Pocket

AJCC・東海ステークス2019の最終見解&予想を中心とした記事です。

今週で開催が終わる中山。
内の芝は随分と痛み、外差しもきっちり決まっています。
平均ラップを刻み、持続力が求められるAJCC。
古馬勢の面子を考えれば、普通にフィエールマンが上位台頭するでしょう。
瞬発力勝負ではなく、持続力勝負になったらどうなの?
って意見は多々あるものの、今までその手の話をした時は、
多くの場合、「やはりルメールはうまかった、強かった」
ってな話になることが多いんですよね笑

下手に嫌う必要もないですが、1倍台なら勝ち損ねるところを考えて
馬券的妙味を求めるのが競馬です。
狙い馬は決まっているので、そこからシンプルに狙ってみたいと思います。

どもどもどーも予想家のガクちゃんです。

明日は朝から関東方面へ移動することもあり、
2重賞の予想をまとめてこちらにUPします。

AJCCはフィエールマン・東海Sはインティの一強ムード。
どちらの馬にしても強いことに間違いはありませね。

しかし、ここはトライアル。
フォエールマンはすでにG1も勝っていて、ドバイも視野に入れていることを考えると、
絶対にここで勝たないといけない理由はない。
インティは川崎記念と両にらみで準備してきましたが、
東海ステークスに照準を絞ってきた様子。
武豊&ダートの連勝街道といえば、今はなきアウォーディーを思い出しますね。

武豊騎手にはなんだか近年ダートに良い馬巡り会う感じが多いですね、
マテラスカイもその一頭でしょうか。
しかし、連勝がどこかで止まる時は来るもので、
それが東海ステークスにならないということもないでしょう。
まともに回ってこれば勝ち負けでしょうが、軸にするにしても相手は見極めたいですね。

さて、あまり時間も無いのでAJCCから予想に入っていきたいと思います。

 

AJCC2019出走馬外厩

前回で上位人気の外厩分析をしましたので、そちらの記事も合わせてお読み下さい!
↓↓↓こちら↓↓↓
【外厩予想・AJCC2019】

それ以外の馬の外厩と短評を上げていきます。

アクションスター

吉澤S-EAST 中8週
外厩帰り 初
吉澤E-和田  【0-0-0-1】 複勝率0%
中山実績 【0-1-0-4】・2200成績 【0-0-0-6】

ここにきて外厩変更、それでもEASTは昨年にキセキを預け入れ、
そこから年末まで活躍を続けた。
近走をみてもドリームドルチェなど、馬を一変させる力もある施設であることに違いはない。
が、明け9歳のこの馬を買うには流石に今回のメンツは厳しいだろう。

 

マイネルミラノ

ビッグレッドF鉾田 中6週
外厩帰り 【4-3-0-11】
ビッグレッドF-相沢  【1-2-2-20】 複勝率20%
中山実績 【4-1-1-11】・2200成績 【0-0-1-4】

昨年が3着とハナから粘り込んだが、今年はジェネラーレウーノがいる以上
出番はないだろう。変わり身は感じられない。

 

ミライヘノツバサ

阿見TC 中8週
外厩帰り 【3-2-0-4】
阿見TC-伊藤  【5-9-7-148】 複勝率12%
中山実績 【4-2-2-2】・2200成績 【3-0-1-1】

陣営の息巻く思いとは裏腹に、どうにも状態が上がっていない様子。
ピークを過ぎた印象は払拭できず、上位が崩れたとしても、
その一つ下の伏兵勢も崩れないと、流石に出番はないか。
上位決着を考えるなら、鞍上含め役者不足は否めない。

 

ステイインシアトル

ノーザンFしがらき 中36週
外厩帰り 【3-3-0-3】
ノーザンFしがらき-池江  【40-39-28-126】 複勝率45%
中山実績 初・2200成績 【1-1-0-1】

春に新潟大賞典を使ってから、再び長期休養。
外厩だけを考えると、戦績もまだ若くチャンスもありそうではあるが、
もし本当に勝たせたいなら、池江厩舎の馬で重賞にテン乗り内田騎手は
あまり期待値が高くないだろう。
青芝商事で池江厩舎の期待馬なら、やはり武豊騎手というイメージが強い。
ノーザン系外厩ではあるが、今回はきたら諦めるぐらいの気持ちが妥当。

 

AJCC2019最終予想

 

AJCC最終印

◎本命はジェネラーレウーノ

天栄帰りのどちらかを選ぶのが正解なら、オッズを考えこちらからはいりたい。
上位に評価するのは、やはり中山という特殊なコースで
【3-0-1-0】と抜群の安定感を誇るから。
前回も記事で書いたが、矢野厩舎の主力外厩は天栄ではなく、
この馬は「天栄所属の馬」としてみたほうが良い。
外厩で馬づくりをしてくれて、厩舎サイドはそれをうまく送り出すという
現代競馬の縮図のような馬。
田辺騎手が普通に回って来れば、結果は自ずからついてくるだろう。
今の馬場で押し切りは厳しい部分もあるが、下手に絡まれなければ、
クリールカイザーぶりの勝利をおさめることもあるだろう。

 

○対抗はこちら  人気ブログランキングへ

期待を込めた2番手も天栄から。
とにかく中山を走るためだけに来日したと言って良い騎手。
ボスはあくまで国枝栄ではあるが、この厩舎の馬でも1勝を挙げている。
騎乗期間中にまたいだ馬のほとんどは、生産NFor社台であるように、
次回来日に向けてパーフェクトな成績をあげたといって良いだろう。
あと欲しいのは重賞タイトルだけだろうし、先週2着に敗れた悔しさ全開で
思い切って乗って欲しいところ。
馬自体も血統的に中山向きであるし、新潟・東京の1ターンコースが得意、
外回りの中山で、小頭数なら力を出し切れると判断したい。
今走は厩舎仕上げだが、大阪杯以外では崩れておらず、
上位のどの馬かが崩れれば馬券内のチャンスはあると考える。
人気もないし、ここは狙って妙味だろう。好走する地盤はある。

 

▲単穴はフィエールマン

単穴というか、純粋に3番手評価ということ。
純粋に力関係だけでいうなら、このメンバであれば突き抜けて勝ってしまうだろう。
めちゃくちゃタフな流れになって、追い比べ。
超のつく持久戦にでもならない限り、馬券を外すイメージは湧きにくい。

 

ダンビュライト

チームしがらきの一発なら、やはりこの馬か。
ただ、前回の記事で書いたように、人気の割にギャンブル色が強い。
サンデーR × 北村友一はトレンドではある。
唯一気になるのは、中山・芝での成績の悪さ。
この馬に限っては、本当にここがいちばんの買い時な反面、
ここでダメなら次走からは買いにくい馬、
ゲートさえ出てまともに立ち回れば馬券圏内、出遅れのリスクがある分この評価まで。

 

穴ステイインシアトル・ショウナンバッハ・ミライヘノツバサ

三連系でヒモでおさえるならこの3頭は入れてみたいところ、
ただし、購入するならう上位印が本線にはなるで、軽くにはなる。

 

シャケトラ

過去5年で芝のレースで角居調教師の管理馬に石橋脩が乗るなんて、
数える程度しかない。普通に考えれば金子陣営&NFの要望が通ったということなのかも。
石橋脩ん近年成績をご存知の方はおわかりの通り、
多くの成績はノーザン系のクラブ馬。
それについで金子氏の馬が好成績、休養明けは大きく割引だが、
最低限カッコをつけるレースにはなるのではないか。
といっても馬券で大きく買う理由にはならないが・・・

 

AJCC2019最終印

◎1 ジェネラーレウーノ
人気ブログランキングへ
▲4 フィエールマン
☆5 ダンビュライト
穴 6.7.9
△8.11

個人的に買うなら、◎と○のワイドと、
それが当たった前提の印上位の三連複を2点。
○は展開がはまるかどうかなのと、上位人気の崩れ待ちにはなるので、
そこまで自信度が高いわけではないが、今の中山の馬場ならチャンスはあると見た。

レースが終わって、
やっぱり外人&天栄かーって、思わされそうな気配はプンプンしてますがね笑

 

 

東海ステークス最終見解

このレースの最大の注目は、5連勝中のインティをどう扱うかどうか。
これに尽きるだろう。断然の人気ではあるが、その力は本物。
それを裏付けているのが、走破時計になる。

前走の観月橋Sでの走破時計1.49.4秒は、JBCレディスCよりも速い。
もちろん脚抜きの良い馬場であったことを考えても、好時計であることは間違いない。

1戦ごとにパフォーマンスを上げており、この成長力なら普通に通用しそうだ。

野中厩舎の勝ち星を支えるのはカナヤマHDだし、
必然的にヒイラギSへの馬の預け入れが増える。
この外厩の間口の広さは非常に素晴らしく、カナヤマHDもそうだが、
野中厩舎のもう一つの柱であるゴドルフィンの馬も多く預け入れられ、
結果を出している。

まともに考えたら、インティに逆らうのは馬鹿らしいかも。
脚質的にも近年傾向からマッチしますしねー。

あ、今週に上位人気の外厩を分析してますので、そちらも参考までに。
↓↓↓こちら↓↓↓
【外厩予想・東海ステークス2019】

このレースは外厩帰りが少ないので、サクッと最終予想をまとめます。

 

東海ステークス2019最終予想

 

東海ステークス最終印

◎本命はインティ

この馬に逆らう部分がないかをいろいろと考えたが、
一周回って、強い馬は強いと結論づけました。
非常に面白くはない予想になってしまいますが、
未勝利からのパフォーマンスで、今走も外厩を使い状態面に不安はなし、
近走の内容が、辛勝でクラスを突破しているのならまだしも、
毎レースごとにパフォーマンスを挙げている。
ここで急に大失速は考えにくいのではないだろうか。
1倍台の馬を重賞で本命にするのは非常に気がひけるが、
馬券は外さないとみて、それ以外の馬の活躍に期待を寄せたい。
堅実な馬券の柱で間違いはないだろう。

 

○対抗はチュウワウィザード

目標は川崎記念になるだろうが、相手候補筆頭。
ダートでのノーザン系外厩での成功事例はゴールドドリーム。
前走の名古屋GPでのレースは見事。
インティに対して、アンジュ・スマハマあたりが競り合いを仕掛けるだろうし、
展開的な恩恵もありそう、
ゲートが特別速いタイプではないが、川田騎手ならある程度の位置を取りに行くのは
間違いない。今まで内枠を経験したことがないという以外は、不安点は少ない。
本番に向けて好レースを期待というところか。
追われてからしっかりと伸びるので、4コーナー出口で6番手ぐらいにはいて欲しいところか。

 

▲単穴はアングライフェン

2走前には、素質馬のヒラボクラターシュに迫る2着、
前走はテーオーエナジー・チュウワウィザード・クインズサターンと
骨っぽい相手に5着と検討。
そのチュウワを上位評価するならば、この馬にも評価を向ける必要はあるだろう。
展開ひとつで上位進出できる可能性はある。

 

コスモカナディアン

昨年2着で、近走実績をみても大きく負けていないこの馬を上位評価。
鞍上は丸山元気騎手に変わるが、いつも通りの戦法ならまくり気味に
位置を押し上げてくるか。
その手のレースをやらせるとなかなか力を発揮する騎手なので、
テン乗りでも期待を寄せれそう。
4コーナー手前など変なしかけをしなければ、じりっと内から脚を伸ばすイメージが湧く。

 

マイネルバサラ・モルトベーネ

正直このレースは上位4頭のマッチレースになってしまいそうだが、
中京ダートは伏兵が大激走しやすいコース。
近走実績・過去成績を考えればノーチャンスではないだろう。

 

東海ステークス2019最終印

◎4 インティ
○3 チュウワウィザード
▲6 アングライフェン
☆10コスモカナディアン
穴8.11
△1.5.7
×13

以上、AJCCと東海ステークスの予想でした。
んー、インティから流すにしても配当が安い、どうしても買いたいレースでもないですね。
買うなら券種を絞って買ったほうがよさそうです。

よければ参考にされてください。

The following two tabs change content below.
ガク
僕はとにかく努力家です!現在活躍されているプロ予想家の方々に負けない自負があります!予想・分析・回顧と、膨大な時間を使い研究をし、最高の結果を出せるべく日々努力しています。競馬にそこまで時間を使えない方も多いと思いますし、そういった方々へのヒントになったり、参考にしていただけるブログになればと思い、日々努力しております!
スポンサーリンク