。

大竹厩舎といえば、ルージュバック。
全18戦のうち17戦がNF天栄帰りでしたが、
獲れそうで獲れなかったG1タイトル。
果たして、
ブラストワンピースでその悲願が達成できるのか?

非常に注目の一戦となりますね。

 

さて、かなりながい前置きになりましたが、

僕の本命はノーザンファーム天栄からの馬ではありません笑

ただ、この菊花賞の結果次第で、

今後の予想のファクターに、

外厩をどこまで強く考え・取り入れるか。

考え直したいと思います。

 

そんな菊花賞の外厩分析の記事はこちらをご覧ください笑

【菊花賞2018】無料予想&外厩分析|勝つのはやはりNF天栄なのか?

案外真面目に外厩分析やってますので

参考になるかと笑

 

菊花賞2018予想オッズ

菊花賞2018予想オッズ

1ブラストワンピース 3.4
2エタリオウ 4.5
3エポカドーロ 5.1
4ジェネラーレウーノ 9.2
5グロンディオーズ 13.4
6フィエールマン 13.5
7メイショウテッコン 14.6
8グレイル 16.8
9アフリカンゴールド 23.3
10ユーキャンスマイル29.5

ブラストワンピース以外は、
順当にトライアルを使って結果を出してきた馬が人気。
そう考えると、
グロンディオーズはモレイラ人気が凄すぎますね笑

 

菊花賞2018外厩分析最終予想

今回の菊花賞。
展開と決着をどう考えるか?
ここがポイントとなる。

その理由は、
皐月賞と日本ダービの結果だろう。

皐月賞は4コーナー5番手以内で決着。
ステルヴィオ差し届かず。

日本ダービーも4コーナー4番手以内で決着。
エタリオウ差し届かず。

そう、前残り決着で決まった2冠。
果たして、菊花賞はどうか?
過去の菊花賞の勝ち馬を考えれば、
4コーナーで後ろにいると差し届かないケースが多い。
差し馬であったとしても、
中団から早めに進出できる、
そんな騎手と馬でなければ勝てない。

前に張るのも面白い馬が揃った。

さて、そんな中ガクちゃんの本命とは?

 

◎本命はこちら  人気ブログランキングへ

願っても無い鞍上手戻り。
前走の阿賀野川特別の勝ち馬は、
’17菊花賞3着のポポカテペトル(友道厩舎)
’08菊花賞1着のオウケンブルースリー
がいるレース。
それ以外でも、トーセンバジル・ショウナンバッハなどを
輩出しているレース。
そのレースを好タイムで勝ち上がったのだから、
能力は高いととらえていい。
そうでなくとも、
京都新聞杯の荻野琢真がのったレースで
グローリーヴェイズ・メイショウテッコンと
タイム差なしのレースを演じたのであれば、
ポテンシャルの高さはあるはずだ。
中間の追い切りでは、マカヒキと併走。
遅れはあるものの、上々の内容。
枠順も絶好だし、展開的にも馬券内に入る可能性はあるとみて良い。
馬主金子真人&友道厩舎を考えれば、
NFしがらき帰りのこの条件は、
勝ち負けまでは難しくとも、3着には食い込めるのではないだろうか?

 

○対抗はメイショウテッコン

展開と隊列を考えた時に、もっとも恩恵を受けそうなのはこの馬。
アイトーンがハナを主張するはずで、
ジェネラーレウーノ・エポカドーロも前で進めたいはず。
そこに無理に付き合う必要もないし、
行かないなら行っても良い。
神戸新聞杯で差し馬台頭の中前で粘れたのは好評かだろう。

 

▲単穴はブラストワンピース

4番手まで評価を落とすか迷ったが、
明らかに素質上位のこの馬が、絶好枠を引いた。
日本ダービーでは池添が道中の位置どりが悪かったし、
直線でワグネリアンに進路をブロックされなければ
この馬が勝っていた可能性もある。
日本ダービーでトップ騎手が、
マークしなければいけないのはブラストワンピースと
言っていたように、能力通りなら、
ここは勝ち負けできて良いだろう。
当初は本命を考えていたが、ここはあえて逆らいたい。

 

グロンディオーズ

スタミナに関しては問題はないだろうし、
なにより鞍上がモレイラ。
末脚勝負になれば、この馬のポテンシャルも侮れない。
追い切りの内容が好内容だし、
キャリアが浅く、外枠ということで嫌われるなら
ここは狙い目だろう。

 

エタリオウ

ジェネラーレウーノかエタリオウか迷ったところ。
理由は、新興馬主Gリビエール・レーシング。
ジェネラーレウーノはNF天栄帰りに対して、
神戸新聞杯から意欲の在厩調整の友道厩舎の
この馬を上位にとる。
陣営も騎手も距離延長は大歓迎とのことだし、
仕掛けどころが難しいが、そこはM.デムーロ騎手。
堅実に脚を伸ばしてきて良いだろう。

 

 

菊花賞2018最終印

人気ブログランキングへ
○ 6 メイショウテッコン
▲ 3 ブラストワンピース
☆ 14グロンディオーズ
穴 9 エタリオウ
△2.4.10.12
×1.5.11.16.18

穴馬から入っているが、◎も○もチャンスはある。
変則2頭軸でも良いかも。
あとは、前にはるか後ろにはるか?

ブラストワンピースが勝ち切ったりするのなら、
そういうことだと思います。

よければ予想の参考にされてください!!
僕は一撃回収を狙います!!

 

あれ?!トプ画と本命って意外と繋がってるやん!!

サインか笑??!!

以上!菊花賞の予想でした!

 

【あのシャーロックが無料会員の再募集を始めました!】

これまであまりの人気に無料登録を止めていたというシャーロック。
先週の府中牝馬Sをきっちり仕留めたこともあり、
沢山の「入会したい!」という声からなんと再募集に踏み切ったそうです!

ただ、上限持ち…。今週は30名様限定での募集となっており
※現在再募集直後ですが、すでに残り3名。

それ以上は自動的にストップされてしまうようなので
早めの登録が必須となっているようです…!!!

【先着30名様限定!】無料登録はこちら!

無料で至極の情報をお試しあれ!!

シャーロックの武器は・・・

独自の情報網とデータを解析し、
ただの的中ではなく高配当を狙い撃つ!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

業界の中枢にはまで張り巡らせた独自のコネクション
この情報網により膨大な有力情報を独占入手!

長年に渡る膨大な過去データを集計し数値化。
分析・解析を行いシミュレート完璧にこなす!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これが”驚異的とも言える的中率”を出せる秘訣なのです!

だからこそ先週の開催でも、帯封越えの馬券1本を含む大量的中の数々!

この情報が真実かどうか…。それを疑っているとそれは正直もったいない!です。

真の情報とシャーロックが誇る独自解析で高配当馬券を量産!しているシャーロック。

このサイトは兎に角「当たりますよ」

疑っているのであれば無料なので是非登録してみてください。
正直週末のドンよりした気持ちが一気にスカッと!しますよ(笑)

今週は注目のG1「菊花賞」の情報も無料で公開予定!

その目でシャーロックの凄さを目の当たりにしてみてください!!

無料登録ご希望の方はこちらをクリック!

※メールアドレスを入力するだけで簡単登録できます。

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク